ハンドペイントで、繊細ネイルの世界。働く女性の手元を上品に彩ります

プロネイリストならではの、ハンドペイントアートの世界。 ハンドペイントは同じ図柄でも全く同じになることはないのがその魅力。誰ともかぶることもなく、ネイリストならではのプロの技術で描かれる繊細で上品なデザインはオフィスにもぴったり。 シールなどでは出せない細いラインや、色のムラで作る花びらなど、ハンドペイントの魅力は多種多様です。

beauty

線と点で繋げて、繊細な指先に

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何かネイルアートをしたい。でも、派手にはしたくない。そんな気分の時は「線と点」だけで描く世界がおすすめです。
ラメで描くラインも、細く仕上げれば繊細な輝きに。
ネイルシールではこの細さのラインはなかなか表現しにくいので「繊細なライン」を求めたい日は「ハンドペイントですごく細いラインを入れたい」とオーダーしてみてくださいね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラインストーンを付ければ華やかさもプラスできますし、ラインストーンがなくても上品なネイルアートに仕上がります。

花びらの自然な重なりが美しい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自然な透け感や、にじみ出るような色合いの花びらのアートなどは、ハンドペイントの一番の魅力といってもいいくらい。ハンドペイントの透け感やにじみ感を愛する方は、必ず花柄をセレクトされるかもしれません。くっきりしすぎず、厚みも出すぎず、主張も強くないネイルアートは大人の指先にはぴったり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色むらといってしまえばそれまでかもしれませんが、天然のお花だって色んな色が重なり合って出来上がっています。均一な仕上がりにはない「天然の色合い」が出せるのがペイントアートです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

くっきりしたイエローやピンクを使いたい気分だけど、くっきり塗ると派手すぎる……。そんな時は、にじみを活かしたハンドペイントはいかがでしょうか?

レースネイルといえばやっぱり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ハンドペイントで描くネイルアート」の中でも断トツの人気No.1はやっぱりレースのネイル。ネイルシールにはないような複雑な柄でも、オリジナルの柄でもなんでもデザインにできてしまいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レースのお洋服に合わせたデザインにしたり、お気に入りのハンカチの柄にしたり、レースネイルの楽しみ方は様々。今年はレースのお洋服が人気だったせいもあって、お洋服のデザインに合わせたレースネイルのオーダーが多めでした。レースの指先はベースの色を控えめにすれば、スーツやパンプスにも似あうのでオフィスネイルにもぴったりなんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウエディングネイルでも出番の多いレースネイル。
シンプルだからこそ合わせる洋服も選びませんし、爪が短くても長くても合わせやすく、誰でもチャレンジしやすいデザインです。

AirBrush_20160914005109

もちろん、秋冬カラーにだってかわいいレースネイル。季節を問わずに色んなレースデザインを楽しめます。

絵の具で描くか、ジェルネイルで描くか

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハンドペイントアートは、ネイリストさんによっても描き方は違いますし、ジェルネイルで描くのかアクリル絵の具で描くのかによってもデザインが変わってきます。透け感を多く表したい時はアクリル絵の具の方が適していますが、発色を強く残しつつ透け感を楽しみたい時はジェルネイルで描く方がくっきり感を感じます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

既存のパーツにはない色合いやデザインが気分を一新してくれるはず。今までペイントアートを試してみたことがなかった方は、この秋にぜひ試してみてくださいね。