自分と家族が輝き続けるために…「もっと、お金の話をしよう。」

趣味や自分磨き、欲しいものもたくさんあるけど、いつかのためにお金を貯めないとな… 将来、子供の養育費や老後のお金って、どれくらいかかるのだろう…。
お金にまつわる悩みや不安はたくさんありますが、お金について誰かとざっくばらんに語り合う機会はなかなかないですよね。お金の節約や貯蓄の方法だけでなく、「投資」や「資産づくり」について、私たちはもっとお金の話をしてもいいのではないでしょうか。
日本の資産運用業界のリーディングカンパニーである野村アセットマネジメントは、日本人女性の「お金」に対する控えめでネガティブな価値観を変えることを目指して「もっと、お金の話をしよう。」という先進的なメッセージとともに、投資や資産づくりを社会に浸透させる取り組みを強化しています。

lifestylePR

生活の質や幸福度と密接につながっているお金。節約した分を貯蓄にまわせば、少しずつ着実にお金を貯めることができますが、同時にある程度の我慢や自制心も必要となるかもしれません。

そこで、将来を考える女性の間で少しずつ注目を集めているのが、「投資を通じて資産を形成する」という方法。

投資といえば、パソコンの前にずっと張り付いて株価の動きをじっと見守り積極的に利益を出す……というようなイメージを抱いている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実は投資にも様々な方法があり、新たなトレンドとなりつつあるのは、毎月少しずつ一定の銘柄に投資していく「積立投資」です。

20年後、30年後を見据えて毎月一定の額を投資にあてる「積立投資」は、忙しく働く女性にとってその気軽さが魅力です。

例えば毎月1万円ずつ積み立てたとしたら、20年後には元本(積み立てたお金の総額)は240万円になりますよね。仮に利回り(年率)を3%と想定した場合、

金融庁のサイト(出所:https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/moneyplan_sim/index.html)でシミュレーションすると、最終積立金額が328万3,020円となります。あくまでもざっくりとしたシミュレーションですが、「少しずつ自分の資産を積み立てていく」という意識は、将来の安心材料となりますよね。

とはいえ、どんな金融商品があるのか、どんなメリットやデメリットがあるのかきちんと知っておくことも大切。野村アセットマネジメントのFunds-i(ファンズアイ)キャンペーンサイトでは、各界で活躍している女性3名と彼女たちの価値観や生き方、それぞれの言葉で語る「お金の話」が、「いまの私にできること」として紹介されています。投資のキホンを身につけるべくマネーレクチャーを受けた彼女たち。その後彼女たちの投資へのイメージはどう変わったのか?

Funds-i ブランドムービー

▶ブランドムービーはコチラ

20代のコスメブランドディレクター・石田一帆さんの場合


投資には「専門の知識が必要」「まとまったお金が必要かも」と思って、あきらめている女性は少なくありません。同様の理由でこれまで投資について学ぶことを敬遠してきたコスメブランドディレクターの石田 一帆さんもその一人。

コスメブランドディレクター・石田一帆さんインタビュー動画

「目的別に預金口座を3つ持っていて、ひとつは生活用の口座、もうひとつはほどよく貯金の口座、もうひとつは絶対に触らない口座、という感じで使い分けています」(石田さん)

実家が不動産業を営んでいることもあり、お金に対する意識が高く、「口座を分ける」という方法で貯蓄に励んでいるそう。

▶インタビュー動画はコチラ


野村アセットマネジメントのマネーレクチャーを受けたことで、同じ金額を毎月積み立てていく積立投資に興味がわいた石田さん。

まとまったお金がなくても少額からはじめられるし、運用はプロにお任せできるから、専門的な知識がなくてもチャレンジできる点は魅力的ですよね。

「投資は私にはまだ早いと思っていましたが、逆ですよね。私自身まだ若いから、長い期間積立ができる。将来の大きな夢のために、今から準備しよう、と考えが変わりました」

と、イキイキと語る笑顔がとてもステキです。

 

30代のファッションディレクター・星玲奈さんの場合


ファッションディレクターで、42万人以上のフォロワーを持つ超人気インスタグラマーの顔も持つ星玲奈さん。

ファッションディレクター・星玲奈さんインタビュー動画

2人のお子さんを育てている星さんの関心は、やはり子どもの教育にかかるお金。「子どもにいろんな選択肢を与えてあげたい」という思いを抱いています。

「投資は損をする可能性があるし、お金に余裕がある人がするもの」と考えていた星さんは、月1万円から始められる点に驚きを感じたそう。

▶インタビュー動画はコチラ


さまざまな投資対象に分散して投資する「分散投資」は、複数の資産を組み合わせ、一つが値下がりしてもファンド全体が値下がりするリスクを減らせる投資に魅力を感じたと語っています。

 

40代のウェディングドレスデザイナー・山城葉子さんの場合


山城葉子さんは、3人の子どもを育てながら、ウェディングドレスデザイナーとして世界を飛び回るパワフルなワーキングマザー。

ウェディングドレスデザイナー・山城葉子さんインタビュー動画

仕事に育児にと超多忙な毎日を送る中で、子どもが夢に挑戦できるように「親としてできる限りのことをしてあげたい」と語ります。

子どもの教育費のことを考え、資産形成について意識し始めた山城さん。海外に行く機会も多く、為替リスクをおさえて世界の先進国の企業へ投資することに関心を持たれたようです。

▶インタビュー動画はコチラ


子どもが成長すると教育費のピークがやってきます。子どもが幼いうちから賢くお金をふやす方法を考えておきたいものです。

 

まとめ


これまで投資について考えたことがなかった3人も「積立投資」を知って、投資に対する印象が変わったようです。将来やりたいことのため、子供の教育費のため...人によって目的は様々です。充実した人生を送るために「お金を貯める」と「資産を形成する」という2つの方法を使い分けることができれば、20年後、30年後の安心した生活につながるのではないでしょうか。いつかのために、みんなでもっと、お金の話をしてみませんか。

 

現在、『LiBz LIFE』 の読者の方へ「働く女性のお金に関するアンケート」を実施中。


アンケートにお答え頂いた方の中から抽選で30名様に、MARK’SのHiBiバイカラーカバーノートをプレゼントいたします。

 

毎日を頑張る働く女性にぴったりのお洒落なデザイン。バンド付きで持ち運びも快適♪ 背表紙も可愛いです!

5mm方眼で使い勝手も抜群! グリーンの方眼罫で目にやさしいです。打ち合わせ時のメモや、アイデアを書き留めるのに最適。
ぜひ、アンケートで皆さまのご意見をお聞かせください!

「Funds-i(ファンズアイ)」スペシャルサイト

https://funds-i.jp/special/imadeki/