翌日うっとり♡憧れの透明肌は、お風呂で仕込む

透明感のある肌は、永遠の憧れ。 これからの季節。寒さと乾燥でテカる肌だったり、粉をふいてしまったり……。秋冬の寒い季節の肌コントロールは、なかなか難しいんです。 肌表面をマットに保ちつつ、内面に潤いを保って透明感を維持するには? 今回は、秋冬の透明感をつくるポイントを紹介します

beauty

お風呂タイムを上手に活かす

疲れて冷えた身体に沁み込むお湯の温かさ。働く女性にとって至福の場所「お風呂」ですが、実は寒い季節の美肌をつくる場所でもあります。

DSC_1855

お風呂タイムを上手に活かすことが美肌への第一歩。汗をかきやすい夏はなかなか長風呂できませんが、身体が冷えている季節だからこそ、温まりながら美肌つくりができます。

shutterstock_248189620

まずは、好きな香りや音楽、お気に入りの入浴剤を用意しましょう。なるべくゆっくり入っておきたいので、観たいドラマなどの時間を避けてくださいね。

他に用意する物は

・手ぬぐい
・クリームかオイル
・化粧水

の3つ。お好みでお風呂で使えるパックなどがあってもいいかも。

まずは汚れをすっきり

shutterstock_337990019 (1)

まずは、メイク落としやシャンプーなど「汚れを落とす」ことを終わらせておきましょう。この時「美肌つくるなら!」なんて気合いを入れてスクラブをゴシゴシかけたりしなくても大丈夫!
寒い季節は、乾燥で肌の水分が足りなかったり、肌が傷ついている場合も多いので普通に洗う程度にしてくださいね。

手ぬぐいを用意します

ここからが「お風呂美容タイム」のスタートです。

9d42de8c805885e29a4cafa307dca43b_s

顔や身体の汚れを落としたら「手ぬぐい」を用意して湯船に浸かります。古くから日本で愛されている手ぬぐい。実は「手ぬぐい美容」といって古い角質の除去などに使われていることはご存知ですか?
柔らかくて薄い生地でできた手ぬぐいは、美肌つくりの大切なお供。最近はかわいい柄物も増えていますよね。お風呂に入る際は色々と役立つので、1枚は持っておきましょう。

手ぬぐいをお湯で温めて、顔に乗せます。厚みがない布でできているので、顔に乗せても重くなく苦しさもないので、顔の肌をしっかり柔らかくしつつ、毛穴を開いてくれます。

また、手ぬぐいは長さがあるので、お風呂ではなかなか温めにくい鎖骨周辺や肩も温めることができるんです。

手ぬぐいを顔に乗せたままで

顔の温まりを感じながら、身体を温めます。肩も冷やさないように注意してみてくださいね。

shutterstock_188509160

お風呂で足を伸ばして顔全体を温めていると、今日あった嫌なことも薄れていく感じ。「また明日がんばろうかな」なんて、全てを咀嚼して前を向く気持ちになったりするから不思議です。
疲れを忘れてリラックス。顔に手ぬぐいを乗せることで目もつぶるので、代わりに入浴剤の香りをいつもより感じることもできますよ。

顔がじんわりと温まってきたら、毛穴がしっかり開いた肌をマッサージします。

shutterstock_193061660

肌の内部まで温まった肌を確認しながら、クリームやオイルを使ってマッサージしましょう。クリームやオイルの油分が、しっかり開いた毛穴の中に残った汚れを分解してくれる効果もあります。
温まった状態で、お風呂の蒸気を利用して水分を維持しながらクリームで行うマッサージは格別です。

マッサージの仕方は
【スキンケアカウンセリング講座 #3】 「今朝の顔やばい……」簡単にできる”力技美肌”マッサージないですか?
を参考にしてみてくださいね。

仕上げは冷水×手ぬぐいで、きめ細かな肌へ

shutterstock_98670596

血流を促すだけでも肌の透明度は一気にUPしますが「キメ」の細かさも目指すなら、肌をしっかり冷水で冷やしてあげましょう。
冷水で何度か顔をすすぎますが、そこで終わりはNGです。冷やした肌をもう一度手ぬぐいと蒸気で温めます。これを何度か繰り返してあげるだけで、血流のいい毛穴すっきり肌に。
もちろん、溜まった疲れやくすみだってすっきりです。

AirBrush_20160708002553

肌の乾燥が気になっている方は、お風呂で溶かして使う美肌パックなどを取り入れても。溶かして肌に馴染ませるタイプのものは、首などにも塗ることができて一石二鳥です。

まるでサロン!湯船で化粧水を使えばもっちり感アップ

shutterstock_316348388

パックなどを使用しない場合は、化粧水も湯船に浸かりながら肌に塗り込みます。エステサロンでも蒸気をあてながら保湿を行うことが多いのですが、自宅でだって蒸気と一緒に化粧水を塗り込むともっちり感がぐーんとUPするのです。汗や水分を軽く拭きとったら化粧水を塗り込んで、また手ぬぐいで顔を温めます。肌が化粧水をぐいぐい飲み込む感じがわかりますよ。

もちろんお風呂あがりも

shutterstock_395172751 (1)

もちろん、お風呂上りもいつものケアを行います。マッサージと湯気と温浴ケアで肌の血流もUPして毛穴だってすっきり。内側から潤った肌は、外の乾燥でテカることも少なめです。もちろん、しっかり睡眠を取ることなども大切ですが、お風呂での美肌ケアをしっかり行うだけでも肌の透明感はUPします。

「最近の肌イケてないな」なんて感じる夜は、ぜひ試してみてくださいね。