体が芯までポカポカに温まる「鮭の粕汁」〜ほっとする和ごはん〜

「あ~、寒い寒い……」と思わず口をついて出てしまう日々が続いていますが、そんなときに食べたいのはやっぱり温かい汁物ですよね。地域によってはあまり食べられていないそうですが、ぜひレパートリーに加えていただきたいのが酒粕を使った粕汁です。といっても作り方は簡単、味噌汁に酒粕を加えるだけ。ポカポカ体を温めてくれる一品です。

gourmet

鮭と根菜の粕汁

【材料】(二人分)

・塩鮭   一切れ
・大根   100g
・ごぼう  50g
・長ねぎ  1/3本
・油揚げ  1/2枚
・水    2カップ
・昆布   5センチ
・酒粕   50g
・味噌   大さじ1と1/2
・ゆず皮  適宜

 

【下準備】

 鍋に水を入れ、昆布をつける。大根はいちょう切り、ごぼうと長ねぎは斜め薄切り、塩鮭は四等分に切る。油揚げは熱湯をかけて油抜きをしてから横半分に切り、5mm幅に切る。

 

【作り方】(かかる時間15分)

[1] ①の鍋を火にかけ、沸いたら大根とごぼう、ねぎを加えて中火で煮る。ボウルに酒粕を入れ、鍋から少し煮汁をすくって加え、酒粕をほぐす。

 

[2] 野菜に火が通ったら鮭と油揚げ、[1]の酒粕を加え、鮭の色が変わったら味噌を加えて溶かす。椀に盛り、ゆず皮を添える。

鮭を入れるとたんぱく質もとれますし、ごはんのおかずにもなります。

酒粕には美肌に効果的な成分も入っていますので、お肌にとっても嬉しい汁物です。ぜひお試しください。

働くアラサー女性を応援するwebメディア【LiBzLIFE】