「今さら聞いてもいいですか」カルジェルとジェルネイルって違うの?ジェルネイルの不思議

ジェルネイルって、いろんな種類を聞いたことありませんか? カルジェル、バイオジェル、プリジェル、パラジェルetc……あれ?「ジェルネイル」と「カルジェル」て同じもの? 違うもの? まだまだ疑問に思っている方も多いジェルネイル。マニキュアと違うことはなんとなくわかるんだけど、ジェルネイルってそんなにいろいろあるなら、どれがいいの?どれが長持ちなの?という疑問も湧いてきますよね。今回は、そんな「ジェルネイルの不思議」についてご説明します。

beauty

ジェルネイルはファンデーションみたいなもの

1462208587576

わかりやすく例えるなら、ジェルネイルは「ファンデーション」みたいなもの。A社のファンデーション、B社のファンデーション、それぞれで配合成分も特徴も価格も違いますよね。例えばカルジェルは「モガブルック」というメーカーのジェルネイルです。バイオジェルは「タカラベルモント」というメーカーのジェルネイル。A社のジェルネイル、B社のジェルネイル……というように、いろんなメーカーのジェルネイルがあり、内容成分も各社で様々な工夫をこらしています。

どのジェルネイルが一番おすすめですか?

お客様がジェルネイルをつける時の要望は様々で「自爪が傷まないジェルネイルをつけたい」という方もいれば「価格が安いのがいい」「取れにくいのがいい」と、いろんなご要望があります。ですが、ファンデーションに「合う合わない」があるように、ジェルネイルにも「合う合わない」があります。「こっちのジェルは長持ちなのにこっちのジェルはすぐ取れちゃう」なんて感じたことがある方もいらっしゃるはず。

AirBrush_20161015185211

ジェルの成分はもちろんのこと、ご職業や趣味、服用薬、手の使い方など、ジェルネイルへ影響を及ぼす原因となるものがいろいろあるので「友だちがこのジェルをいいと言っていた」からといって、自分にも合うかどうかというのは試してみないとわからないのがジェルネイルなのです。

例えば、「自分で簡単にオフできるAというジェルネイルは、プールに頻繁に通っていて塩素系の刺激を受けていたり、ガーデニングが趣味で毎日土いじりをする方には不向きなことが多い」というように、注意事項があったりします。

「このジェルは少しだけ自爪を削ってから付けるけれど、サウナで汗をかく頻度が多い人にもちがいい」

「日本製のジェルネイルではないけれど、価格が安い」など、その特徴は千差万別です。

ジェルネイル検定に使用されているもの

1438109796930

日本ネイリスト協会が行っている「ジェルネイル技能検定」で使用してもいいジェルネイルは「指定商品」と呼ばれ、化粧品登録されたジェルネイルを使用するように定められています。各メーカーによって、化粧品として登録されたジェルネイルを発売していたり、雑貨として販売していたり、その成分もいろいろです。

肌荒れしやすいとか、アレルギー体質の方は、ジェルネイル検定に使用されている化粧品登録されたジェルネイルだと安心かもしれませんね。

オーダーするときに知っておきたいこと

AirBrush_20161015184806

「どれがどういうジェルネイルなのかわからない」そんなときは、コスメカウンターならぬネイルサロンで聞いてみるのが一番です。

・自爪を削って付けるジェルネイルなのか、削らないのか?

・自分で外せるジェルネイルなのか、ネイルサロンで外すのか?

・日本製なのか海外製なのか?

・プールやサウナに頻繁に行っても大丈夫か?

・ジェルネイルを付けたあとに自分で爪を短くしても大丈夫か?

・厚みはどのくらいか?

ネイルサロンでよく聞かれる質問です。ネイルサロンによっては、メーカー直営で一種類しかジェルネイルを置いていないお店もありますが、何種類か用意しているネイルサロンがほとんど。せっかく付けるジェルネイルなら、どのメーカーのどんなジェルネイルを付けているのか、自分でも知っておくと楽しいですよ。