【働く女性のスカートコーデ30選】オフィスで使える!カラー別スカートコーデ特集

オフィスコーデに重宝するスカート。タイトスカートやフレアスカートなどのシルエットはもちろん、さまざまなカラーがあって、どう着こなすか悩んでしまいますよね。そこで今回は、働く女性のためのカラー別スカートコーデをご紹介します。内勤デーや外回り、接待など、シーンに合わせたコーディネートにも注目です!

fashion

出典:WEAR

女っぽフレアスカートで、きれいめモードに

誰もが1着は持っているカジュアル要素の強いボーダートップスも、ボトムス次第できれいめモードに早変わりします。ホワイトのフレアスカートは、纏うだけで女性らしさを格上げしてくれるので、積極的に取り入れたいモテアイテムのひとつです。まさにボーダートップスとの相性も抜群! バッグと足元はブラックで引き締めて、上品な雰囲気をキープして。

出典:WEAR

内勤デーのホワイトは足元ではずす

書類と戦う内勤デーは、なるべくリラックスして臨みたいところ。ゆったりとしたシャツは、パープルを選択。ホワイトとの相性が良く、程よくレディな雰囲気を残します。合わせるボトムスはタイトスカートなら、全体のシルエットをすっきりと見せてくれ、きちんと感も演出してくれます。そして、足元はフラットなサンダルを合わせて、リラックス感をひとさじ。ホワイトかベージュのプレーンパンプスに履き替えれば、急な来客応対もOKです。

出典:WEAR

ランダムデザインスカートでつくる甘辛コーデ

「甘いだけじゃなくて、仕事がデキる雰囲気の辛口な要素も欲しい!」そんなときは、甘辛コーデに挑戦してみましょう。やや甘さのあるエッジィなモード感のランダムデザインのスカートには、コンパクトなグレーのカットソーを合わせて辛口モードに。ダークカラーのデザインパンプスをチョイスし、足元に重心を置いてバランスを取ります。さらに、レディライクなバッグで甘さをプラスしましょう。少し肌寒い時期はホワイト系の大判ストールで大人っぽく仕上げて。

出典:WEAR

着てみたい上級者トップスは黒と組み合わせる

憧れて買ってはみたものの、なかなか出番のない上級者トップスは、黒と組み合わせることでしっくりきます。たとえば、このレースアップシャツ。一見オフィス向きではないように思えますが、黒のきれいめスカートを合わせることで、落ち着きのあるきれいめカジュアルコーデに変わります。袖をゆったり捲ってはずしを効かせて、こなれ感も忘れずに。仕上げにキャンバス素材のアーバンバッグを持って、ナチュラルできちんとした雰囲気で出掛けましょう。

出典:WEAR

こっくりブラウン投入で、ブラックをマイルドに

重くなりがちとはいえ、どんなときでも重宝するブラックスカートは秋冬には積極的に取り入れたいカラーのひとつ。落ち着いた雰囲気をキープしつつ重くなりたくないというときは、“ブラウン”が解決してくれます。ロング丈のタイトスカートは範囲が広いので、こっくりとしたブラウンのリブニットが好相性です。首回りが開いたデザインなら、顔周りも程よく明るくしてくれます。

出典:WEAR

技ありホワイトトップスで、しなやかに

かっちりとしたブラックのスカートを女性らしくフェミニンに着こなしたいときは、袖に程よくデザインが入ったホワイトのトップスがおすすめです。花モチーフやレースがあしらわれたデザインは、女性らしさをぐんと格上げ。しなやかで奥ゆかしい雰囲気を演出してくれます。靴と小物の色も、なるべく落ち着いたものを選びましょう。ベージュのパンプスが無ければ、グレーやブラックでもOKです。

出典:WEAR

ベルト付きスカートが淡いブラウンを引き締める

黒×ブラウンの相性がいいように、ネイビー×ブラウンもまた好相性です。特に、コーデ全体をマイルドにしてくれる淡いブラウンはネイビーと組み合わせたいカラーのひとつ。ただし、色味が淡いと膨張して見えてしまいがちなので、ボトムスはベルト付きスカートを合わせてウエストをきゅっと引き締めてあげるのがおすすめです。ウエストマークされることで脚長効果も相まって、スタイルアップが叶います。

