結婚を前に突然やってくるマリッジブルー。なりやすい人の特徴と乗り越え方

結婚を前にして突然不安な気持ちになってしまう「マリッジブルー」。憂鬱な気持ちからなかなか脱却できないまま毎日を過ごすのは辛いものがあります。では、どんな人がマリッジブルーに陥ってしまうのでしょうか。乗り越え方のポイントと一緒にご紹介します。

lifestyle

突然やってくる「マリッジブルー」

結婚を前にして突然不安な気持ちになる状態を「マリッジブルー」と呼びます。家族のもとを離れ、新しい家庭を築いていくことに対しての寂しさや不安から、ひどく落ち込んでしまうことがあります。では、どんな人がなりやすいのでしょうか?

マリッジブルーになりやすい人と乗り越え方

マリッジブルーは女性に限らず男性にもいえることですが、女性のほうがその状態になる可能性が高いそうです。女性には結婚・出産・育児などたくさんのライフイベントが待ち構えており、その度に働き方や生活スタイルの変化を強いられてしまうことからも納得ができます。考えなければならないことがあまりにも多すぎることから、結婚という大きな決断を前にして、不安でいっぱいになってしまうのも無理もありません。

では、どんな人がマリッジブルーになりやすいのでしょうか? 乗り越えるためのポイントと一緒に、その特徴をご紹介します。

考えすぎ・心配性な人

「二人の関係性が今よりも悪くなってしまったら……」「結婚生活をやっていけるか不安」など、先のことを考え過ぎて心配しがちなタイプの人は、マリッジブルーになってしまう可能性があります。心配性な性格が良い方向に向く場合はいいのですが、考えすぎ・心配し過ぎは場合によって自分自身を追い詰めてしまうこともあります。
何かを決断する際はしっかりと考える必要がありますが、時には“考えるより行動派“に化けることも大切。結婚することが既に決まっているなら「なるようになる!」と心のどこかで思うことで、気持ちが少し楽になるでしょう。

責任感が強い人

責任感が強い人もまた、マリッジブルーに陥ってしまう可能性が高いです。「仕事をしていても家事を疎かにしてはいけない」「子どもができたら育児も完璧に」「彼のほうが大変だから疲れていても我慢しよう」など、責任感が強い人はお互いの大変さを天秤にかけて、足りないものを自ら背負ってしまいがちです。
あなたとパートナーはもともとライフスタイルや性格、価値観の違う者同士。それぞれお互いに大変さや苦労の種類が違います。結婚生活ではお互いに協力し合うことが大切ですが、自分とパートナーを比べて強い責任感のもと先走る必要はありません。結婚においては、一人で頑張る「個」の力よりも、お互いの気持ちに寄り添い助け合うという姿勢が大切です。それこそ、何かに悩んだ時は肩の力を抜いてパートナーに相談しましょう。

マイナス思考の人

あらゆる物事をマイナスに捉えてしまいがちな人も、結婚前は不安に感じてしまうでしょう。結婚は幸せなことのはずですが、結婚が現実味を帯びてくると余計に悪い想像ばかりしてしまう気持ちも分かります。
そういった時は過去の成功体験を思い出してみましょう。自分が想像していたほど悪い結果ではなく、良い方向へ進んだことを誇りに思うことが大切です。考え方や行動次第で、物事は方向転換できます。理想の結婚生活を送るには、ポジティブになることが大前提です。ネガティブな「こうなるだろう」ではなく、「こうしよう!」とポジティブ思考になれる自分を目指しましょう。

パートナーに対し不安を感じている人

自分自身に原因がない場合も、マリッジブルーになってしまうことがあります。婚約したものの、その後パートナーが何を考えているのか分からないといった、相手に不安を感じている場合です。例えば、パートナーの態度や言動から、結婚の準備に積極的ではないように感じてしまうと、「前と変わらずちゃんと好きでいてくれているのかな」「自分はこんなに考えているのに……」と、寂しい気持ちになってしまいがちです。
そんな時は、パートナーとしっかり話し合うことが重要です。もしかしたら自分がマリッジブルーになるのと同様に、相手も悩んでいるかもしれません。「プロポーズしてくれたのはあなたでしょ」と責めずに、まずはお互いに不安に感じている気持ちを共有しましょう。そして、出会った頃の初心を思い返して、優しい気持ちで歩み寄る姿勢を保てれば、不安は少しずつ解消されるでしょう。最終的には自分の決断に自信を持ち、パートナーを信じることが大切です。

一人で悩まずに打ち明ける

マリッジブルーになってしまった時は、一人で考え込むと余計に負のスパイラルから抜け出せなくなってしまいます。そんな時こそ気のすむまで家族や友人、パートナーなど、心の許せる相手に話を聞いてもらいましょう。また、家にいて何もしない時間が多いと、いろいろなことを考えてしまいがちです。気分転換にお洒落をして出掛けたり、運動や習い事をしたりするのもいいかもしれません。

周りの既婚者の皆さんに聞くと、「不安はもちろんあったけれど、いざ結婚生活が始まったら自分が心配していたよりもずっと良かったから安心して!」というような答えが多くの方から返ってきます。「独身時代よりも忙しくなり、考えている暇がなくなった」という意見も。
“結婚”は人生において大きな決断で、今までよりも大変だと感じることもあるでしょう。ですが、これからは一人ではありません。大きな決断を乗り越えた二人には、明るい未来が待っていることを忘れないでくださいね。

働くアラサー女性を応援するwebメディア
【LiBzLIFE】(リブズライフ)