「ヤバ!靴脱ぐタイプの席だったか……」その臭いの心配の原因は爪かも!?

いよいよブーツの季節が到来。そして、年末には忘年会の季節がやってきます。……ちょっと待って! お座敷のお店でブーツを脱げますか? 「やばい……臭いが(汗)」なんて焦ってしまう方は要注意! その「足の臭い」原因は足の爪かもしれません。なかなか他人には言えない、水虫、爪水虫、巻き爪、変色、臭い……と、この季節にご相談が多い足トラブルについてご説明します。

beauty

臭いの原因第一位!? 蒸れた角質

3f1bb12bf094667dd374044c90931969_s

足の裏は、身体の全体重を支えてくれる大切な場所。でも、全体重を支えているだけあって負担は大きく、角質のつきやすい場所でもあります。足の裏の角質ケアしていますか? 足の裏の角質は、皮膚の老廃物です。垢と似たようなものなので、これが汗で蒸れてブーツやパンプスの中で密封されるとすごい臭いに!

そして、見逃しがちなのが足の爪の指周り。お肉の盛り上がりが多い場所なので、埋もれてしまっている垢をしっかり洗わないと臭いが倍増することに。

779883d744e3c14ac69e8a8548e6b067_s

まずは、毎晩しっかり足の指の間まで洗う習慣をつけましょう。その際、足の爪周りのお肉をしっかり押さえて隅々まで洗うことで、足の裏、指の間、爪周りまで、垢や角質が溜まりにくくなります。そして、同じ靴ばかりを履かないことや、無理して足に合わない靴を履かないことも大切です。

足の裏や指周りに角質が溜まってしまって固くなってしまったらプロの出番です。フットケアサロンやネイルサロンで角質をキレイにしてもらいましょう。

足の爪伸ばしすぎていませんか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「そういえば、ジェルネイルしたまま足の爪切ってないな」心当たりがある方は、爪の中が雑菌まみれになっているかも!? 伸びた足の爪には、皮膚の垢やゴミなど溜まりやすく不衛生になりがちです。そのまま蒸れるとなんとも言えない臭いに。

足の爪は指より長くしないくらいがベストな長さと言われています。伸ばしすぎないように注意してくださいね。

巻き爪気になっています

足の爪が食い込んで痛い「巻き爪」。気になってはいても誤魔化しながら放置していたりしませんか? 巻き爪は、ゴミが入ったら取れにくく不衛生さの問題もありますが、爪が食い込んで皮膚が炎症を起こすことで独特な臭いを発生させることがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

巻き爪はドイツが先進国。日本にもドイツ製の巻き爪を矯正するプレートなどが各種輸入されています。巻き爪はフットケアサロンやネイルサロンでも対応できますが、赤く腫れて炎症を起こしたら、それは巻き爪ではなく「陥入爪」という病気です。必ず皮膚科を受診するように注意してください。

爪の色は変色していませんか?

夏の間長くマニキュアを塗りっぱなしにしていたり、ジェルネイルを付けっぱなしにしていて「外したら爪の色が変わってる」なんてびっくりしたことありませんか? また、何もしていないのに、足の爪が白く変色していたりすることも。

爪の色の変色は、爪の病気の危険信号です。爪のカビや爪水虫など、爪の病気はいろいろありますが、もちろん感染している爪は臭いの原因となります。また、足の水虫も怖いですが、爪水虫は一度感染すると爪がボロボロと崩れ、その粉からも感染してしまうというちょっと厄介な病気です。

shutterstock_492612205

もちろん、ただ「着色しただけ」の変色も多いのですが、爪の病気は自覚症状がほとんどないだけにほおっておくと他人に移してしまう場合も。安易な自己判断はせずに、爪の変色がある際は必ず皮膚科を受診するようにしてください。