出典:WEAR

ナチュラルをフェミニンに着こなす

ネイビーは、ナチュラル感のあるアイテムとの相性もばっちり。マルチカラーが涼し気なボーダーのノースリーブを、同じようなナチュラル素材のフレアスカートに合わせてみましょう。スカートのふんわりとしたラインが、フェミニンな雰囲気を醸し出します。靴とバッグは、肌なじみの良いホワイトかベージュを選べば女性らしさがさらにアップ。落ち着いているのにどこか頼れる先輩コーデの完成です。

出典:WEAR

冬のネイビーは、寒色系でまとめる

スニーカーを履きたい内勤デーのネイビースカートコーデは、全体を寒色系でまとめることでこなれた着こなしが叶います。たとえば、ネイビーのロングスカートには、グレーのゆったりニットを合わせるのが鉄板。程よくゆるいシルエットと、スカートのきちんと感が良いバランスをとってくれます。スニーカーも、もちろんネイビーやグレーなどの寒色系をチョイス。寒い時期は首元に大判ストールを巻くことで防寒対策にもなり、コーデのポイントにもなってくれます。

出典:WEAR

フリルデザインは、ダークカラーで“大人可愛く”

クールな印象のグレースカートですが、フリルデザインの物を選ぶことで可愛らしさがプラスされます。ただし、フリル付きボトムスを履くときはトップスはなるべくシンプルで落ち着いたものを合わせましょう。ボリュームがあるものを選んでしまうと、シルエットが膨張してしまいがちです。オフィスでは、あくまでも“大人可愛い”を目指して、落ち着きのあるコーデを心がけましょう。

出典:WEAR

夏に着たい明るいグレーはトップスで引き締める

気温が高くなってくる頃は、明るめのグレーのスカートで爽やかにコーディネートしたいですよね。そんなときのトップスは、袖がスカラップデザインの黒のカットソーですっきりまとめるのがポイント。カジュアルな雰囲気の中に可愛さもしっかりプラスされているので、社内で飲み会がある日にもぴったりです。上下をシンプルなカラーでまとめているので、足元はピンク系のサンダルで遊びを効かせてみましょう。コーデに程よい抜け感が出ておすすめです。

出典:WEAR

プリーツスカートはグレーが意外と使える!

大人気のプリーツスカートはブラック、ピンク、ブルー、イエローなどのカラーを選ぶのが定番ですが、実はグレーが意外と使えるんです! ここでは、ブラックのノースリーブに足元はパイソン柄のサンダルを合わせて大人なコーディネートに仕上げていますが、トップスにライトグレーを持ってきてワントーンコーデを楽しむのも良し、ホワイトのシャツを合わせて社外打ち合わせコーデをつくるのも良し……と、1つは持っておきたいスカートです。

出典:WEAR

“可愛さエッセンス”は、あえてほんの少しだけ

カラースカートもまだまだ人気継続中。せっかく買ったグリーンスカートを履きたいけれど、今年は可愛い中にもちょっとだけ大人っぽくコーディネートしたい! そんなときは“可愛さエッセンス”を、ほんの少しだけにとどめるのがポイントです。グリーンのスカート自体甘さが強いアイテムなので、トップスは袖コンシャスな大人なベージュのカットソーをセレクト。ピリッと絡めの黒パンプスとベージュの小物を合わせて、可愛さを残しつつ大人な着こなしに仕上げます。

出典:WEAR

カラースカート初心者さんは、淡い色から始めてみる

カラースカートがトレンドとはいえ、ビビッドなカラーを着こなすのは最初はちょっとした勇気がいりますよね。そんなカラースカート初心者さんにおすすめなのが、淡い色味のカラースカート。たとえば、ビビッドなグリーンに抵抗があるならば、ミントグリーンのスカートはいかが? タイトなシルエットでロング丈、ウエストのレースアップデザインがアクセントになっていて可愛さもしっかりプラスされたデザインなら、ぐっと今っぽく華やか。ミントグリーンと相性のいいベージュやブラウンのアイテムを組み合わせれば、ばっちりです!

