休日こそ、ラフなお洒落の見せどころ!スエット服のオトナ活用術

着心地が良くて、部屋着やトレーニング服としても大活躍してくれる、オフの日の私たちにとっても優しいスウェット素材。 でもそのまま外にお出掛けとなると、ちょっぴり恥ずかしい……なんてイメージがありませんか? そんなスエットのゆる〜いイメージを払拭して、新たなステージへと格上げするために、スウェットLOVEの筆者が提案する、大人が着こなすスウェットコーディネートをご紹介します!

fashion

大人のスウェットコーデは、上質でプリントのないものをチョイス

S0

洗濯したら、裾や襟足がテロテロになったりする粗悪な生地はNG。どうしてもパジャマ感が出てしまいます。
いくらスウェットとはいえ、やはり質の良いものを選びたいですね。私のスウェット選びのポイントは、肌さわりの良い質感と、程よい厚みです。生地が薄すぎるものや分厚すぎるものは着崩れしやすく、着太りもしてしまうのでできるだけ避けましょう。

また、プリントが入ったスウェットは、カジュアルさやパジャマ感がどうしても出てしまいます。大人の着こなしをするには無地なものやデザインにこだわったものをチョイスしたいですね。

スエットを着こなすには、小物選びが大切

S3

“スエットにデニム”というフレーズだと、かなりカジュアルな着こなしに聞こえてしまいがちですが、モノトーンでまとめると意外にクールに着こなすことができます。

そしてモノトーンの中に、ゴールドなどの金具のアクセントが効いたハットや、ショートブーツなどを合わせると、スエットとデニムの組み合わせとは思えないほどカッコよく着こなせちゃいます。

コーディガンもスエット素材で

S1

スエット素材のアウターといえばパーカーのイメージですが、スエットLOVEな私は思い切ってコーディガンくらいボリューム感のあるアウターをおすすめします。素材的に、コーディガンは少しオーバー気味なラインになるので、インナーはあえてシンプルでボディラインのぴったりしたものをチョイスしました。グレーのスエットにスニーカーを合わせたカジュアルコーデでも、品よく見せてくれるのは白。大人の女性らしい柔らかい印象にしてくれます。

究極は上下スウェット素材のコーディネート

S2

上下スウェットでコーデするなら、ワンカラーでまとめましょう。
そしてポイントはパンプス。
ここにスニーカーだと完全にジャージ感が否めなくなりますが、パンプスに変えるだけて一気にエレガントに着こなすことができます。

スウェットパンツ選びは、ラインが重要。
ダボっとしすぎるとだらしないイメージになってしまうし、ピタッとしすぎるとムッチリ感が目立ってしまうので、綺麗なラインのパンツ選びが重要です。

スウェットは一歩間違えるとダサいイメージになりがちなアイテム。でも、着心地がよくてリラックスできて、更にアクティブになれる、みんなに愛されている素材。

自分らしい着こなしを見つけて、愛すべくスウェット素材の服たちをどんどんどん活用してみてください。