女性らしい体をつくる「ぷりぷり牡蠣めし」〜ほっとする和ごはん〜

牡蠣は美味しさの面から見ても魅力的な食材ですが、栄養面でも素晴らしく、特に亜鉛がダントツで多く含まれる食材です。亜鉛は細胞が新しく作られる時に必要で、美肌にも欠かせませんし、生殖機能とも関わりが深く、女性ホルモンの分泌を助けるため女性らしい体づくりにも役立ちます。今回はそんな牡蠣を使ったうまみたっぷりの炊き込みごはんをご紹介します。

gourmet

ぷりぷり牡蠣めし

【材料】(二合分)

・米       2合
・牡蠣(加熱用) 1パック

材料[A]
・だし      300ml
・淡口醤油    大さじ2
・酒       大さじ2
・塩       少々

・みつば     適量

 

【下準備】

 牡蠣をボウルに入れ、片栗粉と少量の水を入れてやさしく指先で混ぜる。水を替えて三回ほどすすぐ。

 

 米は洗ってボウルに入れ、十分浸かるぐらいの量の水を加えて30分以上浸水させる。みつばを刻む。

 

【作り方】(かかる時間40分 ※浸水の時間除く)

[1] 鍋に[A]を沸かし、牡蠣を加えて2~3分茹でる。牡蠣を取り出し、煮汁を冷ます。

[2] 土鍋(または炊飯器)に水を切った米と[1]の煮汁を加えて(炊飯器の場合は二合の目盛りに合わせ、足りなければ水を足す)炊く。

 

[3] 炊けたら牡蠣を加えて5分蒸らし、全体をさっくり混ぜ合わせる。茶碗に盛り、みつばをのせる。

 

 

牡蠣の煮汁に出たうま味が染みたごはんが最高! ちょっぴり贅沢で、体も喜ぶ炊き込みごはんです。

働くアラサー女性を応援するwebメディア【LiBzLIFE】(リブズライフ)