出典:WEAR

社外打ち合わせの日は“デキる女子コーデ”で思い切り決めて

今週は取引先のお客様と社外で打ち合わせ。真面目で仕事ができるイメージを持ってもらうためには、コーディネートもしっかり作りこんでいきましょう。濃い色味のカーキのタイトスカートは、重くなりすぎずヘルシーな雰囲気を演出することができるので、定番のホワイトのシャツと組み合わせるのがおすすめ。渋い色味を効かせてシンプルに仕上げることで、幅広い層に受け入れられます。大事なコミュニケーションツールである企画書が詰まったバッグは、重厚感のある黒を合わせてコーデ全体を引き締めましょう。

出典:WEAR

夏はやっぱりイエロースカート♡

夏がやってくるとやっぱりイエロースカートで気分を上げたくなりますよね。そんな大人女子はイエローをプリーツスカートで取り入れるのがおすすめです。イエローはどうしても膨張して見えてしまいがちですが、プリーツスカートなら縦のラインがシルエットをすっきり見せてくれ、脚長効果も期待できます。トップスはプチタートルのノースリーブが大人っぽさを格上げします。グレーを選べば顔周りを明るくまろやかに、ブラックならちょっと辛口でクールなコーデに仕上がります。

出典:WEAR

ブラウンだって、きれいめカジュアルに仕上がる!

ナチュラル感の強いイメージのブラウンも、取り入れ方次第できれいめに仕上がります。ベルト付きのブラウンスカートに合わせたいのは、あえてシンプルなベージュのノースリーブ。ブラックも相性がいいですが、夏はやっぱり明るめの色でさわやかに合わせたいところ。質感もきれいなものを選べば清潔感もばっちりです。小物もシンプルにすることで、社内のみならず社外に出る日でもOKなコーデに仕上がります。

出典:WEAR

明るめベージュはダークなこっくりカラーで引き締める

ベージュはベージュでもオフホワイトに近いベージュのスカートは、ダーク系のこっくりカラーのアイテムと組み合わせることで、コーデ全体が引き締まります。明るいトーンのベージュにホワイトのアイテムを合わせてしまうとシルエットが膨張してしまうので、ダークカラーと合わせるのがおすすめ。こっくりカラーはバッグや靴で取り入れるのも良いですが、ボルドー系のカットソーなどで取り入れても好相性です。

出典:WEAR

タイトスカートにマンネリなら“アイスブルー”がおすすめ

タイトスカートのバリエーションにマンネリなときは、思い切ってアイスカラーを取り入れてみてはいかが? アイスブルーなら、うるさすぎず、さわやかに着こなせます。アイスブルーはベージュやブラウンとの相性が抜群。スカートがタイトな分、ベージュのゆったりニットと合わせてリラクシーに仕上げれば、内勤デーでもストレスフリー。小物もトップスと同系色でまとめて、すっきりさせるのがポイント。

出典:WEAR

退勤後に飲み会がある日のブルースカート

退勤後に仲間と飲み会の予定がある日は、カジュアルで女性らしいコーデがおすすめ。夜の景色に溶け込む鮮やかなブルーのタイトスカートには、手元が動かしやすい袖丈のホワイトのブラウスをセレクト。顔周りをぱっと明るくしてくれ、会話もさらに弾みます。ブラウスがナチュラル感があるので、それに合わせてサンダルもブラウンを合わせて統一感を持たせましょう。

出典:WEAR

ピンクスカートに挑戦するなら“ダスティピンク”がおすすめ

「ピンクのスカートに挑戦したいけど、取り入れるのが難しそう……」そんなときは、くすみカラーの“ダスティピンク”がおすすめです。普通のピンクよりも落ち着きがあり、肌なじみも良く大人女子でも取り入れやすいです。ダスティピンクのタイトスカートに合わせたいのは、モカのアイテム。モカ自体もくすんだ色味なのでダスティピンクとの相性がよく、コーディネートがしやすいです。

出典:WEAR

秋はやっぱり、大人な“バーガンディ”

秋から冬のオフィスシーンでもエレガントな着こなしを楽しみたいなら、バーガンディのタイトスカートはいかが? タイトスカートは脚のラインを綺麗に見せてくれる上、バーガンディという女性らしいカラーリングが相まって、品の良いコーディネートが叶います。トップスに黒を持ってくるところを、ここはあえてパープル系のリブタートルを合わせてみましょう。女性らしさがさらに引き立つ、エレガントコーデに仕上がります。

出典:WEAR

個性的な柄投入、お洒落な先輩コーデ

「先輩っていつもお洒落ですよね!」そんな言葉が聞けちゃうコーデは、個性的な柄スカートにおまかせ。こちらのカラーブロッキングをデザインしたプリーツスカートは、これ一枚で大人っぽいのに、どこか知的な雰囲気を醸し出してくれます。ただし、個性派柄スカートには本当にシンプルなトップスがおすすめ。カラーはグレーをセレクト。袖もノースリーブですっきりさせることで、悪目立ちを避けることができます。

