仕事終わりにぴったり、超簡単!ワインに合う缶詰料理~鯖缶とじゃがいものホイル焼き~

便利な缶詰。特に私は、鯖缶が大好き。いろんなお味の缶詰がありますが、昔からあるにもかかわらず、これほどまでにシンプルで使いやすいものは、そうそうありません。水煮という調理法はどんな味にも変えられるのが最大のポイント。今回はワインに合う、超簡単おつまみです。

gourmet

レシピ(調理時間15分)

〈材料/2人分〉

・さば缶 1個
・じゃがいも 大1個(150~200g程度)
・クリームチーズ お好みですで50~80g
・塩 少々
・粒マスタード 小さじ1
・おろしにんにく 1/2かけ(またはチューブで1.5㎝程度)
・オリーブオイル 大さじ2
・パセリのみじん切り 適宜(ドライでも可)

〈作り方〉

[1]じゃがいもはたわしなどで、よく洗い気になる芽を取り、ラップをして600wで2〜3分、竹串が通るまでレジアップし、一口大に切る。
[2]アルミホイルを二枚重ねて置き、汁気を切った鯖とじゃがいもを並べ、缶詰の汁を小さじ2~3杯ふりかけ、軽く塩を振り、粒マスタードとおろしんにんにくをまんべんなく散らす。

PA067279a

[3]オリーブオイルをふりかけ、トースターで10分焼く。器に取りだし、パセリを振る。

※じゃがいもは皮付きですが、お好みで剥いていただいても◎ 良く洗って皮ごと頂いた方が栄養価が高い上、雰囲気もいいです。
※チーズはミックスチーズやスライスチーズでも良いですが、クリームチーズがおすすめ。
※バゲットが合うので、ぜひあれば添えて下さい。

PA067307a

ホイル焼きは、お皿に取り出してももちろんいいですが、汁漏れしないように気を付ければ、おうちにあるカゴを器にしてに置くと、ちょっとかわいいですよ。

PA067315a

鯖缶のすすめ

PA067256a

我が家、鯖缶はツナ缶と同じレベルで常備しています。料理に使うのはもちろんですが、究極、そのまま食べても十分美味しい。最近は水煮のツナも良く見かけますが、ツナ(まぐろやかつお)は、油分の少ない赤身で作られることが多い為、どうしてもパサつきがち。個人的にツナはオイル漬けが美味しいと思います。その点鯖は、鯖の持つ脂分がほどよく回り、水煮でもコクのある仕上がりです。鯖の脂はDHAやEPAを多く含み栄養価も非常に高いのですが、わかってはいてもなかなか簡単に取り入れられないことも多いかもしれません。そんな時は、鯖缶です。