新しい恋と出会う前に大切な「第0印象」を磨いておこう

毎日魅力的な新着情報をお届けするLiBzLIFEのトレンドニュースコーナー。グルメ、コスメ、お出かけスポットから恋愛レポートまで、さまざまな情報をいちはやくお届け。今回のニュースは、化粧品メーカー「マンダム」が発表した「恋愛における『第0印象』」についての調査結果です。さらに第0印象コンサルタントの堀岡桂子さんによる恋愛アドバイスもご紹介。

trends

「第0印象」とは?

 
「第0印象」とは、実際に対面する前に他人から持たれる印象を指します。実際に対面する前に、SNSなどの写真や動画でその人を見て、イメージしたり第0印象を感じたりすることです。

恋愛における第0印象の重要性

「第0印象は第1印象に影響する」と20代独身男女の87.1%が回答!

「第0印象は第1印象に影響するか」という問いに対して、87.1%が「影響する」と答え、6割が「第0印象が悪いと第1印象で挽回するのは難しい」(60.3%)と答えています。また、現在のようなSNS社会において、「恋人やパートナーを作る際、実際に会う前の写真や動画での第0印象は以前より重要になっていると思うか」との問いには、89.1%が「重要になっていると思う」と答えています。SNSが当たり前になっている今、20代の恋愛は、直接会う前の第0印象からすでに始まっていると言えそうです。

出会いのチャンスは第0印象で決まる!? 65.1%が直接会う前にSNSで相手をチェック

「相手と会う前にSNSで相手のことを事前に確認したことがあるか」の問いに、65.1%が「確認したことがある」と答え、「相手と親しくなる前の第0印象の重要性」の問いには、ほぼ8割が「重要だと思う」(78.9%)と答えています。第0印象が出会いのチャンスを決める重要なポイントになっていると言えます。

第0印象が悪いと4人に3人は「会いたくない」

第0印象が良い相手については、62.3%が「連絡してみたい」と答えているのに対し、第0印象が悪い相手には73.9%が「連絡したくない」と回答。現代の20代は第0印象によって相手に対してとる行動が左右される傾向が高く、新しい出会いや人間関係を求めている人は、まずは第0印象から意識する必要がありそうです。

マッチングアプリの利用経験は、約半数!

新しい出会いのツールとして広まっているマッチングアプリの利用経験者の第0印象に対する意識についても見てみました。マッチングアプリの利用経験を聞くと、20代男女の45.4%と約半数が利用経験があると回答し、今の20代の間では出会いのツールとして定着してきているといえそうです。

第0印象で注意すべきは第1印象とのギャップ

新しい出会いに影響を与えるSNSでの第0印象ですが、自分の顔写真の加工経験を聞くと、60.1%が「加工経験あり」と答えています。しかし、顔写真を加工している相手に対しては、男性は65.9%、女性は56.1%が「抵抗がある」と答えています。加工した顔写真は一般的にもネガティブな印象を与えてしまうことの方が多いようです。

第0印象と第1印象のギャップに注意!! 第0印象は良くても第1印象が悪いと「好感が持てない」と感じる人が7割

第0印象を良くしようと顔写真を加工することは、どうやら逆効果のようですが、「第0印象が良くても第1印象が悪いとどう思うか」聞いてみました。すると、7割が「好感が持てない」(70.5%)と答えており、第0印象と第1印象でのマイナスのギャップを感じた経験者が6割以上(64.4%)もいます。

マイナスのギャップを感じたと答えた284人にその内容を聞くと、「老けていた・若かった」(43.0%)、「肌の印象が違っていた(色や明るさなど)」(36.6%)と答えた人が多くなっています。第0印象で自分をよく見せようとしてしまうあまり、実際に会ったときに外見の印象が違うと感じられてしまっていることが多く起きているようです。

また全員に「第0印象は良いが第1印象が悪いマイナスのギャップがある人についてどう思うか」と聞くと「次回は会いたくない」(54.6%)、「早く帰りたくなる」(49.2%)などの厳しい意見が多くなっています。恋愛においても重要な第0印象ですが、第1印象でマイナスのギャップが生じてしまうと、逆効果になってしまうと言えます。

第0印象を効果的に上げるスキンケア

第0印象と第1印象でマイナスギャップを感じる「肌」は、顔写真で最も加工したいと思う箇所でも第1位!!