出典:WEAR

これ一枚でサマ見え“ストライプスカート”

実は、トレンドカラーを取り入れたストライプスカートは、これ一枚でサマ見えする優れものだったりします。この場合のトップスはベージュでまとめていますが、黒でもグレーでもネイビーでも、不思議となんでも合ってしまうので、忙しい朝のコーデ決めでとても重宝します。ストライプ柄にインパクトがある分、バッグの色味はトップスと合わせてバランスを取るのを忘れずに。

出典:WEAR

タイトなシルエットは、抜け感を作るのがポイント

ガンクラブチェックのタイトスカートと深いグリーンのニットを合わせたタイトシルエットコーデ。色のトーンも落ち着きがあり、きちんと感もしっかり出ているので社内でも社外でもばっちりな着こなし。ですが、ここは首元にスカーフを巻いて抜け感をプラスしましょう。ゆったり巻けば巻くほど、こなれ感も出て一石二鳥。トップスがダークなグリーンなので、スカーフと小物はオレンジやブラウンでバランスを取って。

出典:WEAR

爽やかな花柄でつくる“清楚なお姉さんコーデ”

スカート自体をコーデのアクセントにするなら、大胆な花柄を取り入れるのがおすすめです。ブルー系なら、清潔感があり爽やかに着こなすことができるので、ホワイトのシャツやカットソーと合わせると、清楚なお姉さんコーデが完成します。トップスはフロントインにすることで、気になる部分が隠れてスタイルアップが叶います。足元は花柄に入っている色なら何色でもOKですが、ダーク系を持ってきた方がぼやけず引き締まって見えます。

出典:WEAR

ブロックチェックで大人見えコーデ

チェックスカートをオフィスで履くときは、落ち着いた雰囲気のチェックを選ぶのがポイントです。赤は派手なように見えますが、淡い黒が入ったブロックチェック柄なら大人っぽく着こなすことができます。チェック柄のボトムスを履くときのポイントとして、トップスを含めたほかのアイテムは基本的に柄に入っている色で統一すると、スカートが浮いて悪目立ちしてしまうということを防げます。この場合は、チェックに入っている色が黒なので、他のアイテムを黒で統一しています。

出典:WEAR

レーススカート初心者さん向け“グレー”でシックに

これひとつで華やかなコーデが叶う、働き女子の味方のレーススカート。取り入れ方が難しい初心者さんは“グレー”から始めてみるのはいかが? レース素材自体が華やかなので、シックな色味を選んだとしても十分素敵に着こなすことができます。グレーはベージュやホワイトとの相性も抜群なので、ほかアイテムに悩むこともありません。レフ版効果のあるホワイトのトップスで顔周りをパッと明るく、足元に肌なじみの良いベージュを持ってきてコーデを軽やかに仕上げましょう。

出典:WEAR

アフター7にデートがある日は、落ち着く“ブルー”でまとめる

退勤後にデートの予定がある日は、なんとなくソワソワしますよね。寒色系カラーの代表であるブルーは気持ちを落ち着かせる効果があるので、デートコーデにも積極的に取り入れたいカラーのひとつです。ネイビーのミモレ丈スカートなら、品よく知的に着こなすことができるのでおすすめです。トップスはスカートよりも淡い色味をもってくることで、重くなりすぎません。二の腕が程よく隠れるスクエアスリーブなら狙い過ぎ感が出ず、オフィス以外にもレストランやバーなどのシーンにも馴染むコーデに仕上がります。

出典:WEAR

レースだって、合わせるアイテム次第で“大人ヘルシー”に

「レーススカートをカジュアルに着こなしたい!」そんなときは、合わせるアイテム次第で自由自在に叶えることができます。たとえば、こちらのイエローのレーススカート。トップスはイエローと相性の良い、渋めのカーキのシンプルなシャツを持ってきてヘルシー要素をプラスします。足元はホワイトのマニッシュシューズを合わせて、さらにカジュアル要素もアップ。仕上げに、バッグや小物はラインがきれいなものを合わせることで女性らしさが加わり、レーススカートとのバランスが取れます。

