膨張色じゃない!職場のファッショニスタは白パンツを履いてます♪

「太って見えそう、夏しか履けない」白パンツはなんとなく1年を通して使いづらいイメージがありますよね。でも、白パンツって、とても万能なアイテムなんです。コーディネートの差し色として入れれば、パッと華やかな印象に。しかも、写真映えも完璧。会社の忘年会など、年末は写真を撮る機会も多くなりますよね。「集合写真で存在感がない」そんなお悩みの方にもおすすめのアイテムです。

fashion

出典:WEAR

ウエストから下を白でまとめる

上半身に白のカラーを取り入れると、顔や胴まわりが太って見えることもあります。シルエットに不安があるなら、靴やボトムスに白を差し色として使ってみましょう。白のカラー自体に抵抗があっても、気軽に挑戦しやすいはず♪ 下半身の太ももやお尻まわりにお悩みがあるなら、ゆったりとしたフォルムの白パンツを合わせると、体形が強調されずすっきりときれいにまとまりやすくなります。

出典:WEAR

初心者さんはベージュ寄りの白から挑戦

「真っ白な色味がどうしても自分に似合わないように感じる、職場で下着が透けそうで怖い」そんな白パンツ初心者さんにおすすめのカラーは、オフホワイトやベージュなど、白をくすませたカラー。真っ白よりも印象が柔らかく、色が主張しすぎないため気軽に挑戦できます。手持ちのベージュのショーツに合わせれば下着が透ける心配もありません。パンツ以外のほかのアイテムを黒やブラウンなどのダークトーンでまとめると、落ち着いた品のある印象に。

出典:WEAR

ウエストにベルトでアクセントを

「白パンツはウエストが太って見えそう」そんな不安を払拭してくれるアイテムがベルトです。ウエストにベルトでアクセントを加えれば、メリハリのあるスタイルに。ベルトのカラーは黒色よりも白パンツになじみやすい、ブラウンやベージュを選んでみましょう。ベルトと合わせてバッグやトップスのカラーをそろえるとより統一感が出ます。

初心者さんはベージュ寄りの白から挑戦


出典: WEAR

「真っ白な色味がどうしても自分に似合わないように感じる、職場で下着が透けそうで怖い」そんな白パンツ初心者さんにおすすめのカラーは、オフホワイトやベージュなど、白をくすませたカラー。真っ白よりも印象が柔らかく、色が主張しすぎないため気軽に挑戦できます。手持ちのベージュのショーツに合わせれば下着が透ける心配もありません。パンツ以外のほかのアイテムを黒やブラウンなどのダークトーンでまとめると、落ち着いた品のある印象に。

ウエストにベルトでアクセントを


出典: WEAR

「白パンツはウエストが太って見えそう」そんな不安を払拭してくれるアイテムがベルトです。ウエストにベルトでアクセントを加えれば、メリハリのあるスタイルに。ベルトのカラーは黒色よりも白パンツになじみやすい、ブラウンやベージュを選んでみましょう。ベルトと合わせてバッグやトップスのカラーをそろえるとより統一感が出ます。

ウエストから下を白でまとめる


出典: WEAR

上半身に白のカラーを取り入れると、顔や胴まわりが太って見えることもあります。シルエットに不安があるなら、靴やボトムスに白を差し色として使ってみましょう。白のカラー自体に抵抗があっても、気軽に挑戦しやすいはず♪ 下半身の太ももやお尻まわりにお悩みがあるなら、ゆったりとしたフォルムの白パンツを合わせると、体形が強調されずすっきりときれいにまとまりやすくなります。

印象を明るく華やかに見せてくれる白パンツは、オフィスだけでなく年末忘年会やパーティーにも活躍するアイテムです♪

働くアラサー女性を応援するwebメディア【LiBzLIFE】