お呼ばれ続きで、ドレスもネタ切れ。手作りコサージュという選択肢はいかが?

秋になり、結婚式シーズン到来! 久しぶりに会う友人もいて楽しいけれど、出費が多いのは正直しんどいところです……。 毎回ドレスを変えるのは無理でも、かわいいコサージュやヘアアクセを添えるだけで、雰囲気をガラッとチェンジすることができるんです。そんなお役立ちアイテム、コサージュを自分好みに手作りしてみませんか? 驚くほど簡単で、ハマる人続出なんです。

lifestyle

残り布を使って

20cm四方くらいの布があれば、7cmくらいのお花のコサージュができます。

shutterstock_380122996

以前、ジーンズから手提げミニバッグを作る方法を書かせていただきました。その時に残った布を使って紹介していきます。ジーンズの布は、切りっぱなしでも気にならないのでとっても簡単です。

①布の上にぐるぐると渦巻きを描きます
手芸用のチャコペンがありますが、切ってしまうので鉛筆でもマジックペンでもかまいません
下書き

渦巻き大きさ

②内側から5mmくらいのところを5mm間隔くらいで縫います。
この糸は後で引っ張るので2本糸で縫うと良いです。
縫い

③糸をぎゅーっと引っ張ります。くしゅくしゅになります
くしゅ

④内側から丸めながらお花のかたちにして、縫い付けていきます。手芸用のボンドでつけても構いません。これで完成です!
完成

完成手

いろいろアレンジして

渦巻き状の布を2枚外側で縫い合わせて裏返してから作るとちょっときちんとした感じになります。
緑縫い

緑完成

市販や残り物のリボンをそのまま使ってもできます。いくつか合わせたり、髪留めにしたり、ほかのパーツと合わせたり、バッグにつけたり、と工夫次第でバリエーションが広がります。

髪留め

髪留め裏

今回は無地の布やリボンを使いましたが、柄物にしたり、パールを添えるとまた印象が変わると思います。

パール付き裏

おわりに

shutterstock_379974289

今回のコサージュは本当に簡単なので、是非試して頂きたいです。着なくなった洋服や頂き物についていたリボンなどの再利用で、いつものスタイルをちょっとドレスアップさせてみて下さいね。