【お洒落OLに学ぶ!】ジャケットの着こなし術3選

一枚できちんと感を演出してくれるジャケットは堅苦しい印象になってしまう難しさも。おしゃれにカジュアルダウンするためのポイントは、“色の使い方”。ビビッドな色のインナーを選ぶことでお疲れ顔も明るく元気に見せてくれると同時に、大人の女性らしいこなれ感や抜け感を演出してくれます。そこで今回は、ジャケットを使った、夕方のくすみ顔がお悩みのOLさんにもぴったりのコーディネートをご紹介!

fashion

出典:WEAR

寒色系でまとめれば、雪のような透明肌美人に

ブラックやグレーなどダークトーンのジャケットは、ややお堅い印象になりがち。寒色系のジャケットをコーディネートに合わせれば、キリッとした秋冬らしい雰囲気を与えてくれます。寒色系のブルーの色合いは肌に透明感を与えてくれる効果も♪ チェックなどの柄物のアイテムを合わせることでより季節感も演出。クール美人なジャケットを着ていけば、上司からの好印象も期待できるかも!?

出典:WEAR

きれい色で華やかな印象に

地味なオフィスコーデもきれい色のインナーをジャケットの下に仕込めば一気に華やかな印象に。派手な色は着づらいという方も、ジャケットの下に着こめば、抵抗が少なく挑戦しやすいはず♡ ジャケットは、グレーやブラウンなど色味の薄いものを選べば、主張が強すぎることもありません。写真のように小物をブラックで統一すると、フォーマル感もバッチリ。ただし、肩掛けジャケットはオフィスではNGになることもあるため、通勤・移動以外は袖を通して着こなしましょう。

出典:WEAR

ジャケット初心者さんはホワイトを

ジャケット初心者さんにおすすめのコーディネートは、ホワイトのインナーを活用したスタイル。派手になりすぎず、若々しく、清潔感ある印象を与えてくれるホワイトのインナーは、オフィスコーデの中でも万能アイテムの一つ。ほかの配色をダークトーンでまとめれば、フォーマル感もきちんと保つことができます。ブラウンの色味ば、ジャケットの堅苦しさを緩和してくれる効果も♪

きれい色で華やかな印象に


出典: WEAR

地味なオフィスコーデもきれい色のインナーをジャケットの下に仕込めば一気に華やかな印象に。派手な色は着づらいという方も、ジャケットの下に着こめば、抵抗が少なく挑戦しやすいはず♡ ジャケットは、グレーやブラウンなど色味の薄いものを選べば、主張が強すぎることもありません。写真のように小物をブラックで統一すると、フォーマル感もバッチリ。ただし、肩掛けジャケットはオフィスではNGになることもあるため、通勤・移動以外は袖を通して着こなしましょう。

ジャケット初心者さんはホワイトを


出典: WEAR

ジャケット初心者さんにおすすめのコーディネートは、ホワイトのインナーを活用したスタイル。派手になりすぎず、若々しく、清潔感ある印象を与えてくれるホワイトのインナーは、オフィスコーデの中でも万能アイテムの一つ。ほかの配色をダークトーンでまとめれば、フォーマル感もきちんと保つことができます。ブラウンの色味ば、ジャケットの堅苦しさを緩和してくれる効果も♪

寒色系でまとめれば、雪のような透明肌美人に


出典: WEAR

ブラックやグレーなどダークトーンのジャケットは、ややお堅い印象になりがち。寒色系のジャケットをコーディネートに合わせれば、キリッとした秋冬らしい雰囲気を与えてくれます。寒色系のブルーの色合いは肌に透明感を与えてくれる効果も♪ チェックなどの柄物のアイテムを合わせることでより季節感も演出。クール美人なジャケットを着ていけば、上司からの好印象も期待できるかも!?

時には新鮮な着こなしでジャケットコーデを楽しんでみましょう! いつもとは違う自分に、新しい発見があるかもしれません♪