大切な取引先をお迎えする。秋の接待お食事会コーデ

今日は大切な取引先の方との接待。相手に不快感を与えないためにも、大人っぽく上品な着こなしを心がけたいもの……だけど、せっかくなら秋らしさもほんのり取り入れたいですよね。今回は、秋の接待シーンやお食事会にふさわしい、大人で上品なコーディネートをご紹介します!

fashion

出典:WEAR

秋のブラックを引き立てる「ブラウン」

秋に積極的に着たいブラック。接待やお食事会の場でも、真面目さが際立つブラックのワンピースは定番です。だけど、小物もすべてブラックでまとめてしまうと、暗い印象を持たれてしまいがちでもあります。そんなときに組み合わせたいのが「ブラウン」です。バッグや靴をブラウンにすることで、メインのブラックがより引き立つ上、コーデ全体をマイルドに仕上げてくれます。ブラウンのアイテム以外にも、ベージュやオレンジでもバランスが取れるのでおすすめです。

出典:WEAR

ワンピースで挑戦したい「レッド」

情熱的で女性らしさを上げてくれる「レッド」。差し色としてはぴったりな反面はっきりとした色なので、オフィスでの取り入れ方に意外と悩むカラーでもあります。ましてや、お食事会で上品に着こなすにはどうすればいいの……? そんなときはワンピースがおすすめです。相手の目が気になる場では派手過ぎないかと思われがちですが、堂々と着こなすことで頼れる雰囲気を演出することができます。他のアイテムは薄い色味のもので調整することで、女性らしく品のいいコーデに仕上がります。

出典:WEAR

クラシカルな雰囲気漂う、しっとりコーデ

秋の代表的な色を使った差し色コーデもいいけれど、少し堅めの接待だから落ち着いた雰囲気で行きたいというときは、クラシカルな質感と色使いがおすすめです。白に近いベージュのトップスはなるべくとろみ感のある素材をチョイスしたいところ。それに合わせたいのはブラックのワイドパンツです。光沢感のある軽い素材なら、カジュアルになりすぎずトップスのとろみ感とのバランスが取れます。クラシカルな雰囲気で、真面目さの中にも女性らしさを感じさせる着こなしに。

ワンピースで挑戦したい「レッド」

出典: WEAR

情熱的で女性らしさを上げてくれる「レッド」。差し色としてはぴったりな反面はっきりとした色なので、オフィスでの取り入れ方に意外と悩むカラーでもあります。ましてや、お食事会で上品に着こなすにはどうすればいいの……? そんなときはワンピースがおすすめです。相手の目が気になる場では派手過ぎないかと思われがちですが、堂々と着こなすことで頼れる雰囲気を演出することができます。他のアイテムは薄い色味のもので調整することで、女性らしく品のいいコーデに仕上がります。

クラシカルな雰囲気漂う、しっとりコーデ

出典: WEAR

秋の代表的な色を使った差し色コーデもいいけれど、少し堅めの接待だから落ち着いた雰囲気で行きたいというときは、クラシカルな質感と色使いがおすすめです。白に近いベージュのトップスはなるべくとろみ感のある素材をチョイスしたいところ。それに合わせたいのはブラックのワイドパンツです。光沢感のある軽い素材なら、カジュアルになりすぎずトップスのとろみ感とのバランスが取れます。クラシカルな雰囲気で、真面目さの中にも女性らしさを感じさせる着こなしに。

秋のブラックを引き立てる「ブラウン」

出典: WEAR

秋に積極的に着たいブラック。接待やお食事会の場でも、真面目さが際立つブラックのワンピースは定番です。だけど、小物もすべてブラックでまとめてしまうと、暗い印象を持たれてしまいがちでもあります。そんなときに組み合わせたいのが「ブラウン」です。バッグや靴をブラウンにすることで、メインのブラックがより引き立つ上、コーデ全体をマイルドに仕上げてくれます。ブラウンのアイテム以外にも、ベージュやオレンジでもバランスが取れるのでおすすめです。

色味や質感で秋らしさを取り入れることで、接待のピリッとした雰囲気も和やかになりそうですね♪