お洒落な人はオフィスで「ブラック」をどう着るの?

「ブラック」は暗く見えてしまいそう。特に冬は余計に重く見えて、清潔感に欠けてしまわない? ……そんな不安があって、なかなかブラックを取り入れたファッションに手を出せないという方も多いのではないでしょうか。今回は、清潔感があって大人で上品な「ブラック」を使ったコーディネートをご紹介します。お洒落見えする「ブラック」の使い方に注目です。

fashion

出典:WEAR

上下のバランスをあえて同じに

普段なら“上がコンパクトなら下はワイドに”など、上下で違ったシルエットでバランスをとっていましたが、ブラックを取り入れる際は思い切って上下をワイドシルエットにすることで、“仕事感”と“お洒落感”の両方いいとこどりをすることができます。ゆったりシルエットブラックのニットは、上品な質にこだわれば、グレーのワイドパンツを合わせても清潔感をキープできます。スニーカーでも良し、もう少しきれいめに仕上げたいときはスクエアトゥのぺたんこ靴やローファーを合わせてみて。

出典:WEAR

タートルネックニットはベージュスカートと合わせて

ややワイドシルエットのブラックのタートルネックニットは、見える面積が広い分ベージュやブラウンなど優しげなカラーのボトムスと組み合わせるのがおすすめです。特に、ブラックのタートルネックニットは、ベージュのスカートと相性抜群。さらにタイトスカートならなおも◎。明るく柔らかい印象をプラスしてくれて、オフィスでも暗く見えることはありません。シンプルなアイテムで組み合わせたときは、バッグや靴で抜け感を表現するのもポイント。パイソン柄のバッグや白スニーカーで上品カジュアルにきめて。

出典:WEAR

ダーク系プリーツスカートでシックに

タイトで切れ味の良いブラックニットは、ひらりと軽やかに揺れるプリーツスカートがお似合い。グリーンやブルー、ネイビー、グレーなどのダークカラーのプリーツスカートを合わせれば、シックにまとまり大人な表情に。スカートの丈はロングが旬。ホワイトのスニーカーを合わせれば、内勤デーにリラックスして仕事にのぞめます。来客応対など軽くお客様と合う日は、グレーやブラックなどのパンプスに変えるだけで一気にオフィス仕様に。小物で変化を付ければどんなニュアンスにも変化できるおすすめコーディネートです。

タートルネックニットはベージュスカートと合わせて

出典: WEAR

ややワイドシルエットのブラックのタートルネックニットは、見える面積が広い分ベージュやブラウンなど優しげなカラーのボトムスと組み合わせるのがおすすめです。特に、ブラックのタートルネックニットは、ベージュのスカートと相性抜群。さらにタイトスカートならなおも◎。明るく柔らかい印象をプラスしてくれて、オフィスでも暗く見えることはありません。シンプルなアイテムで組み合わせたときは、バッグや靴で抜け感を表現するのもポイント。パイソン柄のバッグや白スニーカーで上品カジュアルにきめて。

上下のバランスをあえて同じに

出典: WEAR

普段なら“上がコンパクトなら下はワイドに”など、上下で違ったシルエットでバランスをとっていましたが、ブラックを取り入れる際は思い切って上下をワイドシルエットにすることで、“仕事感”と“お洒落感”の両方いいとこどりをすることができます。ゆったりシルエットブラックのニットは、上品な質にこだわれば、グレーのワイドパンツを合わせても清潔感をキープできます。スニーカーでも良し、もう少しきれいめに仕上げたいときはスクエアトゥのぺたんこ靴やローファーを合わせてみて。

ダーク系プリーツスカートでシックに

出典: WEAR

タイトで切れ味の良いブラックニットは、ひらりと軽やかに揺れるプリーツスカートがお似合い。グリーンやブルー、ネイビー、グレーなどのダークカラーのプリーツスカートを合わせれば、シックにまとまり大人な表情に。スカートの丈はロングが旬。ホワイトのスニーカーを合わせれば、内勤デーにリラックスして仕事にのぞめます。来客応対など軽くお客様と合う日は、グレーやブラックなどのパンプスに変えるだけで一気にオフィス仕様に。小物で変化を付ければどんなニュアンスにも変化できるおすすめコーディネートです。

たまに着るブラックも、雰囲気がガラッと変わるので良いですよ♪

働くアラサー女性を応援するwebメディア【LiBzLIFE】(リブズライフ)