難易度高い!?オフィスファッションのオレンジの取り入れ方

夏はカラーアイテムが多く店頭に並び、自然と色を使ったコーディネートに挑戦したくなりませんか? オレンジは、健康的で華やかな印象を与えてくれるこの夏注目のカラー。オフィスファッションに取り入れるのは難しいと感じる人もいるかもしれませんが、コツさえ抑えれば大活躍させることができるんです! そこで今回は、オレンジのアイテムを取り入れたオフィスコーデをご紹介します。

fashion

出典:WEAR

オレンジ×ブラウスは、取り入れやすさ抜群◎

オレンジをオフィスファッションで取り入れやすいアイテムが、トップスです。オレンジのブラウス・リブトップス・リネン素材のカットソーなどをベーシックカラーのボトムスと合わせてみて。バッグや足元は、ベーシックカラーを選ぶとオフィス馴染みの良い印象になります。黒の小物でまとめるとコーディネート全体が引き締まり、オレンジの華やかさが引き立ちます◎ 

出典:WEAR

リベラルオフィスは、デニムと合わせて

リベラルオフィスなら挑戦したいのがオレンジとデニムの組み合わせ。カジュアルな印象になり過ぎないようにロング丈のワンピースとデニムをレイヤードしています。オフィスでノースリーブを着るときは、薄手のカーディガンを羽織るのがおすすめです◎ 足元は、デニムと相性の良いキャメルやベージュをセレクトしましょう。夏らしい籠バッグを持てば、トレンドライクで大人カジュアルなパンツスタイルの完成です。

出典:WEAR

オレンジ×アースカラーでつくるレイヤードスタイル

オレンジのスカートをアースカラーのワンピースから覗かせているレイヤードスタイルです。明るいオレンジでも控えめなアースカラーのアイテムと組み合わせることによって、オフィスで悪目立ちすることなく、健康的な明るさになります。ビタミンカラーのアイテムを纏うときは、他のアイテムとのバランスがポイント。他のアイテムをシンプルなデザインにすると主役のオレンジが引き立ちます。

リベラルオフィスは、デニムと合わせて


出典: WEAR

リベラルオフィスなら挑戦したいのがオレンジとデニムの組み合わせ。カジュアルな印象になり過ぎないようにロング丈のワンピースとデニムをレイヤードしています。オフィスでノースリーブを着るときは、薄手のカーディガンを羽織るのがおすすめです◎ 足元は、デニムと相性の良いキャメルやベージュをセレクトしましょう。夏らしい籠バッグを持てば、トレンドライクで大人カジュアルなパンツスタイルの完成です。

オレンジ×ブラウスは、取り入れやすさ抜群◎


出典: WEAR

オレンジをオフィスファッションで取り入れやすいアイテムが、トップスです。オレンジのブラウス・リブトップス・リネン素材のカットソーなどをベーシックカラーのボトムスと合わせてみて。バッグや足元は、ベーシックカラーを選ぶとオフィス馴染みの良い印象になります。黒の小物でまとめるとコーディネート全体が引き締まり、オレンジの華やかさが引き立ちます◎ 

オレンジ×アースカラーでつくるレイヤードスタイル


出典: WEAR

オレンジのスカートをアースカラーのワンピースから覗かせているレイヤードスタイルです。明るいオレンジでも控えめなアースカラーのアイテムと組み合わせることによって、オフィスで悪目立ちすることなく、健康的な明るさになります。ビタミンカラーのアイテムを纏うときは、他のアイテムとのバランスがポイント。他のアイテムをシンプルなデザインにすると主役のオレンジが引き立ちます。

一見オフィスファッションに取り入れるのが難しそうなオレンジ。オフィスの自由度に合わせてぜひ挑戦してみてください!

働くアラサー女性を応援するwebメディア
【LiBzLIFE】(リブズライフ)