迷惑カップル発見!あなたは大丈夫?彼氏との過剰ラブラブ注意報

あなたは公共の場でイチャイチャしている人を見て、どう思いますか? イラっとする人、特に何とも思わない人、微笑ましいと思う人などさまざまでしょう。カップルのありかたはそれぞれだけど、できれば周りに迷惑をかけたくないもの。今回は、めちゃコミックが「公衆の前でのイチャイチャ」についてアンケートした興味深い結果をご紹介します。

trends

意外と“自分のこと”だったりして!

着きあいたての彼、大好きな彼と一緒にいると、普段ならしないような行動をしてしまっていませんか? 二人きりの時間だけでは足りなくて、気づけば公共の場所でも無意識のうちに周りもびっくりの行動に出ていたりして……。電子コミック配信サービス「めちゃコミック(めちゃコミ)」が、会員を対象に、「イチャイチャ」に関する興味深いアンケートを行いました。「こんなカップルいるいるー!」と客観的に思えるか、「私のことだ……」と反省するか、あなたはどちらですか?

<調査概要>
・調査時期 :2018年10月30日(火)~2018年10月31日(水)
・調査方法 :インターネット調査
・調査人数 :2,043名(女性:1,880名 男性:163名)
・調査対象 :めちゃコミック会員
「めちゃコミック調査レポート特設ページ」

【1】公衆の前でイチャイチャできるのは4人に1人!

まず、「公衆の前でイチャイチャできる?(したことある?)」と言う質問には、25%が「できる(したことがある)」と回答。なんと4人に1人は、イチャイチャができる・あるいは過去にしたことがあるそうです。なぜイチャイチャしたいのかというと、こんな理由が挙げられました。

「どこでもイチャイチャしていたいから」確かに、好きな相手とくっついていたらドキドキしたり、安心したりしますよね。また、「他人の目は気にならない」「誰かに迷惑をかけるわけではない」と、他人を特別気にすることはない、というような声も多く見られました。迷惑にならない程度のイチャイチャでしたら問題ないという考えはうなずけます。
次に、「イチャイチャできない(したことがない)派の理由がコチラ。

「公衆の面前なので恥ずかしい」という恥じらいの気持ちの他、「周りが見えずに周囲に迷惑をかける」「不快に思う人もいそう」と、周囲の人に配慮するという回答が並びました。

ちなみに男女別で見ると、「イチャイチャできる(したことがある)」と回答したのは、男性が32%、女性が25%と差が見られました。

男女関係について自身の体験も踏まえながら赤裸々に語り、Twitterでは約14万人からフォローされている、現在「めちゃコミック」でも「来世ではちゃんとします」(いつまちゃん/集英社)「スタジオデルタのこじらせた大人たち」(いつまちゃん/集英社)を配信中の漫画家・いつまちゃんに、上記のような回答結果になった理由を聞いてみました。

「人前でイチャイチャ出来ると答えた男女比について、男性の割合が高いのには、さまざまな理由が挙げられます。女性が相手の内面(振る舞いや学歴、経済力等)に惹かれがちなのに対し、男性はパッと見の魅力を重視するので「こんないい女と俺は~」的な感じで見せつけたい、ということがまず一つ。

加えて男性の方が性衝動が強いにも関わらず、異性から性的に受容される際の難易度が高いので、「異性から受容された価値ある男ですよ」というアピール欲が出ているのかもしれませんね。まあ全員がそうでは無いのでしょうが。」(いつまちゃん)

【2】他人のイチャイチャ、「気にならない」が半数。

それでは実際に世間では、どんなイチャイチャが繰り広げられているのでしょうか? 公衆の面前で見たことのある、驚きのイチャイチャエピソードを教えてもらいました。

・「運転中、目の前を走っていた車が信号待ちの度にキスしたりとイチャイチャしていた。街中でイチャつくのは別に構わないが、運転中は危ないから止めてくれと苛立った」(25歳/女性/無職)

・「遊園地の乗り物に並んでいるときに、口移しでお菓子の食べさせ合いをしていました」(29歳/女性/公務員)

・「朝出勤するときに路地裏でめっちゃキスしてたカップルが、退社のときも同様にイチャイチャしていた。何時間してんだよ、と思った」(29歳/男性/会社員)

・「県営のプール。流れるプールのところで1つの浮き輪に入っているカップルがいて、その浮き輪の中でイチャイチャしていた」(31歳/専業主婦)

なお、ここでは書けないくらいに度の過ぎたイチャイチャを繰り広げていたカップルもいました。こんな場に偶然居合わせてしまったら、どんな反応をすべきか少し困ってしまいますね。

そんな他人のイチャイチャに関してどう思いますか? という質問には、半数が「気にならない」と回答。皆さん心が広いようで、多少のイチャイチャは見過ごせるようです。しかし、40%が「イラっとする」とのこと。

