同僚に薦められたけど……いまさら聞けないふるさと納税の基本知識

数年前に話題になったふるさと納税。 なんとなく分からなくて挑戦したことがない人も多いのでは? お礼の品に新米や果物も多いので、「食欲の秋」のこの時期は始めてみるのに良い季節かも! 今回は簡単に、一歩踏み出すための安心ポイントをご紹介します。

lifestyle

自己負担額は実質2,000円

shutterstock_277173056

お礼の品をもらえるのは知ってるけど、結局自分がいくら負担するのか分からずに最初の一歩を踏み出せない方も多いと思います。ずばり、自己負担額は2,000円! 2,000円で豪華なお礼の品がもらえるのは嬉しいですね! 一度始めた人がハマるのも納得です。

 

上限額は、自分の住民税支払総額の2割

shutterstock_132422984

いくら寄附しても自己負担額は2,000円なの? いえ、寄付額には上限があり、上限を超えた金額は控除されないため、自己負担となります。寄付額の上限は、自分が毎年負担している住民税の総額の2割です。
これは過去分ではなく、次年度の住民税から控除されるため、転職や退職などで収入が減り、住民税が減る予定のある人は要注意が必要。

 

手続きは簡単! 役所に行かなくてもOK

shutterstock_325191929

確定申告が必要ない会社員の方など、一定の条件を満たす人は、わざわざ役所に行かなくてもOK!
ふるさと納税を行った時に自治体から送られてくる「ワンストップ特例申請書」に記入をして郵送するだけで税金控除の手続きが完了するんです。5つ以上の自治体に寄付すると確定申告が必要など、いくつか条件があるのでしっかりチェックすることをお勧めします。

 

いかがでしたか?

shutterstock_180734666

上限額を超えなければとにかく自己負担は2,000円。一定の条件を満たしていれば役所に行くような面倒な手続きな必要もありません。ふるさと納税へのハードルが少しでも下がっていれば嬉しいです。
また、お礼の品が目当てでなくても、例えば災害がおきた地域への寄付の気持ちなど、社会的に意味のある使い方も出来ます。

shutterstock_449825878

一番古くからあるポータルサイトはふるさとチョイス
取り扱い自治体数も多く、運営も安心です。最新情報も配信されているので、少しでも気になった方は覗いてみてかください。