あの色も、この色も使いたいの!カラーに悩んだときにこそ試したいデザイン集

「次のネイルは何色にしようかな?」 だいぶ前から考えているのに、ネイルサロンへ行く当日になってもカラーが決められないこと、ありませんか? ナチュラルなベージュがいいような、流行りのグレーやカーキのアースカラーにしたいような。べっ甲も試したいし……。 カラーセレクトに悩んだ時こそ試してほしい、ネイルデザインを、ご紹介します。

beauty

オフィスコードも考えなくてはいけない「大人」の指先。
迷いすぎて失敗しないように、悩んだときこそ参考にしたいデザインをご紹介します。

DSC_0594

ブラックをポイントで使いたい気分なら

AirBrush_20160819024105

ブラックは、爪全体に塗るには勇気のいるカラーのひとつ。でも、シアーなブラックは2016年も流行の兆しなんです。真っ黒はちょっと……という方も取り入れやすいシアーなブラックは単色でもキレイです。マットブラックでの囲みネイルも、ベージュなどの控えめなカラーと合わせることで上品に仕上がります。

AirBrush_20160905011436

全体カラーリングに抵抗がある方は、ラインだけで取り入れても。ブラックの面積が少なければ悪目立ちすることもありません。
 

やっぱり取り入れたい秋色ブラウン

DSC_0596

秋カラーといえば、やっぱり王道ブラウン。ブラウン系といっても色味は様々です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

薄いブラウンでも爪全体に塗ると、一気に「秋冬」のイメージに。以外とオフィスでも目立つ色なので、指の全てにブラウンを塗るのは勇気が必要な方も多いはず。

AirBrush_20160905011752

そんな時は、ラインストーン使いがおすすめ。ベーシックカラーにブラウンストーンを付けただけですが、それだけでも秋の色合いになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

流れるような「ピーコック柄」の一色に加えて、グッと大人っぽくなるのがブラウン系。イエローやベージュなど、明るめのカラーのポイントとしてブラウンを使うと色合いが引き立ちます。自爪全体にピーコック柄をつくると派手感UP。目立ちすぎないピーコック柄ならフレンチがおすすめです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

薄いカラーのブラウン系は、ピンクと相性◎。その指だけ目立つこともありません。色の「濃さ」はもちろんありますので、白やシルバーを重ねることでブラウンの「色の強さ」を少し弱めてあげると、更に取り入れやすいかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ブラウンカラーは避けたいけれど、秋色は使いたい」という気分の時は、ネイルシールでブラウンをセレクトしてみては? シンプルなピンクベージュにも合わせやすいですし、ブラウンレースのネイルシールは可憐な仕上がりになります。

あの色もこの色も、使いたい気分なら

AirBrush_20160905012218

「ピンクにしようかな?グリーンもパープルもいいな」なんだかどれも選べない時は「塗りかけネイル」はいかがでしょうか?
全てのカラーを少しづつ。

バラバラにならないポイントは2つ。
ベースカラーを主張のないヌーディカラーにすることと、塗り合わせるカラーは系統を同じにすること。
パステルなら全てパステルカラーで。パールカラーなら全てをパールカラーでまとめるとバラバラになりません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少しづつ色を乗せるような「スポンジネイル」もおすすめのひとつ。ポンポンと乗せていくだけなので、発色も強くなりません。

色が決まらない日は

気分で色を選べない日は「どんな自分でありたいか」をメインに選ぶと混乱することが少なめです。
大切な会議があるならスーツに合うカラー、デートが多めの月は優しさを感じるカラー、イベントが多い月はどんなデニムにも合うデザインなど「今月の自分」を決めておくのがおすすめです。
それでも迷ってしまう時は、気になるカラーを上手に差し色して楽しんでみてくださいね。