タイツの冬こそ要注意!デリケートゾーンの正しい洗い方

突然ですが、皆さんはデリケートゾーンのケアをしていますか? 汗をかく夏だけでなく、意外にも冬こそケアが大切! 防寒対策に厚手のタイツや重ね着をしていると、デリケートゾーンがムレムレ状態なんです。お仕事中でも、急な彼とのデートでもささっと出来るケア方法もご紹介。

beauty

毎日のスキンケアに、膣まわりのケアもプラスして

日本人の女性は、髪の毛から爪の先まで、スキンケアもメイクアップも手をかけているのに、デリケートゾーンのケアについては無頓着な女性が多くて、先進国のなかでも意識が低い方なのだそう。

デリケートゾーンは、雑菌が繁殖しやすく、かゆみやにおいなどのトラブルが起こりやすい部分。ベストな状態を保っていないと、ムレやかゆみの症状から、ホルモンのバランスが崩れてしまったり、膣カンジダなどを発祥してしまうことも。

女性にとって、とても大切な場所だからこそ、毎日顔を洗い、スキンケアをするのと同じように、手をかけてケアをしましょう。

デリケートゾーンケアの基本方法


まずは、きちんと「清潔」な状態にすることが大切。必ずデリケートゾーン専用の刺激の少ないソープを使って。刺激を与えすぎたり、洗いすぎは厳禁。ボディタオルなどは使わず、清潔な手で優しく洗います。

アンティーム フェミニン ウォッシュ(デリケートゾーン専用リキッドソープ) 120ml ¥2,000(税抜)

アンティーム フェミニン ウォッシュは、和漢植物エキス配合・日本製のデリケートゾーン専用リキッドソープ。肌本来がもっている常在菌やうるおいはキープしたまま、気になるニオイやかゆみのもとである恥垢(ちこう)をすっきりと洗い上げてくれます。爽やかな精油の香りで、気分までリフレッシュ。

次に大切なのが、デリケートゾーンの「保湿」。

お風呂からでたら、顔やボディの保湿の前に、まっさきに膣まわりにローションやクリームを塗って、乾燥を防いで。このとき、しっかりタオルで水分を拭き取らなくてもOK。残っている水分と保湿成分が乳化するし、ふっくらと保湿してくれます。


アンティーム ホワイトクリーム(デリケートゾーン専用保湿&美白クリーム) 100g ¥2,600(税抜)

保湿のローションやクリームもデリケートゾーン専用のアイテムを選んで。
アンティーム ホワイトクリームは、美白と保湿の両方が期待できるクリーム。Vラインのほか、ワキ、乳首など気になる黒ずみに使えます。膣まわりの乾燥を防ぐことで、萎縮の予防や改善にもなるのだそう。

外出先でもケアを忘れずに

働く女性ならぜひ合わせて持っておいてほしいのが、携帯用デリケートケアシート。朝から夜まで働いていたり、ヨガやジムの帰り、急な彼とのお泊りに、外出先でもさっと拭くだけで手軽にケアできるシートです。生理中のムレやニオイが気になるときにもおすすめ。使用後はそのままトイレに流せるのも楽ちん。


アンティーム ハイジーンシート(デリケートゾーン用シート状洗浄料) 12枚入り 1500円(税抜)

植物成分が中心の優しい処方なので、風邪などでお風呂にはいれないときに、髪やボディを拭くのにも活用できます。

女性のからだで、大切な場所だから……デリケートゾーン専用のアイテムで、正しくお手入れしましょう。

情報詳細
INTIME ORGANIQUE(アンティームオーガニック)

公式サイト

働くアラサー女性を応援するwebメディア【LiBzLIFE】