モテるあの人は“隙”がある!大人可愛い休日デートコーデ♪

特に気合が入っているようには見えないのに、なぜかいつも人気者なあの人。「何が違うんだろう」と見ていると、どうやらファッションにヒミツがあるみたい……。そんな素敵な人たちから、休日デートのモテファッションを学んでみましょう。キーワードは“隙”。親しみやすいような程よく隙のある雰囲気を、ファッションでどのように演出するのでしょうか?

fashion

出典:WEAR

ほどよく開いた首回りがポイント

シンプルなコーディネートなのに、やっぱり何かが違う……その理由は首元にありました。さりげない隙を作るには、首元がほどよく開いているのがポイント。たとえば、ベージュのリブニットにネイビーのスカートを合わせたコーディネート。首回りが開きすぎていると品がなくなってしまいますが、ボートネックくらいの開き具合が◎ ベージュのリブニットなので、きちんと感と真面目感はしっかりとキープできます。休日デートの日は、タートルネックなど詰まったものよりも親しみやすい印象が作れるのでおすすめです。

出典:WEAR

ひと癖オールインワンでお洒落度アップ

大人が着こなすオールインワンは“ひと癖”がとっても大事。シンプルすぎるよりも、さりげないデザインが施されたものの方が堅苦しくなりません。色はブラックよりもブラウンやベージュが優しく見えるのでデートにはおすすめ。リボンデザインなら、くしゃっとした感じがきっちりし過ぎず、ほどよい“隙”を作ります。さらにウエストもマークされてスタイルアップも叶って一石二鳥♪ あまり大げさすぎると上品さに欠けてしまうこともありますが、相手の印象に残る着こなしを意識してみましょう。

出典:WEAR

デニムジャケットをルーズに羽織って

ロング丈の花柄ワンピースと聞くとそれだけでお洒落な感じがしますが、羽織るもの次第で印象が変わります。隙を作るなら、少しオーバーサイズなデニムジャケットを、ちょっとルーズに羽織ってみて。仕上げに襟の後ろを引きだして、抜き襟するのもお忘れなく。きれいめなコートをきっちり着こなすのも上品で良いですが、隙を作るならほどよくカジュアルダウンを狙えるデニムジャケットがおすすめです。カジュアルすぎないか心配なところですが、そこは足元で調整。素肌感のある細ヒールのセパレートパンプスで、レディな雰囲気を演出。女っぽさもしっかり出せるコーディネートでデートを満喫して。

ひと癖オールインワンでお洒落度アップ

出典: WEAR

大人が着こなすオールインワンは“ひと癖”がとっても大事。シンプルすぎるよりも、さりげないデザインが施されたものの方が堅苦しくなりません。色はブラックよりもブラウンやベージュが優しく見えるのでデートにはおすすめ。リボンデザインなら、くしゃっとした感じがきっちりし過ぎず、ほどよい“隙”を作ります。さらにウエストもマークされてスタイルアップも叶って一石二鳥♪ あまり大げさすぎると上品さに欠けてしまうこともありますが、相手の印象に残る着こなしを意識してみましょう。

ほどよく開いた首回りがポイント

出典: WEAR

シンプルなコーディネートなのに、やっぱり何かが違う……その理由は首元にありました。さりげない隙を作るには、首元がほどよく開いているのがポイント。たとえば、ベージュのリブニットにネイビーのスカートを合わせたコーディネート。首回りが開きすぎていると品がなくなってしまいますが、ボートネックくらいの開き具合が◎ ベージュのリブニットなので、きちんと感と真面目感はしっかりとキープできます。休日デートの日は、タートルネックなど詰まったものよりも親しみやすい印象が作れるのでおすすめです。

デニムジャケットをルーズに羽織って

出典: WEAR

ロング丈の花柄ワンピースと聞くとそれだけでお洒落な感じがしますが、羽織るもの次第で印象が変わります。隙を作るなら、少しオーバーサイズなデニムジャケットを、ちょっとルーズに羽織ってみて。仕上げに襟の後ろを引きだして、抜き襟するのもお忘れなく。きれいめなコートをきっちり着こなすのも上品で良いですが、隙を作るならほどよくカジュアルダウンを狙えるデニムジャケットがおすすめです。カジュアルすぎないか心配なところですが、そこは足元で調整。素肌感のある細ヒールのセパレートパンプスで、レディな雰囲気を演出。女っぽさもしっかり出せるコーディネートでデートを満喫して。

ひとくちに“隙”といっても、相手からだらしなく見えてしまうコーデはNG。自分がいちばん可愛く見えることを意識して着こなしてみて!

働くアラサー女性を応援するwebメディア【LiBzLIFE】