秋のピンクはどう使う?ピンク好きなら試したい秋ネイルデザイン

一歩間違えると春っぽくなりがちで、子どもっぽくもなりがちな「ピンク」。でも、洋服にも合わせやすいし、オフィスにだって合わせやすいし、万能カラーだからこそ一年中楽しみたいもの。いつものように爪先をピンクにしたら「なんか季節感なくなっちゃたな」なんて時ありませんか? 同じピンクでも、合わせるものによって春っぽくなったり秋っぽくなったりするから不思議です。今回は、秋冬に上手に楽しみたい「いつものピンクで秋ネイル」のポイントをご紹介しますね。

beauty

合わせる色を変えてみよう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

例えば柔らかピンク。透明感のある優しいピンクは、男性にも女性にも好評で大人気カラーの一色です。ホワイトやゴールドを合わせるとかわいさ二重奏♡ 一気に「かわいいビームを出せる指先」に変身できてしまいますが、ちょっと春っぽいかも? 冬に付けてもおかしくはないですし、かわいいは揺らぎませんが、少しだけ季節感を入れたいなら足し色を変えてみましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同じピンクに今年トレンドのパープル系をプラスするだけで「春っぽさ」がダウンします。「かわいい」感も少しだけ薄れた雰囲気。暖色系の淡いカラーに寒色系を合わせてトーンダウンさせたのですが、この時に「淡いカラー」に「濃いカラー」をプラスすると、主役が「濃いカラー」の方になってしまいます。あくまでも、淡いピンクを主役にしたいなら、合わせる寒色系カラーも同じくらいの淡いカラーをセレクトするのが主役をずらさないポイントです。

デザインで季節を表す

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カラーはお気に入りを使いたい! でも、季節感は出したい!という時はデザインで季節感を取り入れても。明るめで春夏っぽいピンクも、チェックやアーガイルなどの冬デザインをプラスすれば一気に「秋冬のピンク」に変身します。

AirBrush_20160914013556

秋といえばレオパードも出番の多いデザインです。1本レオパード柄が入るだけでも秋っぽく感じるのが不思議ですよね。ブラウン系のレオパードは派手さが魅力ですが、合わせをピンクにしてピンクレオパードにすると「秋っぽさ」と「かわいさ」の両方を上手に取り入れることができます。

秋色を多めにプラスしてみる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いつもなら、ゴールドやホワイトなどの色を合わせがちなピンク。相性がいいからついつい合わせたくなってしまいますよね。でも、合わせるカラーで秋冬を多めにしてみると……

AirBrush_20160914013648

一気に秋冬ピンク感UPです。つい、ゴールドやホワイトのラインを入れがちな部分に秋色ブラウンのラインを入れて、つい、パールやピンクのストーンを合わせてしまいそうなところに、ブラウンのストーンとくすんだパープル系のストーンを並べました。ちょっと見えにくいですが、周りのホワイトの指にも少しだけブラウンのジェルを垂らしてあります。

AirBrush_20160729032900

ラインストーンの効果というのは本当に不思議で、同じようなピンクカラーでもブルー系を合わせると一気に「夏」感全開になります。

小さな一粒ではありますが、ここの色合いを変化させるだけでも四季を表せてしまう部分なのです。

キラキラさせないでいてみる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ネイルといえば「キラキラ」です。ネイルを楽しむのにキラキラさせないなんて!!とつい思ってしまいますが、キラキラをお休みすると、あら不思議。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

急にはじけた感じがなくなって、しっとり秋冬カラーに。少しだけブラウンが入っているのが特徴ですが、今年はくすみ系カラー大人気の一年。来年はくすみ系人気も落ち着いてしまうかもしれませんので、楽しむなら今年の方がいいかも? 秋冬だからこそ試しやすい「くすみ系カラー」ですので、せっかくならキラキラもお休みして、思いっきり秋冬デザインを楽しむチャンスです。

秋冬カラーはボルドーだけじゃない

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

秋冬カラーというと、ボルドーやブラウンを思い浮かべがちですが「こっくり系」カラーはもう少し秋の深まりまでとっておいて、まだ夏の名残りのようなカラーで「秋の入り口」を楽んでもいいような季節ですよね。銀杏が黄色に染まるまでは「いつものカラーで少しだけ秋」のネイルおすすめです。