まだまだ足先注目中!夏が過ぎた大人のフットネイルはどうする?

夏はフットネイルをされるお客さまが急増しますが、サンダルの季節は終わりです。といっても、まだまだオープントゥなどで足先が目立つ季節なのは間違いなし。夏は「派手」が人気のフットネイルをどう「秋」に衣替えしていくのか? ただ色を暗くするだけじゃ、冬との違いを醸し出せない感もあるし、まだなんとなく暑い季節に暗い色を使うのはなんだかもったいないですよね。秋からはまた流行色を取り入れたフットネイルはいかがでしょうか?

beauty

せっかくなら2016年のトレンドカラーで

DSC_0591

2016年のファッションはアースカラーが人気ですが、ネイルのトレンドカラーは、ラベンダー系とクレイオレンジなど、アースカラーに合わせやすい色が年頭に発表されていました。ラベンダーカラーも色々ありますが、ベージュが混ざったような「クレイオレンジ」も発色は様々。春先にぴったりなせいもあって人気でしたが、夏は青やラメが人気の季節ですので、流行色とはいえ少し出番もお休み気味だったようです。

でも、カーキや茶系のお洋服が増える秋ならまた取り入れやすいですよね。

ということで、秋からはまた流行色を取り入れたフットネイルはいかがでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トレンドのパープル系と水色を合わせると「見た目涼しいけど夏すぎない」足元に。「茶系を取り入れるにはちょっと早い」時にぴったりの涼しさです。パープルが濃ければ濃い程に「秋色」に近づきます。

IMG_20160719_093222

 

秋色がいいけどまだ夏の名残りも楽しみたい

「もう秋だしなぁ」「でもまだ暑いしなぁ」と悩んでしまうこの季節。暑いけど、夏色カラーじゃちょっと……でも、秋すぎても暑苦しいしな……と悩む方に人気なのが「秋色だけどキラキラ」のパターン。シックな秋色を選んではいるのですが、キラキラをプラスすることで「夏を名残り惜しむ」感じのフットネイルです。

例えば、ボルドーに近いパープルカラー。

AirBrush_20160830060027

このカラーの名前は「紅紫」紫芋みたいなカラーです。これだけでも「シックな大人足」の雰囲気ですが

AirBrush_20160830055956

大小様々なラメやホロを足すことで、秋色だけど「少しだけ夏っぽい」雰囲気に。まだまだ強い日差しにも輝く量のラメやホロをかぶせています。

AirBrush_20160830055925

紫の雰囲気が強すぎないので、カーキのパンプスやブラウンのオープントゥにも合わせやすくなりました。夏すぎず「秋すぎない」大人足の完成です。

 

ブルー系でも秋足に

ブルー系は「夏」のイメージになりがちですが、実は秋や冬もしっかり楽しめるカラーでもあります。そのポイントは「大人っぽく仕上げる」こと。ついつい大きなラインストーンを付けたくなりますし、足だからこそ派手に仕上げたくなりますが、そこはグッと我慢!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

例えば、全てをブルー系にせずにデザインで取り入れてみて。ラインストーンやキラキラを我慢するだけで「デザイン性のある青」の使い方ができます。そして、ブルーに紫が混ざったような「藍色」に近いブルーも夏すぎない大人カラーです。

IMG_20160810_145856

写真だとなかなかキレイに発色しないのが残念ですが、ブルーの底に紫が見えるようなシックな藍色なら「夏」すぎずに涼しさも感じる大人足でいられることができます。

AirBrush_20160729040707

ストライプでも「夏の雰囲気」を封印できちゃうのがブルー系のいいところ。

 

秋色で涼しい

見た目暑く感じる茶系のカラーですが、分量を少なくすることで「暑すぎない」デザインにもできちゃいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こっくりとしたブラウンも、白と合わせることで少しだけ涼し気。足は、親指以外は面積が小さいので、全体をカラーリングしても重たく感じないのですが、親指全体をブラウンで埋めてしまうと一気に重ための指先に。面積の大きい親指に軽さを感じさせることで「秋色だけど暑すぎない」フットネイルのできあがりです。

短い秋だからこそ楽しもう

夏もあっという間ですが、最近は秋をしっかり感じることも難しいような気温で、夏よりもいつの間にか過ぎ去っていく感の強い秋。秋色を楽しむ間もなく冬になっていってしまうので、秋色を取り入れるタイミングもなかなか難しい気がします。とはいえ、夏を引きずったままのフットネイルじゃなんとなく季節ははずれ。まだまだ人目につきやすいフットネイルですので「秋」をしっかり楽しんでみてくださいね。