次の社内研修はほんのり秋色コーデに変えてみない?

連日猛暑が続いていますが、お盆も過ぎてそろそろこの暑さも落ち着いてきそうな季節。ショップにはもう秋物も揃い始めて、ウィンドーショッピングするのも楽しいものです。完全な秋物にするにはまだ早いけれど、カラーだけでも秋色を取り入れて、先取り気分を楽しみたいところ。次の社内研修にはそんな季節感を感じさせるスタイルで行ってみましょう。そこで今回は、ほんのり秋色コーデをご紹介していきます。

fashion

出典:WEAR

秋色気分を先取りするなら、ボルドースカートに決まり

白ブラウスにボルドーのスカートを合わせた、フェミニンな秋色オフィススタイルです。素材感は夏っぽくても、カラーをボルドーにすることで一気に季節感先取りコーデに。トップスは白ブラウスをセレクトし、ほんのり夏の爽やかさも感じさせる着こなしです。ウエストインでメリハリをつければ、スタイルアップも叶うスタイリングになります。足元はホワイトのパンプスでブラウスとカラーリンクすれば、統一感のあるまとまったコーディネートに。

出典:WEAR

秋色は白など夏色と合わせるのがセオリー

マスタードのニットにホワイトスカートを合わせた、秋を感じさせるオフィスカジュアル。マスタードやボルドー、ブラウンなど秋色を夏の終わりに着用するときは、白など夏を感じさせるカラーと合わせるのがセオリーです。白や薄いカラーと合わせることによって、重たくなりすぎない端境期の秋色コーデが完成。タイトスカートの金ボタンがポイントになって、全体的に暖色系のカラーリングにまとまっています。バッグは小ぶりなブラウンのショルダーをセレクトすれば、シックな装いが叶います。

出典:WEAR

暖色系コーデが秋色スタイルに導く

オフホワイトのブラウスにベージュのタイトスカートを合わせた、フェミニンなオフィスコーデ。秋を感じさせるカラー使いは、真っ白ではなく黄味がかったオフホワイトのアイテムをセレクトすると、上手くまとまります。暖色系のカラーリングは、秋らしさを演出してくれるのでおすすめです。さらに秋っぽさを出すために、アクセサリーはゴールドをセレクトしましょう。ブラックのパンプスを合わせてきちんと感もプラスして。

秋色は白など夏色と合わせるのがセオリー

出典: WEAR

マスタードのニットにホワイトスカートを合わせた、秋を感じさせるオフィスカジュアル。マスタードやボルドー、ブラウンなど秋色を夏の終わりに着用するときは、白など夏を感じさせるカラーと合わせるのがセオリーです。白や薄いカラーと合わせることによって、重たくなりすぎない端境期の秋色コーデが完成。タイトスカートの金ボタンがポイントになって、全体的に暖色系のカラーリングにまとまっています。バッグは小ぶりなブラウンのショルダーをセレクトすれば、シックな装いが叶います。

暖色系コーデが秋色スタイルに導く

出典: WEAR

オフホワイトのブラウスにベージュのタイトスカートを合わせた、フェミニンなオフィスコーデ。秋を感じさせるカラー使いは、真っ白ではなく黄味がかったオフホワイトのアイテムをセレクトすると、上手くまとまります。暖色系のカラーリングは、秋らしさを演出してくれるのでおすすめです。さらに秋っぽさを出すために、アクセサリーはゴールドをセレクトしましょう。ブラックのパンプスを合わせてきちんと感もプラスして。

秋色気分を先取りするなら、ボルドースカートに決まり

出典: WEAR

白ブラウスにボルドーのスカートを合わせた、フェミニンな秋色オフィススタイルです。素材感は夏っぽくても、カラーをボルドーにすることで一気に季節感先取りコーデに。トップスは白ブラウスをセレクトし、ほんのり夏の爽やかさも感じさせる着こなしです。ウエストインでメリハリをつければ、スタイルアップも叶うスタイリングになります。足元はホワイトのパンプスでブラウスとカラーリンクすれば、統一感のあるまとまったコーディネートに。

夏の終わりの秋コーデを目指すなら、イエローベースのアイテムとホワイトを組み合わせるのがポイントです♪