明るく元気な「ホワイト」で、オフィスを華やかに

内勤デーのホワイトは足元ではずす

出典: WEAR

書類と戦う内勤デーは、なるべくリラックスして臨みたいところ。ゆったりとしたシャツは、パープルを選択。ホワイトとの相性が良く、程よくレディな雰囲気を残します。合わせるボトムスはタイトスカートなら、全体のシルエットをすっきりと見せてくれ、きちんと感も演出してくれます。そして、足元はフラットなサンダルを合わせて、リラックス感をひとさじ。ホワイトかベージュのプレーンパンプスに履き替えれば、急な来客応対もOKです。

女っぽフレアスカートで、きれいめモードに

出典: WEAR

誰もが1着は持っているカジュアル要素の強いボーダートップスも、ボトムス次第できれいめモードに早変わりします。ホワイトのフレアスカートは、纏うだけで女性らしさを格上げしてくれるので、積極的に取り入れたいモテアイテムのひとつです。まさにボーダートップスとの相性も抜群! バッグと足元はブラックで引き締めて、上品な雰囲気をキープして。

ランダムデザインスカートでつくる甘辛コーデ

出典: WEAR

「甘いだけじゃなくて、仕事がデキる雰囲気の辛口な要素も欲しい!」そんなときは、甘辛コーデに挑戦してみましょう。やや甘さのあるエッジィなモード感のランダムデザインのスカートには、コンパクトなグレーのカットソーを合わせて辛口モードに。ダークカラーのデザインパンプスをチョイスし、足元に重心を置いてバランスを取ります。さらに、レディライクなバッグで甘さをプラスしましょう。少し肌寒い時期はホワイト系の大判ストールで大人っぽく仕上げて。

コーデ全体を引き締める「ブラック」

着てみたい上級者トップスは黒と組み合わせる

出典: WEAR

憧れて買ってはみたものの、なかなか出番のない上級者トップスは、黒と組み合わせることでしっくりきます。たとえば、このレースアップシャツ。一見オフィス向きではないように思えますが、黒のきれいめスカートを合わせることで、落ち着きのあるきれいめカジュアルコーデに変わります。袖をゆったり捲ってはずしを効かせて、こなれ感も忘れずに。仕上げにキャンバス素材のアーバンバッグを持って、ナチュラルできちんとした雰囲気で出掛けましょう。

こっくりブラウン投入で、ブラックをマイルドに

出典: WEAR

重くなりがちとはいえ、どんなときでも重宝するブラックスカートは秋冬には積極的に取り入れたいカラーのひとつ。落ち着いた雰囲気をキープしつつ重くなりたくないというときは、“ブラウン”が解決してくれます。ロング丈のタイトスカートは範囲が広いので、こっくりとしたブラウンのリブニットが好相性です。首回りが開いたデザインなら、顔周りも程よく明るくしてくれます。

技ありホワイトトップスで、しなやかに

出典: WEAR

かっちりとしたブラックのスカートを女性らしくフェミニンに着こなしたいときは、袖に程よくデザインが入ったホワイトのトップスがおすすめです。花モチーフやレースがあしらわれたデザインは、女性らしさをぐんと格上げ。しなやかで奥ゆかしい雰囲気を演出してくれます。靴と小物の色も、なるべく落ち着いたものを選びましょう。ベージュのパンプスが無ければ、グレーやブラックでもOKです。

程よく重く、程よくマイルドな「ネイビー」

ベルト付きスカートが淡いブラウンを引き締める

出典: WEAR

黒×ブラウンの相性がいいように、ネイビー×ブラウンもまた好相性です。特に、コーデ全体をマイルドにしてくれる淡いブラウンはネイビーと組み合わせたいカラーのひとつ。ただし、色味が淡いと膨張して見えてしまいがちなので、ボトムスはベルト付きスカートを合わせてウエストをきゅっと引き締めてあげるのがおすすめです。ウエストマークされることで脚長効果も相まって、スタイルアップが叶います。

ナチュラルをフェミニンに着こなす

出典: WEAR

ネイビーは、ナチュラル感のあるアイテムとの相性もばっちり。マルチカラーが涼し気なボーダーのノースリーブを、同じようなナチュラル素材のフレアスカートに合わせてみましょう。スカートのふんわりとしたラインが、フェミニンな雰囲気を醸し出します。靴とバッグは、肌なじみの良いホワイトかベージュを選べば女性らしさがさらにアップ。落ち着いているのにどこか頼れる先輩コーデの完成です。

