ピンクのレーススカートを大人可愛く着回す3Days

休日デートやお呼ばれの日のコーデの定番といえば、たっぷりな甘さが特徴的なピンク×レースの可愛いスカート。一着でも主役級のピンクのレーススカートだからこそ、合わせるアイテムによってスタイリングは大きく変わってきます。今回はひとつのアイテムを可愛いだけでなく、大人っぽく着まわすコーデ術に着目! お洒落な先輩たちの着こなし方を参考に、ピンクのレーススカートに新鮮さを吹き込んでみて。

fashion

出典:WEAR

ピンクレーススカート×白のダッフルコート

楽しみにしていた大切な彼とのデートに着ていきたい! 甘さ漂うピンクのレーススカートと、清潔感のある白のダッフルコートを組み合わせた鉄板デートコーデです。透け感のレース×立体感のあるファーの組み合わせで、女性らしさと可愛らしさがバランスよく中和されているのがポイント。引き締め効果のある黒ニットを一点投入することで、全体がぼやけることなく印象的な装いに仕上がっています。ダッフルコートは可愛いイメージがありますが、ロング丈で縦ラインを強調すれば、カジュアルな印象に傾きます。

出典:WEAR

ピンクはピンクで制す、上級者テクニック

淡いピンクを濃いピンクで重ねた、ピンク×ピンクの上級者コーデです。同じピンク系でも色の濃さを違えると、すっきりと完成されたスタイリングになりますね。シンプルなプルオーバーと組み合わせて、あくまでも主役はレーススカートであることを印象付けて。足元は柔らかな中間色のベージュで整えたら、思わずうっとりしてしまうような女性らしい佇まいに仕上がります。脚元を細く見せたい人は、スカートの色を濃くすると足痩せ効果が狙えますよ♪

出典:WEAR

配色にこだわったピンクメインの甘口コーデ

女友達とショッピングの日は、レーススカートを使って大人な印象のコーディネートに仕上げてみましょう。ショート丈のダッフルコートなら、ファー付きタイプでもレースとの相乗効果でぐっとこなれた着こなしに。コートと足元を同色のベージュで繋いでいるので、コーデ全体がまとまりよくおさまっている配色抜群のコーデに仕上がっています。さらに大人の女性らしく着こなしたいなら、コートを黒やブラウンなどの濃いカラーに切り替えて、甘さを控えたコーデに挑戦してみて。

ピンクはピンクで制す、上級者テクニック

出典: WEAR

淡いピンクを濃いピンクで重ねた、ピンク×ピンクの上級者コーデです。同じピンク系でも色の濃さを違えると、すっきりと完成されたスタイリングになりますね。シンプルなプルオーバーと組み合わせて、あくまでも主役はレーススカートであることを印象付けて。足元は柔らかな中間色のベージュで整えたら、思わずうっとりしてしまうような女性らしい佇まいに仕上がります。脚元を細く見せたい人は、スカートの色を濃くすると足痩せ効果が狙えますよ♪

配色にこだわったピンクメインの甘口コーデ

出典: WEAR

女友達とショッピングの日は、レーススカートを使って大人な印象のコーディネートに仕上げてみましょう。ショート丈のダッフルコートなら、ファー付きタイプでもレースとの相乗効果でぐっとこなれた着こなしに。コートと足元を同色のベージュで繋いでいるので、コーデ全体がまとまりよくおさまっている配色抜群のコーデに仕上がっています。さらに大人の女性らしく着こなしたいなら、コートを黒やブラウンなどの濃いカラーに切り替えて、甘さを控えたコーデに挑戦してみて。

ピンクレーススカート×白のダッフルコート

出典: WEAR

楽しみにしていた大切な彼とのデートに着ていきたい! 甘さ漂うピンクのレーススカートと、清潔感のある白のダッフルコートを組み合わせた鉄板デートコーデです。透け感のレース×立体感のあるファーの組み合わせで、女性らしさと可愛らしさがバランスよく中和されているのがポイント。引き締め効果のある黒ニットを一点投入することで、全体がぼやけることなく印象的な装いに仕上がっています。ダッフルコートは可愛いイメージがありますが、ロング丈で縦ラインを強調すれば、カジュアルな印象に傾きます。

甘口効果抜群のピンクのレーススカートも、組み合わせアイテムによってがらりと印象が変わりますね。乙女心をくすぐる一着だからこそ、“あなたらしく”着こなしてみて。

働くアラサー女性を応援するwebメディア【LiBzLIFE】