第0印象と第1印象のマイナスのギャップの第3位が「肌の印象が違っていた」(36.6%)で、3人に1人が「肌」に違和感を感じています。一方、顔写真の加工経験があると答えた265人に、1箇所だけ加工するならどこかと聞くと、「肌」(37.4%)と答えた人が最も多く、他の部位と比べて突出して多いことがわかりました。

肌を加工したい理由については、「肌がキレイだと印象が良いから」といった意見が数多く見受けられました。加工されることが多い「肌」だからこそ、マイナスのギャップを感じさせてしまっている機会も多いのかもしれません。加工をせず、第1印象とのギャップのない第0印象を作り上げるためには、「肌」の印象が鍵となりそうです。

「スキンケアは第0印象を上げるのに有効」 男性73.9%、女性85.0%が賛同

顔写真の加工箇所でも最も多く、印象に影響を与えていると思われている「肌」。そこで、スキンケアを行うことで第0印象が良くなると思うか聞いてみると、男性(73.9%)も、女性(85.0%)も「スキンケアは第0印象を上げるのに有効」という意見が大多数となっています。第0印象を効果的に上げるためには、男女ともにスキンケアが重要であると認識されていると言えます。

第0印象を活用した恋愛成就への道

第0印象コンサルタント 堀岡桂子さんに聞く、第0印象を活用した恋愛成就への道

今回の調査では、20代の独身男女の8割近くが、恋人・パートナー探しに「第0印象が重要」と答えています。その理由として68.4%の人が「第0印象によって、実際に会うか会わないかを判断するから」と述べています。マッチングアプリやSNSを通じて、日本中のみならずグローバルでパートナー探しができる時代になりました。選択肢が増えたということは、即ち競争が激しくなったとも言えます。リアルで出会うスタート地点に立つには、まずは「第0印象」でチャンスを掴む必要があります。あるマッチングアプリでは、条件に合致して出てきた複数の候補者に対し、写真をみて「これはなし」と思うと左にスワイプしてスキップします。ではスキップされないためには一体どうしたらよいでしょう?

恋愛成就の必須条件は男女ともまずは清潔感です。そしてその清潔感をイメージさせるのが肌のきれいさです。整った肌はきちんとした生活も連想させます。しかし「第0印象」で肌をきれいに加工し出会いのチャンスを掴んでも、リアルでは誤魔化せません。あなたは未来の恋人やパートナーに真実の自分を好きになって欲しくありませんか? 理想の相手に巡り会うため、自信をもって素の自分で勝負できるスキンケアを明日からはじめてみてはいかがでしょうか?

堀岡桂子(ほりおか・けいこ)さん 第0印象コンサルタント
1965年東京生まれ、関西育ち。大阪外国語大学英語学科卒業。P&G、アクサ生命保険、BNPパリバ・カーディフなど大手外資系企業の役員
秘書、社長秘書、広報を経て、現在は株式会社K&H(Executive Style))代表取締役社長。第0印象イメージコンサルティングと法人向けの身だしなみ・マナー研修講師として活動。訪日外国人対応研修等を行う一般社団法人インバウンドおもてなし協会の代表理事も務めている。

「令和」に元号が変わった2019年、「第0印象」を高めるスキンケアを通して、新しい時代の出会いにつなげましょう!

【調査概要】
●実施時期 2019年3月
●調査手法 インターネット調査
●調査対象 全国の20代の未婚男女 441人(男性220人 女性221人)
「「第0印象」特設サイト」

働くアラサー女性を応援するwebメディア
【LiBzLIFE】(リブズライフ)