冬のネイビーは、寒色系でまとめる

出典: WEAR

スニーカーを履きたい内勤デーのネイビースカートコーデは、全体を寒色系でまとめることでこなれた着こなしが叶います。たとえば、ネイビーのロングスカートには、グレーのゆったりニットを合わせるのが鉄板。程よくゆるいシルエットと、スカートのきちんと感が良いバランスをとってくれます。スニーカーも、もちろんネイビーやグレーなどの寒色系をチョイス。寒い時期は首元に大判ストールを巻くことで防寒対策にもなり、コーデのポイントにもなってくれます。

落ち着いた、大人な「グレー」

フリルデザインは、ダークカラーで“大人可愛く”

出典: WEAR

クールな印象のグレースカートですが、フリルデザインの物を選ぶことで可愛らしさがプラスされます。ただし、フリル付きボトムスを履くときはトップスはなるべくシンプルで落ち着いたものを合わせましょう。ボリュームがあるものを選んでしまうと、シルエットが膨張してしまいがちです。オフィスでは、あくまでも“大人可愛い”を目指して、落ち着きのあるコーデを心がけましょう。

夏に着たい明るいグレーはトップスで引き締める

出典: WEAR

気温が高くなってくる頃は、明るめのグレーのスカートで爽やかにコーディネートしたいですよね。そんなときのトップスは、袖がスカラップデザインの黒のカットソーですっきりまとめるのがポイント。カジュアルな雰囲気の中に可愛さもしっかりプラスされているので、社内で飲み会がある日にもぴったりです。上下をシンプルなカラーでまとめているので、足元はピンク系のサンダルで遊びを効かせてみましょう。コーデに程よい抜け感が出ておすすめです。

プリーツスカートはグレーが意外と使える!

出典: WEAR

大人気のプリーツスカートはブラック、ピンク、ブルー、イエローなどのカラーを選ぶのが定番ですが、実はグレーが意外と使えるんです! ここでは、ブラックのノースリーブに足元はパイソン柄のサンダルを合わせて大人なコーディネートに仕上げていますが、トップスにライトグレーを持ってきてワントーンコーデを楽しむのも良し、ホワイトのシャツを合わせて社外打ち合わせコーデをつくるのも良し……と、1つは持っておきたいスカートです。

コーデの幅が広がる「カラースカート」

“可愛さエッセンス”は、あえてほんの少しだけ

出典: WEAR

カラースカートもまだまだ人気継続中。せっかく買ったグリーンスカートを履きたいけれど、今年は可愛い中にもちょっとだけ大人っぽくコーディネートしたい! そんなときは“可愛さエッセンス”を、ほんの少しだけにとどめるのがポイントです。グリーンのスカート自体甘さが強いアイテムなので、トップスは袖コンシャスな大人なベージュのカットソーをセレクト。ピリッと絡めの黒パンプスとベージュの小物を合わせて、可愛さを残しつつ大人な着こなしに仕上げます。

カラースカート初心者さんは、淡い色から始めてみる

出典: WEAR

カラースカートがトレンドとはいえ、ビビッドなカラーを着こなすのは最初はちょっとした勇気がいりますよね。そんなカラースカート初心者さんにおすすめなのが、淡い色味のカラースカート。たとえば、ビビッドなグリーンに抵抗があるならば、ミントグリーンのスカートはいかが? タイトなシルエットでロング丈、ウエストのレースアップデザインがアクセントになっていて可愛さもしっかりプラスされたデザインなら、ぐっと今っぽく華やか。ミントグリーンと相性のいいベージュやブラウンのアイテムを組み合わせれば、ばっちりです!

