オフィス向けでもトレンド重視!暑すぎない「大人の秋」を極めるなら取り入れたいネイルカラー

秋といえば茶色やボルドーなど濃い目のカラーが多めですが、まだ暑いですし、何よりもあまり濃いカラーだとオフィスコードにひっかかる会社も多いのが現実。華やか過ぎるデザインはオフィスコーディネイトから浮いてしまう場合もありますよね。ネイルサロンにいると、たくさん並ぶキラキラ効果に一瞬悩む方も多いはず。「秋色にしたいけどちょっと濃すぎるかも」 今回は、筆者のネイルサロンにいらっしゃるお客さまが上手に取り入れている「秋のトレンドネイル」をご紹介します。会社によって千差万別の「オフィスコード」ですが、色んな組み合わせがありますので、次回のネイルサロンで参考にしてみてくださいね。

beauty

 

秋といえばファーの季節

AirBrush_20160819023946

日焼けの名残りも残るこの季節ですが「少しだけ秋冬にしようかなー」と試す方が多いのが、フワフワのファーが入ったネイル。ファーのままの表面にすると、フワフワしているので一気に冬っぽいのですが、ファーをジェルに混ぜてしまえばこんな不思議なデザインになります。秋冬素材のお洋服みたいな質感です。

ファーのカラーもピンクやベージュなど色んなカラーがあるので、オフィスコードカラーで少しだけファーが入ったネイルはいかがですか?

 

青すぎないブルー系で涼し気に

AirBrush_20160826142416

秋の入り口といえども、まだまだ暑いこの季節。なんとなく「目から涼しく」を求めたくなちゃったり。でも、青すぎる青は夏っぽさが強くイメージされますよね。ということで「パステルまではいかないんだけどブルー」くらいの水色が人気のこの季節。少しダークなベージュと合わせることで、POPなイメージも控えめです。

 

ラインストーンで秋色

AirBrush_20160905011752

「土台の色は冒険できないんだよね」という方に多いのが、ネイルストーンやパーツで秋色を投入すること。1粒ブラウンが入ったり、輝きすぎない艶なしのネイルストーンが付くだけでも、一気に季節感が出ます。

 

ヌーディベージュでモノトーンを楽しむ

AirBrush_20160905011436

ヌーディなベージュは、オフィスカラーとして選ぶ方が多い一色。せっかくのシンプルカラーなので、モノトーンのみで仕上げて秋冬仕様に。ピンクやブルーのラインストーンやお花のアートなどをプラスすると少し夏っぽいのですが、モノトーンなら落ち着いた雰囲気に仕上がります。

秋冬の人気No.1といえば

AirBrush_20160830055855

秋冬の人気といえばやっぱりべっ甲カラー。2016年も引き続き人気のデザインです。昨年から人気が続いている「グレーベージュ」に合わせると、とっても落ち着いた雰囲気に。1本だけのネイルアートなら、いざという時に絆創膏で隠せてしまうのもポイントです。

DSC_5190

 

指先に「涼しさ」を少しだけでも残したい方は、シアーカラーとの合わせがおすすめなのです。透け感が残るので、暑い日にも違和感が少なめです。

「カラフル」を味方につけてみる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カラーの組み合わせによる視覚の効果というのは本当におもしろくて、ベースカラーにダークなカラーを付けても、合わせが華やかだと重く見えすぎません。ブラックやブラウン、深いボルドーやパープルなど、秋冬特有の暗めのカラーを使いたい時は、明るめカラーを合わせたツイードのデザインなんかも人気です。

トレンドのシアーだけを楽しむ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キラキラが多めだと夏っぽさを感じるのですが、マットカラーのみで秋冬を楽しむ方も多くいらっしゃいます。そんなセレクトが気分の時は、2016年のトレンド「シアーカラー」を選ぶことで今年らしい指先にすること。ラメやパールのないマットカラー、でもシアーなオフィスカラーって指が美しく見える代表的なカラーでもあるので、シンプルビューティを目指したい方にもおすすめNo.1カラーです。

 

まだまだ暑いけど季節は変わっているから

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近は、10月でも暑い日なんかもあって「秋」を感じる日が少なかったりもしますが、だからと言って、いつまでも夏をひきずったようなデザインじゃいれないのが大人の指先です。暑いけど秋冬カラーを楽しみたいなら「透け感のある秋色」を上手に使うこと。季節の変わりを上手にネイルに取り入れて「カラーセレクト上手だな」なんて周りの方が真似したくなるような、そんな指先でいたいですよね。

カーキやモードなブラウンは11月に取っておいて、9月10月はもう少しだけ「涼しい指先」を楽しんでみてはいかがでしょうか?