忙しくてもズボラでもできる!ちょこっと意識で部屋を綺麗にする習慣

毎日忙しくて自宅とオフィスの往復、付き合いで外食、帰宅後は疲れちゃって掃除なんてできない……なんてこともあると思います。それでもちゃんと綺麗にしている人はいるし、私はズボラなのかなと感じている人にお届けしたい内容です。 ズボラでOK! ちょっとした習慣で綺麗なお部屋がキープできます。

lifestyle

ついでにちょこっと掃除をする


何かのついでに掃除する習慣をつけるようにしましょう。例えば、食器洗い後はシンクを洗う、風呂上りは石鹸カスをこする、出勤前に玄関を掃くなど念入りに掃除するのではなく、ささっと5分以内でできるくらい簡単な作業にするのがポイント。掃除するのが億劫になるのは蓄積した汚れがあるからです。汚れをためないよう少しでも意識すると、掃除が楽になりますよ♪ 大切なのは、習慣化すること。朝起きたら顔を洗って、食事をしたら歯磨きをするくらい日常的な習慣にしてしまえばこっちのものです!

曜日ごとに掃除する場所を決めておく


どこを掃除しようかと考える時間も毎日となると大きな時間になります。効率よくテキパキと掃除を進めるために、あらかじめ曜日ごとにどこを掃除するか決めておくととってもスムーズです。例えば、月曜日は床拭き、火曜日はキッチン、水曜日は風呂掃除など、大まかに決めておきスケジュールや部屋の目につきやすい場所に書いておくと尚良しです◎ 毎日のちょこっと掃除に加えて、念入りに掃除する場所を掃除すれば自然と部屋を綺麗に保てます! 汚れがたまりにくい習慣を作り出せば、汚れを掃除するときのストレスも減少。

水滴がついたら布で拭く


キッチン、洗面所、お風呂などの水まわりで蛇口についた水滴を布で拭くようにしましょう。水滴がついたまま放置してしまうと白いカルキ汚れになります。カルキ汚れは、時間が経てば経つほど落としにくくなってしまうのでなるべく早く拭いて綺麗な蛇口をキープしたいですね。特に蛇口は、手で触れる場所なので汚れをそのままにしておくと衛生的に良くありません。蛇口の水滴を拭く際、ピカピカに磨くとシルバーが輝いて気持ちが良いですね♪ もちろん、その都度蛇口なんて拭けない……という人は“なるべく”でOKです! 頭の片隅に入れておき、蛇口周りに布を用意しておくと習慣になりやすいですよ。

脱いだ服を洗濯機の中に入れない


帰宅後やお風呂の前など脱いだ服をそのまま洗濯機の中に入れている人も多いのではないでしょうか。そのまま洗濯機をまわせて、場所もとらないのでしてしまいやすい習慣ですよね。しかし、その習慣が洗濯機の臭いとカビの発生の原因となっています。洗濯機の中に衣類を入れてしまうと湿気を閉じ込めている状態になっています。さらに、洗濯機の蓋を閉めるとますます湿気が上がり、臭いとカビが悪化します。脱衣所にランドリーボックスを置くようにして、洗濯する直前にランドリーボックスから服を入れて洗濯機をまわしましょう。嫌な臭いが発生しないよう大切な洋服を守りましょう。

忙しくても、面倒くさくても毎日の習慣として続けてみてください。1週間続けた頃には、あまり面倒くさく感じなくなっているかもしれません。部屋が綺麗だと気持ちがいいですし、生活習慣全体が整います。身の回りを整えると、心も安定するそうです。ぜひ、試してみてください。

働くアラサー女性を応援するwebメディア【LiBzLIFE】