オンは上品に、オフは海岸系カジュアルに。この秋は「ぐる巻きブレスレット」と過ごす

今年の秋、流行の兆しをみせる「ぐる巻きブレスレット」。 存在感があるので、ひとつ取り入れるだけでコーデのアクセントに。七分袖のトップスから、ちらりと覗く腕にアクセントとしてつけると可愛いんです。 「オン」も「オフ」も手元のオシャレは抜かりなく。

fashion

オフィスでは、さりげなく上品に

a17

スウェード素材の「ぐる巻きブレスレット」はつけるだけで一気に秋っぽい印象に。
肌の色に近いベージュは主張しすぎないカラーなのでオフィスファッションにもぴったりです。実はベージュのブレスレットは、ブラック、ブラウン、ホワイト、ピンク、ボルドー系、どんな色のトップスとも相性抜群なので、1本目の「ぐる巻きブレスレット」は断然ベージュ♡

a1

上質かつ細めのシルク紐にスワロフスキーをあしらった「ぐる巻きブレスレット」
コーラルピンクはほどよい甘さも残しつつ、品のある女性らしい手元を演出してくれるカラーです。存在感があるので、オフィスでは肌なじみの良い落ち着いたカラーを取り入れるのが浮かないコツ。

紗栄子さんも着用♡ シルク素材で華やかに

a14

女性らしさと大人っぽさを備え持つワインレッドの「ぐる巻きブレスレット」は、パーティーシーンにもおすすめしたいアイテム。
実際にこちらと同じブレスレットを、紗栄子さんがパーティドレスと合わせて着用したことで話題になりました。いつの時代も愛されるコインのチャームは、幅広いファッションと相性抜群。シルクリボンは素材も柔らかく、肌に触れる質感も気持ち良いんです♡

a16

POPな色合いが魅力のシルクブレスレットは、「オフ」のファッションを楽しみたい時にぴったりなアイテム。
自分でぐるぐる巻きつける必要のない、ぐる巻き風のブレスレット。このまま腕に装着するだけで無造作に巻き付けた感じになるので、面倒くさがり屋さんや不器用さんにおすすめです。
ホワイトのトップス×デニムなどに合わせると手元が引き立ちます♡

スウェード素材の「ぐる巻きブレスレット」で秋色

a13

スウェード素材が秋らしい、ボリューム満点の「ぐる巻きブレスレット」。

大きめのクロスチャームにチェーンを絡ませた、手の込んだデザイン。早く秋のファッションを楽しみたいけれど、厚手のニットやブーツを取り入れるのはまだ早い。そんな時こそスウェード素材の「ぐる巻きブレスレット」の出番です! 手元にスウェード素材をプラスするだけでコーデが締まり、全体が一気に秋っぽい印象に。

ぐる巻きブレスレット×ぐる巻きブレスレットの上級者テク♡

a12

ボヘミアンなデザインのぐる巻きブレス。同じデザインの色違いを重ねて更にボリュームを出すという、おしゃれな海外セレブたちが得意とする上級者テクニックです。これだけインパクトがあるブレスレットをつける時は、ブレスレットを主役にしたシンプルなコーディネートがおすすめです。ワンピースと合わせたり、デニムと合わせたり……自分流の合わせかたを楽しんでみてくださいね!

「ぐる巻きブレスレット」とあのアイテムを組み合わせて海岸系に♡

a5

ロンハーマンやwtwなどの「海岸系ブランド」が流行している影響もあり、1年中海っぽいファッションを楽しみたい女性急増中! ざっくりニットやムートンブーツでロコガールっぽいファッションを楽しみたいときは、秋冬でもあえてホワイトの「ぐる巻きブレスレット」を選んで爽やかさをプラス。更に上級者テクニックとして、タトゥーシールで手元を飾ってあげましょう。ホワイトのアクセサリーやタトゥーシールはいまや夏だけのアイテムじゃなくなっているんです。

いかがでしたか!?

夏と比べて柄物やカラフルな洋服を着る機会が減り、落ち着いた色合いが多くなる秋ファッション。差し色として取り入れやすい「ぐる巻きブレスレット」が注目を集めています。今回ご紹介したものは全て5,000円前後で手に入るもの。「オン」も「オフ」も楽しめるデザインがたくさん登場しているので、この秋はぜひ「ぐる巻きブレスレット」に注目してみてくださいね♡

<写真提供> ■BODY★GLITTER