仕事中も見られてる「がっかりハンド」を改善。老けてみられるなんて、絶対NG!

記念写真を撮ったら、ピースする自分の指が思ったより太くてびっくり! しかもなんか、黒い? 周りの子より太いかも! なんて、急に手をコンプレックスに感じたことはありませんか? 手は思ったよりも年齢の出やすい場所です。ネイルデザインの写真を撮ったら、自分の手のシワにびっくり! なんていう場合も。毎日休みなく動く手だからこそ、実はしっかりケアをしてあげないと、あっという間に老けてしまうパーツでもあります。

beauty

自分で見てびっくりするような場所は他人からも見られています。今回はそんな「がっかりハンド」を脱出するちょっとしたポイントをお伝えしますね。

指輪のサイズってわかりますか?

094c1c7f6491479cfd5ccaae7c2e3ee7_s

指輪のサイズって薬指だけ知っていたりしませんか? 「指輪を付けている指は細くなる」なんて聞いたことがある方も多いと思うのですが、指輪は指10本分用意しておく方がいいのだとか。毎日10個付けるわけにはいきませんが、数日おきに指輪を付け替えることで指全体の刺激にもなり、浮腫みチェックになるそうです。高価な指輪でなくても構わないので「指輪で指チェック」は習慣にしたいですね。

親指の付け根が青白くなっていませんか?

手の平側の親指の付け根に盛り上がった箇所があります。この膨らみの場所は、肩こりや頭痛を和らげるツボがあるといわれる場所で「魚際」と呼ばれる場所なのですが、肩こりがあったり肩から腕の血流が悪いと青白くなったり盛り上がりが高くなる場所といわれています。

まずは、手の浮腫みを感じたら一番最初に揉み解したい場所ですね。

AirBrush_20161010014333

マッサージするときは指が滑る方が行いやすいのでハンドクリームなどを使いながらやると保湿にもなって効果的です。

保湿するだけでも肌の透明感がUPしますので、たっぷり保湿してあげるようにしてあげてください。

クスミの原因

fc9bbd195cd67844b25004dbf5d59aec_s

くすみのない白い手に憧れている方も多いはず。自分のくすんだ手を見て「日焼け止めはマメに塗っているはずなのになぁ……」と不思議に思っている方も多いはず。手のくすみって、日焼けだけが原因じゃないんです!

例えば、顔や頭のマッサージ。何も付けずに指の節でゴリゴリ行っていませんか?ゴシゴシとたくさんの食器を洗うとき、ゴム手袋もせずに手をぶつけていませんか?くすみの原因は「水分不足」や「肌のターンオーバーの乱れ」以外に「こすれ」にもあります。

乾燥した皮膚が無意識にあちらこちらにこすれたりぶつかったりすることで、皮膚の角質層に厚みが出てきてしまうと「くすみ」に感じるわけです。特に乾燥するこれからの季節はゴム手袋の使用をおすすめします。

お風呂の中とベッドの中で

62b84a9ff9513c663a4f49afecab455b_s

手だけを見つめてひたすらマッサージするのは今期が必要ですが、お風呂の中やベッドの中でリラックスしながらならマッサージも習慣になる方が多いようです。特にベッドの中でのマッサージは手を上げて行うことが容易なので、一日の浮腫み対策にもなって一石二鳥!

今日の浮腫みを残したままだとどんどん太くなっていくのは、足だけではありません。細くて浮腫みのない指先が憧れなら「今日の浮腫みは今日の内に」無くす習慣をつけましょう。