ぎりぎりはNG!いつ送ればいいの?年末のご挨拶メール例文と注意点

早いもので今年も残すところわずか。「良いお年を」という挨拶も聞こえてくる頃になりました。お取引先やクライアント様へ一年間の感謝をお伝えするのがビジネスマナー。気が利くなと思われるメールを送り、直接ご挨拶に行けなくても、相手に気持ちを伝えましょう。

work

最終営業日より、余裕をもって連絡を!

年末の挨拶メールを送るタイミングは、年末ぎりぎりではなく、余裕をもって送るようにしましょう。なぜなら、最終営業日と年明けの始業日をお知らせする意味も兼ねているからです。暦によりますが、12月20日~26日頃。最終営業日から数えて1週間前くらいのタイミングがベストといえます。

年末の挨拶メール例文

ここでは、お取引先の担当者、クライアント個人へのメールの挨拶文例をご紹介します。
ポイントは、
・一年間の感謝を伝える
・来年への抱負を入れることで、お付き合いのお願いをする
・健康や繁栄を祈る言葉を結びとする
・年末年始の営業日、緊急連絡先の共有
を書くことです。

************************
件名:
【㈱LiB】年末のご挨拶
年末年始の営業のご案内【㈱リブ】
(内容が一目瞭然の件名にしましょう)

本文:
株式会社○○ ○○部
○○様

いつも大変お世話になっております。
株式会社○○の○○です。

早いもので今年も残すところわずかとなりました。

○○案件の折には◯◯様にお力添えいただき、ありがとうございました。
○○プロジェクトをご一緒でき、私自身もとても勉強になりました。
(プロジェクトや、一緒にお取り組みした案件の振り返り)

来年はより一層お役に立てるよう励む所存ですので、
引き続きご厚情を賜りますようお願い申し上げます。
(来年の抱負とお付き合いのお願い)

時節柄、ご多忙のことと存じます。
くれぐれも体調などお崩しになられぬようお気をつけくださいませ。

メールで恐縮ではございますが、年末のご挨拶とさせていただきます。

どうぞよいお年をお迎えください。
新年も何卒宜しくお願いいたします。

※なお、弊社の年末年始休業期間は下記のとおりです。
(年末年始休業期間) 12月○○日(○)~1月○日(○)
新年は1月○日(○)○:00より営業開始となります。

何かありましたら○○○-○○○○-○○○○(○○携帯)まで宜しくお願いいたします。
(新年の営業開始日は、社内イベントなどで顧客対応ができないケースもあるので、通常営業時間を記載すると丁寧です。また、会社携帯がある場合は、緊急連絡先も記載しておきましょう。)
************************

忙しい年の瀬、年末年始の挨拶メールのタイミングとポイントをつかんで、今年一年を締めくくる挨拶にしましょう。