いらなくなった衣類、どうしていますか?すぐできる社会貢献してみませんか?

いらなくなった衣類を皆さんはどうしていますか? そのまま捨てれば「ごみ」になるものですが、これをショップやデパートで引き取ってくれるのをご存知ですか?  あなたのいらない衣類が誰かの役に立つのです。

fashion

廃棄衣料品はなんと1年間で94.2万トン!

これは、平成21年度の1年間に捨てられた衣料品の量です。単純に人口約1億3千人で割ると、一人7.2kg、このうち次にお話しするリユースやリサイクルされる分を除いた5.3kgは「ごみ」として燃やされたり埋められたりするのです。実にTシャツ約26枚分になります。(データは経済産業省「繊維製品3Rシステム検討会報告書」参照)

不要衣料1

有名メーカーが引き取りを行っている

いらなくなった衣類などをお店で引き取ってくれます。例をあげておきます。ユニクロ、H&M、無印良品、ワールド、マルイ、イオン、下着のワコール、トリンプ、などです。お店によって、引き取れないものがあったり、商品券のようなものがもらえたりと条件が違いますので、チェックしてみてください。
不要衣料2

UNIQLO「全商品リサイクル活動」・・・http://www.uniqlo.com/jp/csr/refugees/recycle/
マルイ「マルイミライ」・・・http://www.0101.co.jp/earthsmileproject/
紳士服の青山「ウールリサイクル」・・・http://www.y-aoyama.jp/service/recycle.html

あなたのいらない衣類が資源に生まれ変わります

その方法は、①リユース:reuse(再使用)、形を大きく変えずにそのまま使用します。誰かに譲る、フリーマーケットやリサイクルショップを利用するのもリユースです。お店などで回収されると、海外に送られ、必要とする誰かが使ってくれます。社会貢献ですね。

リサイクル:recycle(再生使用)、形を変えて新たに別のものとして使用します。材料として使用するマテリアルリサイクル:material recycleとエネルギーとして使用するケミカルリサイクル:chemical recycleがあります。

例えばポリエステルという素材は、細かく切って高温で溶かし、引き伸ばしてできた糸が布になり、また衣類として使用されます。原料から新たに作るのと比べて原料と燃料が大幅に削減できます。省資源・小エネルギーへの貢献です。

ケミカルリサイクルの例として温水プールがあります。ごみ焼却場の近くの温水プールを利用したことはありませんか? 焼却場でごみを燃やす時に出る熱を利用してプールの水を温めています。ごみをエネルギーとして利用しているのです。省エネルギーへの貢献です。

おわりに

shutterstock_434789587

大好きな洋服も着られなくなる時がきます。ただ捨ててしまえばごみですが、きちんと分別(ぶんべつ)することで、誰かの、社会の役に立ちます。分別(ふんべつ)のある大人の身近な社会貢献ですね。

【参考】

繊維製品3Rシステム検討会報告書-経済産業省