「健康に生きる」ための学べるオススメ本 3選

「あなたはあなたが食べたものでできている」というCMが話題になりましたが、「三度の飯よりポテトが好き」な私は自分の食べるものにはまったく無頓着な社会人生活を送っていました。デスクワークのお供はじゃがりこ、残業のお供はセブ…

lifestyle

「あなたはあなたが食べたものでできている」というCMが話題になりましたが、「三度の飯よりポテトが好き」な私は自分の食べるものにはまったく無頓着な社会人生活を送っていました。デスクワークのお供はじゃがりこ、残業のお供はセブンイレブンのおでんに眠気覚ましのレッドブル。そんな私も子供を授かりワーキングマザーとなりました。産まれてきた子供は生後まもなくアトピーに。薬を塗っても塗っても一向に完治する気配がなかったことからアトピーの原因と治療法を探し求めて、あれこれと本を読みました。そして行き着いたのが「あなたはあなたが食べたものでできている」ということ。

shutterstock_264320096

私は完全母乳だったので「子供が口にするもの=母乳=私が食べたもの」でした。その事に気が付いてから自分の食べ物を見直すようになりました。今回はそんな私があれこれと読んだ本の中でも特に学びが深かった「健康に生きる」ためのオススメ本を3冊ご紹介したいと思います。

 
 

『ニンジンの奇跡 畑で学んだ病気にならない生き方』

ninnjinn_500_400px
出典: http://www.amazon.co.jp

無農薬・無化学肥料を貫くお百姓さんが書かれた本なのですが農業と縁もゆかりもない私がこの本を読んで震えるほど感動しました(笑)。本の前半では著書の赤峰さんがニンジンを無農薬・無化学肥料で育てるために試行錯誤する過程やそこから得られた学びが描かれています。

shutterstock_250834906

例えば本書では私たち人間が「害」だと思って薬を撒いている雑草や害虫は、実はすべて意味を持って存在しているということが書かれています。草も虫もいい作物を作り、人間を守るために立派に働いてくれているのだそうです。つまり、すべては命のリレーで、その循環の中で私たち人間も生かされていること…無農薬・無化学肥料で育てたからこそ見えた自然の営みの緻密さ、人知を超えたスケールの大きさに、ただただ感動しました。本書ではさらに畑で得た学びを、人に当てはめてアトピーの女性を治すところに話が進んでいきます。気になる方は続きをぜひ読んでください!

<DATA>
■タイトル:『ニンジンの奇跡 畑で学んだ病気にならない生き方』
■著者:赤峰 勝人
■出版社:講談社(2009/6/19)

 
 

『ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』

roma_500_400px
出典: http://www.amazon.co.jp

過疎高齢化が進み、人口が半分になった限界集落、石川県羽咋市の神子原地区を立ち直らせたスーパー公務員高野さんのお話です。私はお役所仕事ってしがらみが多くて大変そう…と思っていました。しかし本書では高野さんが「しがらみをしがらみと思っていては前に進めない」「可能性の無視は最大の悪策」「1%でも可能性があるなら徹底的にやってみよう、やりもしないうちから絶対にできないと思い込むことが最大の悪策」と言っています。ローマ法王に神子原地区のお米を献上してブランド化させたり、仕事のスケールの広げ方も半端ない高野さん。言っている事を見事に体現し、次々と新しい仕事を仕掛けていくお話に引き込まれ、読みだすと止まらなくなります。

shutterstock_320668700

抜群のアイディアと行動力で「村おこし」プロジェクトを次々と仕掛けていく仕事ぶりを読むと「仕事は自分で面白くしてなんぼ」と勇気をもらえます。物語は神子原地区の農業のあり方そのものを変える施策―“腐らない米”を武器ににTPPに勝つ―へとつながっていくのですが…続きはぜひ本書を読んでみてください!

<DATA>
■タイトル:『ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』
■著者:高野 誠鮮
■出版社:講談社(2012/4/6)

 
 

『自然農法 わら一本の革命』

wara_500_400px
出典: http://www.amazon.co.jp

最後にご紹介するのは自然農法の提唱者、福岡さんの著書です。『奇跡のリンゴ』で有名な木村さんも、この福岡さんの農法を参考にしていると言われているだけあって、その超人っぷりが本書からひしひしと伝わってきます。

shutterstock_174782102

そのため、先に紹介した2冊と比べると明らかに読みにくいです(笑)。自分は百姓だと、言っていますが書かれていることは農業にとどまらず「この世全般」についてです(笑)。本書には毎日ただひたすら畑に座って、自然の営みを眺めていたことで見つけた自分なりの哲学や、本当の豊かさとは何かについて書かれています。今から30年以上前に書かれたとは思えない斬新かつ普遍的な真理を突いていて、今この時代に生きる皆さんにぜひ読んでもらいたいです。

<DATA>
■タイトル:『自然農法 わら一本の革命』
■著者:福岡 正信
■出版社:春秋社; 新版(2004/8/20)

 
 

あなたはあなたが食べたものでできている

「健康に生きる」ためのオススメ本を3冊ご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。この3冊には著者が体現したからこそ説得力のある、健康に生きるヒントが載っているので、興味のある人はぜひ読んでみてください。