イライラ派について、特にイラっときたイチャイチャカップルについての回答は……。

・「夕暮れの海沿いのベンチで人目をはばからずキスをしているカップルを見た。とても驚いたが、もっと驚いたのがそのカップルが自分よりはるか年上の、推定アラフォーカップルだった。若ければ“若気のいたり”だったのかもしれないが、さすがに気持ち悪かった」(34歳/専業主婦)

・「50代くらいのカップルが、いきなり駅のホームでなかなかなディープキスをし始めた。目を反らすだけでは耐えられず、気分が悪くなった」(36歳/女性/会社員)

・「あるテーマパークで、美男美女でもないカップルが歩きながらキスをしていた」(27歳/女性/公務員)

・「昔、喫茶店でバイトしていた頃。隅っこの席で向かい合って座っているカップルがいた。見つめ合い、指を絡めて握りあって……閉店までずーっと二人の世界にいました。その二人の容姿が美男美女なら微笑ましかったのに、残念! そうではなかったので、見ていて痛々しかった…」(48歳/女性/会社員)

どうやら「ある程度年齢を重ねているカップル」「美男美女ではないカップル」のイチャイチャは、受け入れにくい方向にあるそうです。こちらについて、いつまちゃんにお話を聞いてみました。

「人は若さに寛容です。学生同士のイチャイチャは少女漫画を見ているようで、一瞬反感を覚えてしまっても『若さだな』と思い許せるのでしょう。
逆にある程度年齢を重ねた方の人前でのイチャイチャに対しては、大人なのに場所をわきまえられないほどテンションが上がっていることに対し、異質さを感じてしまうのかもしれません。

また、容姿端麗な役者さんたちのラブシーンが世の中に溢れているので、美男美女で華があるカップルには、一種のエンターテイメント性があるとして許せるのではないでしょうか。でも、普通の容姿のカップルだと、逆に生々しさを感じて嫌悪感を抱くのかもしれません。」(いつまちゃん)

また、「自分もイチャイチャする」派の人は、「自分はイチャイチャしない」派の人よりも、他人のイチャイチャについて「イラっとする」と答えた人が20%以上も少ないという結果になりました。

また「恋人・配偶者の有無」によって結果を見てみると、恋人や配偶者がいない人は半数が「イラっとする」と回答したのに対し、恋人や配偶者がいる人は「気にならない」と答えた人が55%と一番多い割合になりました。

「自分自身もイチャイチャする」という人や、恋人や配偶者がいるという人は、公衆での他人のイチャイチャも許せる傾向にあるようです。一方で、自分はイチャイチャしているけれど、他の人がイチャイチャしているのを見ると「イラっとする」という方が20%いるのは驚きの結果でした。

【3】イチャイチャの基準は?

具体的に、他人から見たイチャイチャってどこから? ということは気になるはず。一般的には、下記のような行為が「イチャイチャ」にあたるようです。

やはり「キス」「抱き合う」が圧倒的にトップでした。しかし、「腕を組む」「手をつなぐ」など、ボディタッチ系が多い中で「見つめ合う」が4位にランクイン。なぜ「腕を組む」「手をつなぐ」などより「見つめ合う」行為がイチャイチャしていると感じるのでしょうか?

「見つめ合いはボディタッチより格段にディープなイチャつき行為です。」

ここまで来ると、他人への見せつけという意思はなく、彼らは今二人だけの世界にトリップしています。外なのに! 公共の場なのに!! トリップしてんじゃねーーーー!! と、無自覚な見せつけにイラッッとしてしまうのでしょう。少なくとも私はそうです。指を噛んでこらえて家で泣きます。」(いつまちゃん)

次に、イチャイチャされるとイラっとする場所についても調査しました。

イチャイチャカップルがよく出没する代表スポット、「電車の中」「駅のホーム」がトップになりました。「電車のドアの前に立っていたカップルがずっと見つめ合いながらチュッチュしていた。自分がその場から逃げられない状況で、何分も一緒の空間にいなければいけないのが苦痛だった」(36歳/女性/パート)とあるように、「逃げ場がないから」というのが大きな理由の一つのようです。

駅や電車内での困ったイチャイチャについて、皆さんに聞いてみました。

・「電車で乗ってる人が、自分と真っ正面のカップルのみ。自分が寝てると思ったのか、目の前のカップルは手を繋ぎ、見つめ合い、キスをし始めた」(21歳/男性/会社員)

・「満員電車で、みんなその電車に乗るために押し合いになっているのに、扉の内側と外側でずっとキスをしているカップルがいた。さすがに迷惑すぎる」(33歳/女性/パート)

電車の中や駅前など、大勢の人がいるにも関わらず大胆なカップルが多いようですね。人前でイチャイチャしたくなるカップルの心理としてはどんなものがあるのでしょうか?