社外打ち合わせの日は“デキる女子コーデ”で思い切り決めて

出典: WEAR

今週は取引先のお客様と社外で打ち合わせ。真面目で仕事ができるイメージを持ってもらうためには、コーディネートもしっかり作りこんでいきましょう。濃い色味のカーキのタイトスカートは、重くなりすぎずヘルシーな雰囲気を演出することができるので、定番のホワイトのシャツと組み合わせるのがおすすめ。渋い色味を効かせてシンプルに仕上げることで、幅広い層に受け入れられます。大事なコミュニケーションツールである企画書が詰まったバッグは、重厚感のある黒を合わせてコーデ全体を引き締めましょう。

夏はやっぱりイエロースカート♡

出典: WEAR

夏がやってくるとやっぱりイエロースカートで気分を上げたくなりますよね。そんな大人女子はイエローをプリーツスカートで取り入れるのがおすすめです。イエローはどうしても膨張して見えてしまいがちですが、プリーツスカートなら縦のラインがシルエットをすっきり見せてくれ、脚長効果も期待できます。トップスはプチタートルのノースリーブが大人っぽさを格上げします。グレーを選べば顔周りを明るくまろやかに、ブラックならちょっと辛口でクールなコーデに仕上がります。

ブラウンだって、きれいめカジュアルに仕上がる!

出典: WEAR

ナチュラル感の強いイメージのブラウンも、取り入れ方次第できれいめに仕上がります。ベルト付きのブラウンスカートに合わせたいのは、あえてシンプルなベージュのノースリーブ。ブラックも相性がいいですが、夏はやっぱり明るめの色でさわやかに合わせたいところ。質感もきれいなものを選べば清潔感もばっちりです。小物もシンプルにすることで、社内のみならず社外に出る日でもOKなコーデに仕上がります。

明るめベージュはダークなこっくりカラーで引き締める

出典: WEAR

ベージュはベージュでもオフホワイトに近いベージュのスカートは、ダーク系のこっくりカラーのアイテムと組み合わせることで、コーデ全体が引き締まります。明るいトーンのベージュにホワイトのアイテムを合わせてしまうとシルエットが膨張してしまうので、ダークカラーと合わせるのがおすすめ。こっくりカラーはバッグや靴で取り入れるのも良いですが、ボルドー系のカットソーなどで取り入れても好相性です。

タイトスカートにマンネリなら“アイスブルー”がおすすめ

出典: WEAR

タイトスカートのバリエーションにマンネリなときは、思い切ってアイスカラーを取り入れてみてはいかが? アイスブルーなら派手過ぎず、さわやかに着こなせます。アイスブルーはベージュやブラウンとの相性が抜群。スカートがタイトな分、ベージュのゆったりニットと合わせてリラクシーに仕上げれば、内勤デーでもストレスフリー。小物もトップスと同系色でまとめて、すっきりさせるのがポイント。

退勤後に飲み会がある日のブルースカート

出典: WEAR

退勤後に仲間と飲み会の予定がある日は、カジュアルで女性らしいコーデがおすすめ。夜の景色に溶け込む鮮やかなブルーのタイトスカートには、手元が動かしやすい袖丈のホワイトのブラウスをセレクト。顔周りをぱっと明るくしてくれ、会話もさらに弾みます。ブラウスがナチュラル感があるので、それに合わせてサンダルもブラウンを合わせて統一感を持たせましょう。

ピンクスカートに挑戦するなら“ダスティピンク”がおすすめ

出典: WEAR

「ピンクのスカートに挑戦したいけど、取り入れるのが難しそう……」そんなときは、くすみカラーの“ダスティピンク”がおすすめです。普通のピンクよりも落ち着きがあり、肌なじみも良く大人女子でも取り入れやすいです。ダスティピンクのタイトスカートに合わせたいのは、モカのアイテム。モカ自体もくすんだ色味なのでダスティピンクとの相性がよく、コーディネートがしやすいです。

秋はやっぱり、大人な“バーガンディ”

出典: WEAR

秋から冬のオフィスシーンでもエレガントな着こなしを楽しみたいなら、バーガンディのタイトスカートはいかが? タイトスカートは脚のラインを綺麗に見せてくれる上、バーガンディという女性らしいカラーリングが相まって、品の良いコーディネートが叶います。トップスに黒を持ってくるところを、ここはあえてパープル系のリブタートルを合わせてみましょう。女性らしさがさらに引き立つ、エレガントコーデに仕上がります。

「柄物」投入で、コーデに遊び心を

個性的な柄投入、お洒落な先輩コーデ

出典: WEAR

「先輩っていつもお洒落ですよね!」そんな言葉が聞けちゃうコーデは、個性的な柄スカートにおまかせ。こちらのカラーブロッキングをデザインしたプリーツスカートは、これ一枚で大人っぽいのに、どこか知的な雰囲気を醸し出してくれます。ただし、個性派柄スカートには本当にシンプルなトップスがおすすめ。カラーはグレーをセレクト。袖もノースリーブですっきりさせることで、悪目立ちを避けることができます。

