罪悪感ゼロ!ダイエット中も怖くない【簡単】スイーツレシピ「ゼリー」

「ダイエット中でも甘いものが食べたい!」「ついコンビニスイーツに手が出てしまう!」そんな経験はありませんか? ダイエット中はとにかく我慢が必要になってくるイメージがありますが、太る原因に合わせて対策さえとってあげれば、スイーツを食べながらストレスなくダイエットを続けることができます♪ その鍵となるのが“糖質”です。罪悪感なくスイーツが楽しめるよう、糖質をしっかりコントロールした自作スイーツを作ってみましょう! 第一弾はラクラク簡単♪ ゼリーレシピをご紹介します。

gourmet

糖質コントロールの秘密兵器!

そもそもどうして砂糖はダイエットに向かないのでしょうか? それは、血糖値への影響が関係しています。血糖値が急激に上昇すると、それを抑えるためにインスリンが分泌されます。インスリンは血糖値を下げる働きだけではなく、脂肪を蓄える作用もあるため、結果的に血糖値が急上昇する食べ物を摂取してしまうと、脂肪がつきやすくなってしまうんです!


砂糖は血糖値を急激に上げてしまう甘味料になります。そこで大切なのが糖質コントロール! 砂糖の代わりとなる秘密兵器が「ラカントS」。植物由来の甘味料で、カロリーゼロ&糖類ゼロというダイエットにぴったりの製品です♪ エリスリトールという糖アルコールが含まれますが、この糖は摂取しても体内で代謝されるほとんどが尿として排出されるそうです。そのため、糖質が実質ゼロになります!

簡単に作れる紅茶ゼリー♡

【材料】
・お好みの紅茶の茶葉orティーバッグ
・粉ゼラチン  適量
・水      適量
・ラカント   お好みの量

 使用する粉ゼラチンの表記に合わせお湯を沸かす
  ★クックゼラチンであれば一袋で250~300mlの水


 お湯が沸いたら1度火を止め、紅茶を抽出します。
  ※少し濃い目に抽出してあげるのがポイント!

 抽出が終わったら、ラカントで味を調える。
  ※甘すぎるかな?という量で丁度良いです! 
   固まると少し味が薄くなるので、甘めに作りましょう。

 1度80度以上まで沸かしてゼラチンを混ぜる

 あら熱をとり、容器にうつす。
 
 ふんわりとラップをかけ、冷蔵庫で冷やす。

水の量は、粉ゼラチンのパッケージに記載された量で調整してください。水を多めにすればプルプル、少なくすれば固めのゼリーが出来上がります。普通に飲むときよりも濃い目(紅茶の抽出&甘さ)にしてあげるのがポイントなので、自分の好みの味プラスアルファぐらいに味を調えるようにしてください♪

完成後はそのまま食べても良いですし、クラッシュゼリーにして牛乳と混ぜてあげれば、ミルクティー風クラッシュゼリーにアレンジできますよ!

【アレンジ編】好みのゼリーを作ってみよう♪

今回は紅茶のゼリーを紹介しましたが、他にもアレンジをすることができます。
作ってみて美味しかったアレンジをご紹介するので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

《純ココア》
砂糖が使われたココアではなく、純ココアとラカントで作るようにしてください。
水+純ココアは濃厚なガトーショコラ風、牛乳+純ココアはチョコプリンのような仕上がりになります!
まだ作ったことはないのですが、同じイメージで抹茶を使ってみるのも美味しいのではと思っています。

《コーヒー》
コーヒー豆の種類によって様々な味を楽しむことができます! こちらも紅茶のように、クラッシュして牛乳をかけてあげればカフェオレ風になります♪

《ハーブティー》
種類によってイマイチなものもありますが、ローズヒップハイビスカスなどが美味しかったです。

小腹がすいたときに

少しお腹がすいたけど間食はNG、甘いものはNG……。ダイエットのためにと思っても、我慢ばかりではストレスこそダイエットの大敵になります! ただ制限するのではなく、なぜダイエットに向かないのか、その原因やメカニズムをしっかりと理解して対策をとれば、間食もスイーツも敵ではありません。

自作するのはめんどうに感じるかもしれませんが、美味しく楽しく罪悪感ゼロでダイエットをするためにも、ぜひ1度作ってみてくださいね♪

働くアラサー女性を応援するwebメディア【LiBzLIFE】