多様なプロジェクトを経験するごとに、成長した自分に逢える: Sky株式会社 磯前 結花さん

「憧れ」が「好き」に変わった……私がエンジニアになったワケ。をテーマに、実際にエンジニアとして活躍する女性が本音を語る今回の企画。 男性が多いと言われている技術者の世界で、女性エンジニアならではの仕事の醍醐味や苦労とは? 今回はSky株式会社(以下、Sky)磯前 結花さんにざっくばらんにお話を聞きました。

work PR
 会社:Sky株式会社

役職:リーダー

名前:磯前 結花(いそまえ ゆか)

 

学生時代にものづくりの楽しさを覚えてエンジニアの道に

 

――まずは磯前さんがエンジニアを目指したきっかけからお知らせください。

学生時代に遡って話をすると、大学は工学部に在籍していてロボット工学を専攻していました。実は高校の時は文系だと思っていたのですが、理数系の科目が得意だったので、先生に工学部を勧められて……。大学では2年くらいC++を勉強し、そこでものづくりの楽しさを味わってしまったのが、この道に進むきっかけですね。

その後、就職活動ではIT業界に絞って何社か受け、新卒で入社したのが前職の会社です。開発プロジェクトに使われていた言語がC++とC#で、COBOLのIDE製品の開発だったので、もっと新しい技術も学びたいなと考え転職を考えたのです。

 

――COBOLといえば、かなり昔から使われているレガシーとも呼ばれている言語ですよね。

そうなんです。現在も金融系のメインフレームなど大企業の基幹業務システムで使われているのですが、エンジニアにとって今ではニッチな分野でもあります。そのプロジェクト自体は、毎年、開発を行いバージョンアップしていたのですが、次のキャリアでは新しいことに挑戦したくて当社に入社しました。

 

――Skyへ転職したのは成長の機会を求めてといったイメージでしょうか?

はい、まさにSkyの事業内容の幅広さが転職のポイントでした。働きやすさや企業としての安定性も魅力的に感じたのはもちろん、実際に私が今在籍しているビジネスソリューション事業部では本当にいろいろなプロジェクトを経験できる環境がありました。

 

――例えば、どんなプロジェクトでしょうか。

2016年に入社してから最初に携わったのが、鉄道の駅にあるデジタルサイネージの広告表示プログラムの開発、その次は、社内ネットワーク上のPC管理者アカウントを管理するWebシステムで、こちらは一人で基本設計から担当しました。次が写真のネット販売システム、そして現在はアパレル会社様向けの自動計測システム開発に従事しています。前職ではずっとCOBOL開発だけだったので、経験できた開発言語も増えましたし、担当できる仕事の幅も広がりました。

 

最先端技術を学べたり、大変なプロジェクトだったり…好奇心が刺激される

 

――Skyに転職されてから本当にいろいろな経験ができていますね。その中で、エンジニアでよかったこと、苦労したことがあれば教えてください。

エンジニアとして良かったことは、苦労したことが解決できた時だったりするので、表裏一体かなと思っていて。その上で言うと、経験がない分野で、さらには一人で担当するプロジェクトを無事に終えた時は大変でしたが大きなやりがいも感じました。

 

――そのプロジェクトは、一人で携わったとおっしゃっていた社内Webシステムの開発でしょうか?

そうです。どういったことを実現したいのかといった要件定義はできていましたが、それ以外の設計フェーズから開発まで一人で担当しました。そのため、わからなかったり困ったりしたら同じ会社の先輩に聞くなど、いろいろと支えてもらいながらも最後までやりきりました。

また、現在携わっているアパレル会社様向けの自動計測システムは、カメラで撮影した服の写真を読み込むと袖の長さなどを自動で計測できるなど最先端技術を扱う開発なので、私自身の好奇心も刺激されています。開発プログラミングだけではなく、スケジュール調整やお客様との仕様の打ち合わせなども担当しているので業務の幅は広がっています。

 

――女性エンジニアとしてSkyの働く環境をどう感じていますか?

チャレンジできる機会が多い場所だと感じています。女性社員比率が約18%(2018年11月現在)と、女性の採用強化や管理職登用などに積極的に取り組んでいる会社で、実際に現場を見ていても、多くの女性社員が産前産後の休暇制度を利用していたり、産休・育休後に復帰されています。

私の今いる現場には女性エンジニアが少ないのですが、他の拠点の女性エンジニアみんなで集まってご飯に行き、意見交換などをする女子会を開いたりもしましたよ。

 

ライフイベントにあった女性らしいエンジニアのキャリアを

 

――磯前さんの今後の目標について教えてください。

今は1つのことに絞るよりいろいろなプロジェクトを担って成長していきたいと思っています。その上で、Skyは自ら手を上げれば任せてもらえる環境がC#やJavaなどの技術的な面での成長とともに、今後はマネジメント方面の力を伸ばしていけるよう挑戦していきたいです。

 

――最後にこれからエンジニアを目指す方に一言アドバイスをお願いします。

女性エンジニアは結婚や出産などのライフイベントによってキャリアを考える必要がありますが、技術力は一生活かせるスキルです。

Skyはそんな女性エンジニアのキャリアをバックアップしていこうという気概のある会社ですし、社内研修も充実していて、頑張り次第で女性エンジニアのロールモデルにもなれる会社だと思っています。未経験入社もたくさんいますので、エンジニアになりたい方はぜひ挑戦してみてください。

 

 

—————————————————————————————-

Sponsored by Sky株式会社

Skyでは、一緒に働く仲間を募集しています!応募はこちらから

※上記フォームからお申込み頂いた後、面談日程調整フォームがメールで配信されます。「どちらからのお申し込みですか?」の項目にて、「Sky株式会社へのご応募」をご選択ください。