太りにくい体は、腹筋とスクワットで手に入れる

女子の永遠のテーマ、ダイエット。食べ過ぎた次の日は調整するなど、毎日体重との戦いは続きます。簡単に痩せるからだになればいいのに……実は、太りにくい体は手に入れられることをご存知ですか?

beauty

リバウンドしちゃうのはなぜ?

せっかく少し痩せたと喜ぶのもつかの間。またすぐに戻っちゃう。いやいや、元の体重よりも増えてるし、体脂肪はさらに増えてる! 
ガックリした経験者も多いと思います。そのメカニズムをまず知りましょう。

今までのダイエットは食事制限に頼っていませんか?

shutterstock_148469246

厳しい食事制限をすると、体が飢えの危機と思い込み、摂取した食事を脂肪として貯めておこうとします。その状態が太りやすい体を作っているのです。
また、食事制限中心で減った体重は、脂肪と筋肉の両方が落ちてます。2㎏減ったとすると、脂肪1㎏+筋肉1㎏の割合です。そして気が緩み、増えてしまう体重は脂肪だけ。つまり、リバウンドするたびに体脂肪が蓄積されるのです。

太りにくい体のカギは基礎代謝量UP!

基礎代謝とは、生きていくために消費するカロリーのことです。
一日中ダラダラと過ごしても、心臓は動き、脳はいろんな事を考え、胃腸を働かせています。そして体は筋肉を維持していこうと頑張ります。
生命維持のために必要なエネルギー消費量を基礎代謝量といいます。
基礎代謝量を増やせば、睡眠中もカロリーをたくさん消費してくれるのです!

shutterstock_86852641

基礎代謝量UPは、筋肉を増やすこと。筋肉を維持するには多くのエネルギーが必要です。特に、体の中心の腹筋と、太腿の大腿四頭筋は人間の体の中で大きな筋肉。その筋肉を増やすと、太りにくい体を手に入る期待大です!

基本の腹筋はこちらです

≪カールアップ≫
①仰向けになり、足幅を少し開いて膝を立てます。頭の後ろで手を組み、肘は斜め、おへそを軽く眺める程度に頭を持ち上げます。
ここがスタートポジション。
②腹筋を縮めるように、おへそがしっかり見えるところまで、頭をさらに起こします。ここがフィニッシュ。
※腹筋を縮める時に息を吐き、スタートまで戻す時に息を吸います。
③10回を1セットとして3セット。慣れてきたら増やします。

01c8d1465e73bf5e2ed8c8aeb03313ec097b7e0af6

正しく安全なスクワット

≪スクワット≫
①足は肩幅くらいに開き、腕は胸の前でクロス。余裕があれば写真のように腕組みをします。
②息を吐きながら少し前かがみに椅子に腰掛けるように膝を曲げていきます。
この時に膝がつま先よりも前に出ないように注意します(膝に体重が乗り過ぎ痛める原因になります)
③息を吸いながら立った姿勢へ戻ります。
④初心者は20回を1セットとして3セットが目標です。
※背中が丸まったり、首がすくんだりしないように。
※反動をつけずに行いましょう。

010da40d2f6ca5e6568166574e7cb87d4c8fb21d3a_00001

最後に

運動嫌いな人も多いでしょうか? ダイエットにはやっぱり運動を取り入れて健康的にスリムボディになりましょう。言い換えれば、運動すれば美味しいものをさほど我慢しなくてもよいのですから。太りにくい体は都市伝説ではないのです。ぜひ、腹筋とスクワットから筋トレを始めてみましょう。

<写真提供>Terras武蔵新城