オフィスで楽しむ「ベージュパンツ」はどう合わせるのが正解?

カジュアルなイメージが強い「ベージュパンツ」。意外と履く機会もなくクローゼットに眠ってしまってはいませんか? そんなベージュパンツも、アイテムの組み合わせ方次第でオフィスで重宝する優秀アイテムに早変わりします。今回は、チノパンツやスラックスなどさまざまなシルエットのパンツの、オフィスでの上手な履きこなし方をご紹介します!

fashion

出典:WEAR

イエローニットで楽しむ大人カジュアル

内勤デーは、肩肘張らないリラックスコーデを楽しむのはいかがでしょうか。ゆったりとしたチノパンに、ローカットのスニーカーでとことん快適に。合わせるトップスはボーダーといきたいところですが、ここはイエローのニットを投入しましょう。パンツと靴がカジュアル度の高い分、トップスはきれいめなものを合わせることで、大人な着こなしに仕上がります。もう少しカジュアルさを抑えたいときは、すっきり度がアップするバレエシューズがおすすめです。

出典:WEAR

ホワイト系で清潔感アップ

とろみ感のあるきれいなシルエットのベージュパンツには、ブラックよりもホワイトで清潔感をアピール。特に、ベージュのトーンに合わせたオフホワイトがおすすめです。ホワイトのカットソーに同じくホワイトのカーディガンをオン。カーディガンのボタンはあえてオープンにすることで、はずしを効かせた粋なコーディネートに仕上がります。ビットローファーやモカシンを合わせて親しみやすい印象もプラスして。

出典:WEAR

寒色投入で甘すぎを回避

もともとキュートな雰囲気が強く、どんなコーデもなぜか甘くなりすぎてしまうという方こそベージュのパンツがおすすめです。さらにブルーやグレーなどの寒色系のコンパクトなニットを合わせることで、甘さを引き算。シンプルな組み合わせなので、ゴールド系の小ぶりなネックレスで全体の温度感を調節するのがポイントです。靴やバッグはベージュで統一感を持たせれば、コーデが散らかることもありません。足元はエナメルパンプスなら、ほどよいツヤ感で大人な印象がプラスされます。

ホワイト系で清潔感アップ

出典: WEAR

とろみ感のあるきれいなシルエットのベージュパンツには、ブラックよりもホワイトで清潔感をアピール。特に、ベージュのトーンに合わせたオフホワイトがおすすめです。ホワイトのカットソーに同じくホワイトのカーディガンをオン。カーディガンのボタンはあえてオープンにすることで、はずしを効かせた粋なコーディネートに仕上がります。ビットローファーやモカシンを合わせて親しみやすい印象もプラスして。

イエローニットで楽しむ大人カジュアル

出典: WEAR

内勤デーは、肩肘張らないリラックスコーデを楽しむのはいかがでしょうか。ゆったりとしたチノパンに、ローカットのスニーカーでとことん快適に。合わせるトップスはボーダーといきたいところですが、ここはイエローのニットを投入しましょう。パンツと靴がカジュアル度の高い分、トップスはきれいめなものを合わせることで、大人な着こなしに仕上がります。もう少しカジュアルさを抑えたいときは、すっきり度がアップするバレエシューズがおすすめです。

寒色投入で甘すぎを回避

出典: WEAR

もともとキュートな雰囲気が強く、どんなコーデもなぜか甘くなりすぎてしまうという方こそベージュのパンツがおすすめです。さらにブルーやグレーなどの寒色系のコンパクトなニットを合わせることで、甘さを引き算。シンプルな組み合わせなので、ゴールド系の小ぶりなネックレスで全体の温度感を調節するのがポイントです。靴やバッグはベージュで統一感を持たせれば、コーデが散らかることもありません。足元はエナメルパンプスなら、ほどよいツヤ感で大人な印象がプラスされます。

カジュアルなイメージのあるベージュパンツも、なりたい印象に合わせたコーデならオフィスでもきれい見えが叶います♪

働くアラサー女性を応援するwebメディア【LiBzLIFE】