旅好き女子のススメ③ 飛行機内で快適に過ごす「旅ワザ」10のアイテムを手荷物に!

海外旅行の時、機内に持ち込む、手荷物に何を入れていますか? 海外には行きたいけど、長時間のフライトが苦手。寝られないから辛い。 そんな方も、ぜひ、以下のものを機内で使って、快適にフライトを楽しんでみてはいかがでしょうか。

trip

快適に過ごせる「洗顔料、基礎化粧品、マスク、歯磨き」

shutterstock_407622883

アメリカやヨーロッパなど10時間以上のフライトとなると、顔もカピカピになってしまいます。
私は、飛行機に乗る直前に、トイレで化粧を落として、基礎化粧品でたっぷり過ぎるほど潤しています。
さらに、マスクをすれば、すっぴん隠しになるだけでなく、保湿効果もあって一石二鳥。

体調管理にかかせない「ダウンジャケット」

shutterstock_392293243

当たり前ですが、空って寒いですよね。フライト中、寒くて起きちゃった!なんてことありませんか?
ファストファッションの店舗などで販売されている丸めて持ち運べるダウンジャケットがあれば、布団代わりにもなりますし、腰の後ろに置けば、クッション代わりにもなって快適です。
南国に行く場合、ダウンジャケットは必要ないのではという方もいるかもしれませんが、南国でも、室内はかなりエアコンが効いていて寒いこともあります。また、ホテルの部屋の布団がシーツだけなんてことも。そんな時にもダウンジャケットは活躍してくれます。

機内食には頼らない「食料」

shutterstock_408636940

機内食があるのに必要ないのではと思われる方もいるかもしれませんが、私は機内食には頼らないようにしています。機内食はカロリーが高いですし、航空会社によっては口に合わなかったり、何よりお腹すいてないのに度々出てきたりしませんか?
私は、おにぎりやサラダなど、自分の食べたいものを買い込んで飛行機に乗っています。そうすれば、眠い目をこすって無理やり起きて機内食を食べなくても、空腹の心配をしなくて済みます。事前にフライトアテンダントに伝えて置けば、機内食の度に起こされることもありません。

充電スポットで活躍「充電器、プラグアダプター(変圧器)」

shutterstock_354423707

最近は、フライト中も充電できるように、座席にUSBやコンセントがついている機体も多くあります。
現地に着いたのに、充電が切れている!となったら写真も撮れないし、ネットも使えないので、残念です。フライト中は、しっかり充電しておきましょう。
また、トランジット中も、空港で充電できるスポットがたくさんあります。注意したいのが、プラグアダプターがないと使えない点です。(携帯電話などは、変圧器を使わなくても、プラグアダプターだけで充電できるものも多いですが、取扱説明書で確認することをおすすめします。)
充電器は入れたけど、プラグアダプターをスーツケースに入れてしまった……なんてことのないように機内持ち込み手荷物の中に入れましょう。

時間を有効に使える「ガイドブック(電子書籍版)」

shutterstock_461351743

仕事が忙しくて現地での旅計画が立てられなくても、大丈夫。フライト中にもガイドブックはたっぷり読み込めます。おすすめは、電子書籍。定番の「地球の歩き方」も「るるぶ」も電子書籍化されています。
フライト中、消灯してしまっても、読書灯をつけずに、周りを気にすることなく熟読することができます。さらに、旅行中に、重い本を持ち歩く必要もないので便利です。

エコノミークラス症候群の予防にもなる!?「化粧品」

shutterstock_345976799

さあ、着陸の時間が近づいてきました。お尻も痛くなってきたころでは?
そんな時はトイレで化粧をしましょう。ばっちりメイクですぐに観光できますし、化粧中、立っていることになるので、血液が流れてエコノミークラス症候群の予防にもなります。ストレッチしながら化粧をしたら効果も上がりますよ。

旅好き女子のススメ③でご紹介した「旅ワザ」はいかがでしたか?

408636940

機内持ち込み手荷物リスト10アイテム

[1]洗顔料(メイク落とし)
[2]基礎化粧品
[3]マスク
[4]歯磨き
[5]化粧品
[6]ダウンジャケット
[7]食料
[8]充電器
[9]プラグアダプター(変圧器)
[10]ガイドブック(電子書籍版)

shutterstock_133638233

この10アイテムがあれば、到着先の空港で預けた荷物が手元にに届かないロストバゲッジに遭遇してしまっても、それほど困らず過ごせるんです。
快適なフライトになるように、まずは、機内持ち込み手荷物の準備から始めてみませんか?