お仕事コーデに欠かせない「黒スカート」を重く見せないコツ

お仕事コーデに欠かせないのは、ベーシックなカラーである黒! 新人さんからベテランさんまで安心して取り入れられる人気カラーですが、夏のスカートに乗せるには少し重たくなってしまいがち。「丈やデザインに工夫してもうまくいかない……」という方のために、すっきりと黒スカートを着られる方法を紹介していきます。露出を増やさなくても問題なし! 働く女性も安心の着こなし術です。

fashion

出典:WEAR

タイトなシルエットは“スニーカー”ではずす

黒のタイトスカートを使った、大人カジュアルな内勤日コーデです。スカートの丈は、軽やかさのあるミディ丈をチョイス。控えめな露出なので、オフィスらしさもきちんとキープできます。トップスインさせたベージュトップスで、知的さの相乗効果も狙えそう。脚元は動きやすいスニーカーを履いて、タイトなシルエットをはずすのがポイント。ハンサムさを加味して、黒の重たさを払拭させて。物足りなさを感じたら、首元や腰周りにスカーフを巻いてアクセントをプラスしましょう。

出典:WEAR

合わせるアイテムの“カラー”にこだわる

黒のギャザースカートを使った、シンプルなお仕事コーデ。落ち感のあるシルエットが、女性らしいラインを象ってくれています。長めの丈を活かすために、シューズは同じ黒で揃えて縦ラインを延長! カラーが繋がることで、全体がすっきりとした印象に傾きます。軽やかに仕上げたい日は、グレーやベージュなどの中間色トップスと合わせるのがベスト。黒を柔らかく中和してくれるので、面積が大きいスカートも軽やかな印象に近づきます。

出典:WEAR

“柄とカラー”で黒に並ぶアプローチ

ドット柄シャツが視線を集める、夏のお仕事コーデです。働く女性を美しく見せてくれるのは、すっきりとした黒のタイトスカート。程よく体のラインを拾うセミタイトなシルエットで、窮屈な印象を与えません。ランダムに散りばめられた繊細なドットが、ベーシックな黒のボトムスによく映えます。他のアイテムを全てブラウンで統一していることで、整ったスタイリッシュな着こなしに仕上がりに。かっちりとした黒の印象を、いい意味でくずしてくれる大人カジュアルなスタイリングです。

合わせるアイテムの“カラー”にこだわる

出典: WEAR

黒のギャザースカートを使った、シンプルなお仕事コーデ。落ち感のあるシルエットが、女性らしいラインを象ってくれています。長めの丈を活かすために、シューズは同じ黒で揃えて縦ラインを延長! カラーが繋がることで、全体がすっきりとした印象に傾きます。軽やかに仕上げたい日は、グレーやベージュなどの中間色トップスと合わせるのがベスト。黒を柔らかく中和してくれるので、面積が大きいスカートも軽やかな印象に近づきます。

“柄とカラー”で黒に並ぶアプローチ

出典: WEAR

ドット柄シャツが視線を集める、夏のお仕事コーデです。働く女性を美しく見せてくれるのは、すっきりとした黒のタイトスカート。程よく体のラインを拾うセミタイトなシルエットで、窮屈な印象を与えません。ランダムに散りばめられた繊細なドットが、ベーシックな黒のボトムスによく映えます。他のアイテムを全てブラウンで統一していることで、整ったスタイリッシュな着こなしに仕上がりに。かっちりとした黒の印象を、いい意味でくずしてくれる大人カジュアルなスタイリングです。

タイトなシルエットは“スニーカー”ではずす

出典: WEAR

黒のタイトスカートを使った、大人カジュアルな内勤日コーデです。スカートの丈は、軽やかさのあるミディ丈をチョイス。控えめな露出なので、オフィスらしさもきちんとキープできます。トップスインさせたベージュトップスで、知的さの相乗効果も狙えそう。脚元は動きやすいスニーカーを履いて、タイトなシルエットをはずすのがポイント。ハンサムさを加味して、黒の重たさを払拭させて。物足りなさを感じたら、首元や腰周りにスカーフを巻いてアクセントをプラスしましょう。

黒スカートは定番アイテムなので、絶対に抑えておきたい一着。一年を通してお洒落に着こなしたいなら、重たく見せないテクニックを使ってみて!

働くアラサー女性を応援するwebメディア 【LiBzLIFE】(リブズライフ)