「オーガニックコットン」は肌に優しい?大人の女性として知っておきたいこと

みなさんは「オーガニックコットン」の製品をお持ちですか? ギフト用品として扱われる機会も多く、普通の「コットン」製品よりも高価なイメージがありますよね。良いものなのは何となくわかるのですが……果たして何が良いのでしょう。肌触り? 汗を良く吸う? 実はもっと深い良さがあるのです。普通のコットンと、オーガニックコットンの違いを詳しくお伝えします。

fashion

オーガニックコットンとは?

オーガニック(organic)は「有機の」という意味で、一般的には農薬や化学肥料を使わずに有機肥料(動植物からとれた肥料:堆肥や糞尿など)で生産された農作物のことを言います。オーガニックの認定機関によって定められた基準をクリアする必要があります。

shutterstock_63459484

オーガニックコットン(有機栽培綿)の基準は、「3年以上農薬や化学肥料を使用していない農地で農薬や化学肥料を使用しないで栽培する」です。

普通のコットンは農薬や化学肥料を使って栽培されています。
「農薬や化学肥料?」
少し気になってしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。でも誤解のないように!
栽培されたコットンが私たちの衣類になった時点で、農薬や化学肥料が残っていることはありません。衣類に限らず、そしてコットンに限らず、私たちが身に着けたり、口にしたりするものは全て厳密に検査され、私たちに悪影響を及ぼす残留農薬等は一定の基準で排除されます。

では、オーガニックコットンと普通のコットンは何が違うの?

実は、コットンとしての成分、性能に大きな違いはありません。
「肌にやさしい」や「化学薬品を一切使っていない」などの表記は、厳密には正しいとは言えません。なぜなら、オーガニックコットンを化学染料で染める、または化学薬品で加工する場合もあるからです。加工段階での化学物質の使用は禁止されていない為です。

shutterstock_98349176

オーガニックコットンと普通のコットンの最大の違いは栽培過程での環境負荷です。

shutterstock_376370020

普通のコットンに使われる農薬や化学肥料は土壌汚染や栽培者の健康被害につながります。農薬や化学肥料を使う農作物はコットンだけではありませんが、コットンは他の農作物に比べて農薬の使用量が多いとされています。これを使わずに栽培されるオーガニックコットンは、環境負荷が小さく地球環境や人に優しい、というわけです。

農薬や化学肥料を使用しない分、手間や時間がかかるので、通常のコットンよりも少しだけ高価になってしまうこともイメージできますね。

オーガニックコットンと普通のコットンの見分け方

 見た目ではなかなか違いがわかりにくい「コットン」と「オーガニックコットン」ですが、判別する方法は「表示を確認すること」です。

その製品にどのくらいの割合でオーガニックコットンを使っているかは表示することになっています。また認定機関のラベルも表示されます。一例としてGOTS(Global Organic Textile Standard)オーガニック・テキスタイル世界基準のラベルを示します(日本オーガニックコットン協会HPより)

オーガニック3再

大人の価値判断の一つとして……

 オーガニックコットンは、農薬や化学肥料を使わない分栽培に手間がかかるので、普通のコットンに比べると割高です。でも環境負荷の小さいオーガニックコットンを選ぶことは、以前書かせて頂いた、社会貢献できる「エシカルファッション」の1つの手段です。大人の価値判断として大切にしたいですね。洋服だけでなくタオルなどもありますので、次にタオルを買い替える時にはちょっと気にしてみてくださいね。