気軽におうち呑みを楽しもう☆ 豚肉のソテー~梅味噌添え~

「さあ、帰るぞ!」と、デスクを立って19時。電車に乗り、スーパーに寄り、家に着くと、あっという間に20時過ぎ。そこから料理、後片付けをして…と考えると、素敵な晩酌タイムなんて、遠い夢のように感じられるかもしれません。会社…

gourmet

「さあ、帰るぞ!」と、デスクを立って19時。電車に乗り、スーパーに寄り、家に着くと、あっという間に20時過ぎ。そこから料理、後片付けをして…と考えると、素敵な晩酌タイムなんて、遠い夢のように感じられるかもしれません。会社勤めをしていると、どうしても通勤時間に振り回される生活になってしまいますよね。
けど、作れるんです。時間も、おつまみも。少しの材料と組み合わせ次第で、おうち呑みの楽しさは無限大なんです! 平日におうちで晩酌をしながら、贅沢な時間を楽しんでみませんか?

 

調理時間は15分! つまみやすい形も大事です

おつまみは、ついつい手を伸ばしたくなるかたちが大事。たくさん作る必要はありません。さっと作って、ゆっくり食べる。これがおつまみの醍醐味なんですから。
お酒との組み合わせも考えたら、おうち呑みがぐんと楽しくなります。薬味や漬けだれを足して、味に変化をつけるのも楽しいですよ。今回は、ポークソテーやとんかつに使用される豚ロースを使って、日本酒やビールに合うおつまみを紹介します。豚の脂の甘さと、梅干しとごま油を加えた味噌だれが相性バツグン。一口大に切って盛り付けるので、つまみやすく、箸が止まらなくなりますよ。

レシピ

<材料/1~2人分> 調理時間:15分
● 豚ロース肉(とんかつ用) 1枚
● 塩
● 胡椒
● サラダ油 小さじ1
● 大葉 3枚
[A](梅味噌)
● 味噌 大さじ1
● 梅干し(種を取りみじん切り) 1個(サイズ大)
● 砂糖 小さじ1
● 酒 小さじ1/2
● ごま油 小さじ1

★下準備
・豚ロース肉はあらかじめ冷蔵庫から出し、常温に戻しておく。
・大葉は千切りにする。

[1]豚ロース肉の脂身と赤身の境目を筋切りする。
(包丁の刃先を肉に対して垂直にして、1cm程度の深さの切り込みを入れます。3cm程間をあけ、何ヶ所かに切り込みを入れると、肉の縮みを防き、やわらかく仕上がります。)
両面に塩・胡椒を揉み込み、下味をつける。

[2][A]を混ぜておく。
※梅干しの種類により、砂糖の量は調整する。

[3]フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、豚ロース肉を約2分間焼く。
焼き色がついたら裏返して蓋をし、約3分蒸し焼きにする。
火からおろし、一口サイズに切り、皿に盛る。
[2]と大葉を添える。

 
 

アレンジは自由自在! ごはんに乗せてもウマイんです!!

pork_02

このレシピ。実はごはんに乗せてもおいしいんです。ごはんに、千切りにした大葉とごまを混ぜ込んだり。疲れている日には、酢飯にしてみたり。刻んだたくあんをごはんに混ぜてもおいしいですよ。

 
 

1日の終わり。おうちで素敵なひとときを

おうち呑みを楽しむコツは、いろいろと試してみること。ぜひ、いろんなアレンジとの組み合わせを楽しんでみてくださいね。