「カップルのうちどちらか一方、または両方が、思春期の頃に満足な恋愛経験をしてこられなかったのではないでしょうか。
例えば同じお金持ちでも、もともと裕福な暮らしをしていた人より、途中から大金を手にした成り上がりのほうがお金の使い方が派手です。外車に乗ったりブランド物を身に着けまくったりして、経済力を見せつけてくる傾向にあります。

冴えないカップルが外でイチャイチャしがちなのも上記と同じ理由で、ある種のコンプレックスや、急に得られた幸福感に対し、抑えが効かないのではないでしょうか。大抵の美男美女は、高校生あたりの頃には外でイチャつく経験を終え、そうした行為はわきまえていると思うので……」(いつまちゃん)

【4】イチャイチャには思わぬリスクも!?

人によってイチャイチャの基準や感じ方は違いますし、自分たちがいつ「イチャイチャカップル」に認定されるかわかりませんよね。そこでイチャイチャ経験者に、失敗談を聞いてみました。

■自宅付近でイチャイチャしてたら……

・「家の前でキスしたら、親が見ていた」(25歳/女性/会社員)

・「自宅の近くで別れがたくて、猫撫で声でまだ離れたくない~(;_;)とイチャイチャしてたところを親に見られました……。もう爆発したいくらい恥ずかしかったです」(35歳/専業主婦)

親兄弟に見られるのって一番恥ずかしいですよね。送ってもらって名残惜しいのはわかりますが、クールに立ち去るようにしましょう。

■友達の裏切りに合う

・「駅のホームで一時間ほどディープキスしていたら、それを友人に見られて拡散された」(男性/26歳/フリーター)

友人知人はどこに潜んでいるかわかりません。見られただけでなく、写真を撮られたり噂を流されたりしたら、後々まで尾を引くことになります。

■車の中でイチャイチャしてたら……

・「真夜中の廃パチンコ屋の駐車場で車の中でイチャイチャしてたら、パトカーが入ってきて職質受けました」(36歳/女性/パート)

・「彼氏と車の中でイチャイチャしていたら、見知らぬおじさんに覗かれていた」(42歳/女性/パート)

車の中は密室ですが、ほとんどの場合は立派な公衆の場。半裸になっているところを人に見られた、という人もいたので、盛り上がり過ぎには気をつけましょう。

■イチャイチャ後って……

・「改札でお別れのキスをしたあと、見送る私はそのまま人目に晒されているので、少し恥ずかしかったです」(41歳/女性/自営業)

残された側が、思わぬ羞恥プレイを受けることもあるようです。よく電車でイチャイチャしているカップルも見かけますが、どちらかが先に降りた場合、どんな気持ちでその電車に乗り続けているのか気になりますね。

■子どもに見られた

・「小さい子どもに、『お父さんもあんな時あった?』と指をさされて言われた」(43歳/専業主婦)

・「駐車中の車の中でキスをしているところを、修学旅行生に見られた」(43歳/女性/会社員)

知り合いかそうでないかは関係なしに、子どもに他人のイチャイチャを見せたくないと思う人は多いようです。

イチャイチャするのは個人の自由。でも公衆の前ということになると、これだけのリスクもあるのです。数々の失敗談も踏まえ、イチャイチャに関していつまちゃんのコメントは……。

「日本人は秘め事や奥ゆかしさを重んじる傾向にあるので、やっぱり人前でイッチャイッチャしてると『はしたない……』と感じてしまう方が多いのでしょう。

悪いことをしているとは全く思いませんし、イチャラブカップルに何とも思わない方も多いでしょうが、それでも私みたいに変に分析してくる奴や、一定数引いてしまう人がいるリスキーな行為だということは、頭の片隅に置いておいたほうがいいかもしれませんね。」(いつまちゃん)

イチャイチャっぷりが微笑ましい漫画って?

●「ラブファントム」(みつきかこ/小学館)


百々子は、恋愛経験値ゼロのオクテ娘。……のはずが、ある夜ホテルの空中展望台で出会った見知らぬ男とキスを……! しかもその男はホテルスタッフの長谷彗、ひと回り以上も歳上の40男だった! 戸惑いながらも最初に感じた引力には逆らえず、つきあい始める二人。だけど、何もかもが初めての百々子には、長谷の全てが眩暈がするほど甘く、どんどん溺れていく。ギリギリまで煽っておきながらいつも「お預け」な長谷に、百々子は焦れてついに……!?

「大好きな彼とは一分一秒でも離れていたくない!」という気持ちは分かりますが、大人女性はその気持ちをぐっと堪えて行動しなければなりません。二人だけの空間にとどめておくか、マンガの世界で楽しむのが良さそうですね。

「めちゃコミ公式サイト」

働くアラサー女性を応援するwebメディア【LiBzLIFE】