地味カラーでもお洒落見え。その差って何ですか?

着回しのきくベーシックカラーは毎日の通勤コーデの頼もしい味方。その半面、組み合わせ次第では年齢より上に見えてしまったり、地味な印象になってしまったりすることも。落ち着いたベージュやブラウンをお洒落に着こなすコーデの秘訣とは、どのようなものなのでしょうか。

fashion

羽織りものの色合いでトーン調節を

出典: WEAR

ダークトーンのブラウンワンピースを着こなす場合、一枚だけで着ていると少し重たい印象に見えてしまうことも。それを明るいベージュやオフホワイトのカーディガンを肩掛けすることで、全体のトーンがほどよく明るくなり、あかぬけた印象に仕上げることができます。

フェミニンなトップスで女性らしく

出典: WEAR

シンプルなベージュをフェミニンに着こなしたい日には、女性らしいフォルムのトップスを選ぶのが◎ 特にカシュクールデザインを選ぶと、首周りの開き方を調節したり、インナーの色次第で印象を変えられたり、毎回コーデを考えるのが楽しくなります。

ノースリーブでバランスよく

出典: WEAR

ダークカラーのトップスは、長袖ではなくノースリーブやフレンチスリーブで取り入れると知的な印象とほどよい肌見せのバランスを取ることができます。ボトムスはワイドパンツやタイトスカートなど、ハンサムな印象のものを合わせると頼れる先輩としての雰囲気が完成します。

同じ洋服でもコーディネート次第で印象は大きく変わります。なんとなく鏡の中の自分があか抜けないなと感じたら手持ちのワードローブを見回して、いつもと違う組合せが作れるか試してみてくださいね。

働くアラサー女性を応援するwebメディア
【LiBzLIFE】(リブズライフ)