通勤風もOFF服も。お気に入りの夏物を上手にしまうコツ~ひと手間で来年が変わります~

すっかり秋になり、そろそろ夏物をしまう時期。 今年の夏の始め、去年着ていたお気に入りの洋服を出してみたら「しみ」ができていた!なんてことはありませんでしたか? 来年はそんなことにならないように、夏物をしまう前に「気を付けたいこと」お伝えします。

fashion

汚れも洗剤も柔軟剤も、残さない

shutterstock_71262607
 
しまうときにはなかったしみができてしまう原因は、「残り汚れ」です。
洗い残した汚れ、すすぎ切れていない洗剤の残り、柔軟剤やのり剤などが「残り汚れ」にあたります。これらは時間が経つと酸化したり、空気中の汚れを吸収したりして、新たな汚れを作り出すのです。

揚げ物に使った油が黄色くなるのと同じで、洗い残した油よごれは酸化して黄ばんできます。長くしまう前の洗濯のポイントは、衣類に「何も残さないこと」です。そのためには二度洗いをして汚れを十分落とし、すすぎも十分にして洗剤を残さないようにします。柔軟剤やのり剤は使いません。

汗じみはドライクリーニングでは落ちません

ドライクリーニングに出す前にちょっと確認して下さい。汗じみはありませんか? 

shutterstock_430812013

あれば、そこだけ水と洗剤で部分洗いをして下さい。ドライクリーニングの洗剤では油汚れはよく落ちますが、汗、しょう油、果汁、ワインなどの水に溶ける汚れは落ちにくいのです。もしおうちでの洗濯が不安なら、クリーニングに出す時に何の汚れかを伝えて、水洗いをお願いしてみましょう。

クリーニング後は袋から出して

クリーニングから戻ってきたものは、必ず袋から出してしまいましょう。
袋にいれたまましまうと、湿気がこもってかびの原因になることがあります。

shutterstock_423849454

ゆったりしまう

shutterstock_399779404

サマーニットはたたんでしまいましょう。ハンガーにかけると伸びてしまいます。
ニット以外なら、シャツやパンツ、スカートなどたたんでもハンガーにかけても良いですが、ポイントは「ゆったり」。

たたんでタンスにしまうとき、ハンガーに掛けて吊るす時、ぎゅうぎゅうに詰め込むとしわがつきますからゆったりと。ジャケットなどは針金ハンガーに掛けるとあとがつくので、厚みのあるハンガーを使うか、針金ハンガーにタオルをまくなどの工夫をしましょう(写真は針金ハンガーをタオルで覆い、頂き物についていたリボンを巻き付けて厚みを持たせたハンガーです)

ハンガー
 

お気に入りの服を来年にも

今年活躍してくれたお気に入りの服を来年また着られるように、服だけでなく気分もゆったりと。
次のお休みの日にでも片付けてみてはいかがですか?