きっと失敗しないはず!自宅で洗える「ウォッシャブルウール」

みなさんがお持ちのウールのジャケットやスカートは、家庭で洗濯できますか? もし洗濯ができるなら、それは「ウォッシャブルウール:washable wool」つまり洗えるウールです。普通のウールと何が違うのでしょう? 本当に洗って大丈夫? 安心して洗える秘密をお伝えします。

fashion

ウールが洗濯で縮む理由

shutterstock_67622077

「ウール」は羊の毛ですが、私たちはそれ以外の動物の毛も衣類として身に着けています。
例えばアンゴラ、アルパカ、カシミヤなどです。衣類が何でできているかは組成表示に書かれており、表記の仕方は「繊維製品品質表示規定」に定められています。ウール以外は「毛」または動物名がそのまま記されます。
ウール、毛ともに水で縮むので、多くの場合、取扱い絵表示には「ドライクリーニング」とあります。水を使わないドライクリーニングは縮む心配がないからです。

では、なぜ水洗いで縮むのでしょう。それは、スケールと呼ばれる繊維表面のうろこ状のギザギザが原因です。

shutterstock_247955866

水に浸かるとスケールが開き、これが絡み合って硬くなり縮むのです。
アルカリ洗剤と水流の力が加わるとさらに縮み易くなります。「中性洗剤で手洗い」の表示があるのはこのためです。

ウォッシャブルウールが縮まない理由2つ

1つは、ウール100%ではなく洗える繊維も入っていることです。
中高生の制服はその代表的な例で、ポリエステルという水に強く、乾きやすい繊維が入っていることが多いです。

shutterstock_235942171

2つめは縮まないように加工(防縮加工)されていることです。

shutterstock_85076866

縮む原因はスケールなので、この部分を取り除く事や、うすいフィルム状のもので覆うなどの加工をしているのです。

中性洗剤で洗いましょう!

一口に、「洗える」といっても物によって程度に違いがあります。
洗濯機でも洗えるもの、手洗いだけのもの、ネットに入れるものなど様々です。

まずは取扱い絵表示を確認して下さい。普通の取り扱い絵表示のほかに「洗える」表示がついているものもあります。例を示します。(ウールマークHPより)

マーク

スケールがなくても、ウールがたんぱく質からできた繊維であることに変わりはありません。アルカリには弱いですから、必ず中性洗剤を使ってください。

1ウォッシャブル

ウォッシャブルウールを選ぶという選択

お仕事服のウールジャケットが、これまでよりも手軽に自宅で洗濯できるのは助かります。クリーニングにかかる時間とお金の節約にもなりますし、より清潔に保つことができますよ。是非試してみて下さいね。