明治座の歴史を象徴して、チームラボによるインスタレーションが登場

毎日魅力的な新着情報をお届けするLiBzLIFEのトレンドニュースコーナー。グルメ、コスメ、お出かけスポットから恋愛レポートまで、さまざまな情報をいちはやくお届け。今回のニュースは、「チームラボの明治座インスタレーション作品 」の情報です!

trends

東京で最も長い歴史を持つ劇場《明治座》


四季喜昇座 – 時を紡ぐ緞帳 / Four Seasons Kishoza – A Stage Curtain Spun from Time
teamLab, 2019, Digital Installation, Endless

チームラボは、《明治座》の創業145周年を記念し、緞帳「四季喜昇座 – 時を紡ぐ緞帳」を制作。文明開化ごろの喜昇座(当時の明治座)がある日本橋の町並みと人々の営みを、デジタルによって描いています。さらに作品世界の景色と人々の営みが、1年を通して時とともに変転。四季を感じることのできるデジタルアートが完成しました。

伝統的な緞帳のきめ細やかな装飾をデジタルによる映像表現で再構築し、4K解像度と同等の高画質。作品には、明治座の前身である喜昇座が誕生した文明開化ごろの日本橋の町並みと人々の営みを表現。当時の多様な職業や、歴史上の人物も見ることができます。さらに実際の日本橋の時間や天候とシンクロするこの緞帳。日本橋の日の出とともに明るくなり、日の入りが近づくと夕焼けになり、夜が深くなるにつれ暗くなり、実際に雨が降っているならば、緞帳の中の世界でも雨が降ります。

日本の伝統を堪能できる明治座で、先端のアートにもふれることができそうです。

四季喜昇座 – 時を紡ぐ緞帳
■場所
東京都中央区日本橋浜町2丁目31番1号
明治座
■営業時間
公演に準じて
■イベント期間
2019年4月11日(木) ~

Official Website

働くアラサー女性を応援するwebメディア
【LiBzLIFE】(リブズライフ)