今月は可憐見えOLスタイルにトライしてみない?

毎日のオフィスコーデはどうしてもマンネリになりがち。気づけば動きやすいパンツと楽ちんなトップスが定番スタイルに。「たまには可憐に見せたい」そんな日もありますよね。防寒に走りがちな冬だからこそ今月はいつもより清楚でガーリーなコーディネートに挑戦してみませんか? 今回は1年の終わりの12月を華やかにかわいく見せるおすすめのコーディネートをご紹介します。

fashion

出典:WEAR

黒×ガーリーなら怖くない

「ふわふわのガーリースタイルはオフィスでは浮きそう」そんな悩みを持つ方も多いですよね。かわいすぎるフレアやチュールスカートも黒をチョイスすればシックで落ち着いた印象に。全体を黒でまとめると存在感が強すぎる時にはスカートやニットに光沢のあるものや軽やかに揺れる素材を選ぶことがポイント。バッグに差し色を加えればバランスの取れたかわいさが完成します。

出典:WEAR

王道はファー×ニット

清楚な女性の王道スタイルといえば、ニットワンピにファーコートを合わせたコーディネート。定番モテ色のホワイトやピンクを選ぶのではなく、落ち着いたグレーやベージュを選ぶことで派手すぎず職場に合った雰囲気に。ファーやニットは優しい穏やかな印象を与えてくれるので圧迫感や強さを前面に出したくない外回りの営業や初対面の人との挨拶にも合わせやすいコーディネートです。足元をオフィススタイルらしいきれいめのブーツを合わせることでカジュアルダウンしすぎない表情を生み出してくれます。

出典:WEAR

レトロ気分なオフィスコーデ

モノトーンのチェックやレースのデザインを選べば、可憐な雰囲気を演出できます。オフィスに挑戦しづらいチェック柄も黒×白のモノトーン配色ならカジュアルすぎることもありません。ビジネスの場に合わせるのが難しいレースもインナーに着込んでさりげなく見せることで品よく着こなすことができます。

王道はファー×ニット

出典: WEAR

清楚な女性の王道スタイルといえば、ニットワンピにファーコートを合わせたコーディネート。定番モテ色のホワイトやピンクを選ぶのではなく、落ち着いたグレーやベージュを選ぶことで派手すぎず職場に合った雰囲気に。ファーやニットは優しい穏やかな印象を与えてくれるので圧迫感や強さを前面に出したくない外回りの営業や初対面の人との挨拶にも合わせやすいコーディネートです。足元をオフィススタイルらしいきれいめのブーツを合わせることでカジュアルダウンしすぎない表情を生み出してくれます。

レトロ気分なオフィスコーデ

出典: WEAR

モノトーンのチェックやレースのデザインを選べば、可憐な雰囲気を演出できます。オフィスに挑戦しづらいチェック柄も黒×白のモノトーン配色ならカジュアルすぎることもありません。ビジネスの場に合わせるのが難しいレースもインナーに着込んでさりげなく見せることで品よく着こなすことができます。

黒×ガーリーなら怖くない

出典: WEAR

「ふわふわのガーリースタイルはオフィスでは浮きそう」そんな悩みを持つ方も多いですよね。かわいすぎるフレアやチュールスカートも黒をチョイスすればシックで落ち着いた印象に。全体を黒でまとめると存在感が強すぎる時にはスカートやニットに光沢のあるものや軽やかに揺れる素材を選ぶことがポイント。バッグに差し色を加えればバランスの取れたかわいさが完成します。

女性だからこそキュートでガーリーにまとめたい気分の日もありますよね♪ 大人の女性だからこそ表現できる上品で可憐なコーディネートに今月はトライしてみませんか?

働くアラサー女性を応援するwebメディア【LiBzLIFE】