日帰り宮城でリフレッシュ!食と景色を楽しむ旅

「せっかくの週末だし、少し遠出をしたいなぁ。」そんなときにぜひ足を運んでほしいのが宮城です! 東京駅から仙台までは約1.5~2時間。ふらりと気軽に行ける距離でありながら、グルメに観光と魅力たっぷりのエリアです♪ 今回はそんな宮城を1日で楽しむプチ日帰りトリップをご紹介します。

trip

朝はのんびり♪ランチから本番!

日帰りトリップだからといって、朝から予定をぎちぎちに入れる必要はありません! 食と景色を楽しむプチトリップは、お昼からが本番です。朝は仕事の疲れを取るためにも、ゆっくりと過ごしておきましょう。ランチのタイミングで現地につくような時間に都内を出て、まずは仙台駅を目指します。

豪華に盛り付けたMy海鮮丼

仙台に到着をしたらそのまま、JR仙石線の電車に乗り「東塩釜駅」へ。仙台駅からは30分ほどでつきます。ここには塩釜水産物仲卸市場があり(築地のような場所)、なんと“My海鮮丼づくり”が楽しめるようになっています! どんぶりに盛られたご飯とみそ汁のセットが売られているので、市場を楽しみながら好きな海産物を好きなだけ買い、自分の好きなように盛り付けができるんですよ♪

たっぷり購入した海鮮の数々

市場を歩いているだけでもワクワクしましたが、買った魚介を盛り付けるのがとても楽しかったです。味もとても美味しかったです!(いくら、エンガワ、ウニ、中落ち、中トロ、甘えび、ホタテ、メカブをこれでもかというほどのせました)センスが問われるので、一緒に行った人と盛り上がること間違いなしですよ!

食後のお散歩に日本三景のひとつして知られる松島へ

松島海岸駅

海鮮丼でお腹がいっぱいになったら、食後のお散歩がてら松島に足を運んでみましょう。東塩釜駅から松島海岸駅は電車で約7分。かなり近いのですぐに向かえますよ! 広島の宮島、京都の天橋立と並んで、日本三景と呼ばれる松島では、美しい海と数々の島が織りなす景色を楽しむことができます。


今回はお散歩メインで、のんびり歩いて楽しめる範囲で景色を堪能しましたが「色々な松島の景色を楽しみたい!」という方には遊覧船がおすすめです。独特の形が美しいリアス式海岸、大小260もの島が浮かぶ圧巻の景色……どこを切り取っても絵になるスポットです♪ 
海の青さと緑、そして朱色の橋が合わさる景色が本当に綺麗でした!

のんびり景色を楽しんだら仙台へ♪

松島海岸駅から仙台駅に戻り、最後に仙台駅周辺を散策してみましょう。伊達政宗ゆかりの地巡り、歴史に触れるのも良いですね! 

締めに仙台名物の牛タンを夜ご飯に食べ、プチトリップ終了です。もしお昼の海鮮丼でお腹がいっぱいなら、仙台駅に売っている牛タンを買っておき、家についてからも宮城気分を楽しんじゃいましょう♪

週末は宮城へ

宮城1日トリップを紹介しましたが、いかがでしたか? グルメと景色がメインになっていますが、宮城にはまだまだ魅力たっぷりの観光スポットがあります。自分の好みに合わせて旅をアレンジして、宮城を満喫してくださいね!

働くアラサー女性を応援するwebメディア 【LiBzLIFE】(リブズライフ)