次の営業ジャケットスタイルは春らしく!

営業や打ち合わせで季節感を取りいれたコーディネートができる女性って素敵ですよね。次の営業は、春らしいコーデでまとめてみませんか? 服装もコミュニケーションの1つ。相手に季節感を感じさせることで、春の新商品や新しい企画の話題も話しやすくなるはず。今回はジャケットを使った少し肌寒い春先におすすめのコーディネートをご紹介します。

fashion

出典:WEAR

明るいグレージャケットで好印象に

春らしさを出すなら黒やネイビーよりも明るいグレーのジャケットがおすすめ。「まだまだ寒いし全身を春のパステルカラーでまとめるのはちょっと早いかも?」と感じるなら、冬らしい黒のアイテムにジャケットのグレー、トップスのパープルやシューズのシルバーなど春色を差し色として使うと上手にまとまります。軽やかで動きのある季節感を演出するためにもゆるく巻いた髪を少しカジュアルにまとめるとより一層春らしい雰囲気が出ます。

出典:WEAR

春の訪れを感じさせる美しい白

春の花の代表「さくら」が淡く白からピンクに染まり花を咲かせるように、新しい春をイメージさせるピュアな白は好印象を残したい営業日にぴったり。黒ジャケットを合わせると季節感を表現しづらくなるので、ネイビーやグレーなど優しい雰囲気のジャケットがおすすめです。ノーカラーのデザインならより一層女性らしい柔らかい印象に。インナーには季節を連想させる白や薄ピンクなどのきれいめのカラーを選びましょう。

出典:WEAR

淡いセットアップで春らしい存在感を

春らしさを演出するなら、セットアップやスーツもベージュや白などの明色を選びましょう。白よりも全身をまとめやすいベージュなら挑戦しやすく手持ちのアイテムと合わせやすいのも魅力です。名前と顔を覚えてもらいたい営業はその日の印象がとても大切。印象がぼやけやすい淡い配色のコーデには、あえて引き締め色の黒のインナーやアクセントのあるイヤリングで個性ある印象に仕上げましょう。

春の訪れを感じさせる美しい白


出典: WEAR

春の花の代表「さくら」が淡く白からピンクに染まり花を咲かせるように、新しい春をイメージさせるピュアな白は好印象を残したい営業日にぴったり。黒ジャケットを合わせると季節感を表現しづらくなるので、ネイビーやグレーなど優しい雰囲気のジャケットがおすすめです。ノーカラーのデザインならより一層女性らしい柔らかい印象に。インナーには季節を連想させる白や薄ピンクなどのきれいめのカラーを選びましょう。

明るいグレージャケットで好印象に


出典: WEAR

春らしさを出すなら黒やネイビーよりも明るいグレーのジャケットがおすすめ。「まだまだ寒いし全身を春のパステルカラーでまとめるのはちょっと早いかも?」と感じるなら、冬らしい黒のアイテムにジャケットのグレー、トップスのパープルやシューズのシルバーなど春色を差し色として使うと上手にまとまります。軽やかで動きのある季節感を演出するためにもゆるく巻いた髪を少しカジュアルにまとめるとより一層春らしい雰囲気が出ます。

淡いセットアップで春らしい存在感を


出典: WEAR

春らしさを演出するなら、セットアップやスーツもベージュや白などの明色を選びましょう。白よりも全身をまとめやすいベージュなら挑戦しやすく手持ちのアイテムと合わせやすいのも魅力です。名前と顔を覚えてもらいたい営業はその日の印象がとても大切。印象がぼやけやすい淡い配色のコーデには、あえて引き締め色の黒のインナーやアクセントのあるイヤリングで個性ある印象に仕上げましょう。

印象や雰囲気が仕事を左右する営業日。春らしいジャケットを装いながら新年度の営業もハッピーに頑張っていきたいですね♪

働くアラサー女性を応援するwebメディア【LiBzLIFE】(リブズライフ)