これ一枚でサマ見え“ストライプスカート”

出典: WEAR

実は、トレンドカラーを取り入れたストライプスカートは、これ一枚でサマ見えする優れものだったりします。この場合のトップスはベージュでまとめていますが、黒でもグレーでもネイビーでも、不思議となんでも合ってしまうので、忙しい朝のコーデ決めでとても重宝します。ストライプ柄にインパクトがある分、バッグの色味はトップスと合わせてバランスを取るのを忘れずに。

タイトなシルエットは、抜け感を作るのがポイント

出典: WEAR

ガンクラブチェックのタイトスカートと深いグリーンのニットを合わせたタイトシルエットコーデ。色のトーンも落ち着きがあり、きちんと感もしっかり出ているので社内でも社外でもばっちりな着こなし。ですが、ここは首元にスカーフを巻いて抜け感をプラスしましょう。ゆったり巻けば巻くほど、こなれ感も出て一石二鳥。トップスがダークなグリーンなので、スカーフと小物はオレンジやブラウンでバランスを取って。

爽やかな花柄でつくる“清楚なお姉さんコーデ”

出典: WEAR

スカート自体をコーデのアクセントにするなら、大胆な花柄を取り入れるのがおすすめです。ブルー系なら、清潔感があり爽やかに着こなすことができるので、ホワイトのシャツやカットソーと合わせると、清楚なお姉さんコーデが完成します。トップスはフロントインにすることで、気になる部分が隠れてスタイルアップが叶います。足元は花柄に入っている色なら何色でもOKですが、ダーク系を持ってきた方がぼやけず引き締まって見えます。

ブロックチェックで大人見えコーデ

出典: WEAR

チェックスカートをオフィスで履くときは、落ち着いた雰囲気のチェックを選ぶのがポイントです。赤は派手なように見えますが、淡い黒が入ったブロックチェック柄なら大人っぽく着こなすことができます。チェック柄のボトムスを履くときのポイントとして、トップスを含めたほかのアイテムは基本的に柄に入っている色で統一すると、スカートが浮いて悪目立ちしてしまうということを防げます。この場合は、チェックに入っている色が黒なので、他のアイテムを黒で統一しています。

「レーススカート」で、女性らしくしなやかに

レーススカート初心者さん向け“グレー”でシックに

出典: WEAR

これひとつで華やかなコーデが叶う、働き女子の味方のレーススカート。取り入れ方が難しい初心者さんは“グレー”から始めてみるのはいかが? レース素材自体が華やかなので、シックな色味を選んだとしても十分素敵に着こなすことができます。グレーはベージュやホワイトとの相性も抜群なので、ほかアイテムに悩むこともありません。レフ版効果のあるホワイトのトップスで顔周りをパッと明るく、足元に肌なじみの良いベージュを持ってきてコーデを軽やかに仕上げましょう。

アフター7にデートがある日は、落ち着く“ブルー”でまとめる

出典: WEAR

退勤後にデートの予定がある日は、なんとなくソワソワしますよね。寒色系カラーの代表であるブルーは気持ちを落ち着かせる効果があるので、デートコーデにも積極的に取り入れたいカラーのひとつです。ネイビーのミモレ丈スカートなら、品よく知的に着こなすことができるのでおすすめです。トップスはスカートよりも淡い色味をもってくることで、重くなりすぎません。二の腕が程よく隠れるスクエアスリーブなら狙い過ぎ感が出ず、オフィス以外にもレストランやバーなどのシーンにも馴染むコーデに仕上がります。

レースだって、合わせるアイテム次第で“大人ヘルシー”に

出典: WEAR

「レーススカートをカジュアルに着こなしたい!」そんなときは、合わせるアイテム次第で自由自在に叶えることができます。たとえば、こちらのイエローのレーススカート。トップスはイエローと相性の良い、渋めのカーキのシンプルなシャツを持ってきてヘルシー要素をプラスします。足元はホワイトのマニッシュシューズを合わせて、さらにカジュアル要素もアップ。仕上げに、バッグや小物はラインがきれいなものを合わせることで女性らしさが加わり、レーススカートとのバランスが取れます。

コーデに華やぎをプラスする、万能アイテムなスカート。自分だけのとっておきのスカートコーデを楽しみましょう♪