周りの目が気になる?センス良くまとまるパールビジューネイルの仕上げ方

今、注目されている”ビジューネイル”。 アクセサリーの代わりになるくらい輝きがあり、素敵です。シンプルなネイルにあわせると、華やかになり印象的な手元を演出できます。でもオフィスでは少し派手すぎて悪目立ちしてしまいそうで心配かも!? 「ちょっと気になる」気持ち、よくわかります。こんな時は目立ちすぎないビジュー代表のパールをメインにすると大人っぽい印象になってオフィスでも楽しめますよ。秋から冬にかけて大活躍の大人のパールデザインのポイントをお伝えします。

beauty

パールだけで清楚な仕上がりに

ラインストーンをたくさん使ってしまうと、キラキラしすぎて目立ち気味に。清楚に仕上げたい時は、パールのみを使用したデザインがおすすめ。少し大ぶりのパールでも強弱をつければ華やかに仕上がりますし、一列に並べることで指長効果もばっちりです。

IMG_20160915_154957-02

丸い球体のパールもステキですが、半球のパールでも大き目ならインパクトがあっておまけに安定感もあるので、取れにくく安心して楽しむことができますよ。

コーナーにまとめてボリュームアップ

IMG_20160906_172800-01

さらに控えめに仕上げたいときは、小さ目のパールを爪のコーナーに。三角形になる様に組み合わせると、センス良くまとまります。
ボリュームは出ますが目立ちすぎずに、上品な華やかさをプラスしてくれます。ベースのカラーもシンプルに少し白めのパールベージュにするとパールと良く馴染みます。シルバーのホイルをプラスするとさらに華やかになってキリット引きしめてくれますね。ほんの少しキラキラしても大丈夫ならパールの下の隙間にラインストーンを差し込むように飾ってみましょう。角度によってキラっとして指の動きがきれいに見えるのでおすすめです。

パールの丸みがかわいい

パールの丸い形の可愛さを生かして、ポンと置いてみましょう。

IMG_20160915_184420-01

爪の上にポコッと出ていてシンプルだけど印象的な指先になります。パールが大きすぎると悪目立ちして残念。爪の横幅1/3~1/4位の大きさのパールがおすすめです。パールだけでも良いですが間にラインストーンを挟むと安定して取れにくくなります。

癖になるかも

大きなパールのデザインの組み合わせは無限大です。ストーンだけよりパールと組み合わせることでやさしい印象になるのが不思議です。大きさや形を工夫すればオフィスでも楽しむことができます。

IMG_20160916_141927-01

少し出ているので存在が気になりますが、髪の毛が引っかかる様なわずらわしさは無いので安心してお試しください。薬指に付けるのが邪魔になりにくいのでおすすめですが、小指に付けてピンキーリングの代わりにするのも良いかも。ちょっと疲れたときにポコッとしたパールがかわいくて癒し効果も抜群です。

<syl.van>NAIL SPACE syl.van